人間関係も仕事が「中心」になっていませんか?

人間関係も仕事が「中心」になっていませんか?

人間関係のエネルギーのかけ方、考えていますか?
家族や友人、仕事仲間など、私たちは毎日たくさんの人間と付き合っていかなければなりません。しかし、その人間関係もエネルギーを加減していかないと、ストレスがたまってしまいます。

あなたが現在の人間関係においてエネルギーを費やしている順に、内側から3層になった円を描いてみましょう。もっともストレスがたまりにくいのは、以下のようなバランスが保たれている場合だといわれています。あなたの場合はどうなっていますか?

・円のいちばん内側の層(第1層)
 あなたがいちばん心を許して、もっとも大切にしたい人たち
 (配偶者、両親、子ども、親友など)

・円の2番目に内側の層(第2層)
 少し心の距離をおきながらも、長く付き合っていく人たち
 (友だち、義理の両親、義理の兄弟など)

・円のいちばん外側の層(第3層)
 付き合いはあっても、それほどエネルギーは傾けていない人たち
 (仕事での人間関係、近所の人など)

人間関係のストレスを回避するには、第1層をもっとも大切にし、第2層以降はエネルギーを順に少なくするようにするのがポイントです。第3層にいたっては、適当にやりすごすくらいの感覚でいいのです。



大切なのは、仕事とプライベートのバランス

仕事に熱中していると、本当に必要な人を見失いがち
人間関係のストレスから心の病に陥りやすい人は、上の円のバランスが崩れている人にみられます。

たとえば、嫁姑問題は第1層と第2層がはっきり分かれていないために起こります。また、熟年離婚などは夫も妻も、配偶者を第1層においてこなかったために起こるケースが多いのです。

「バーナウト」の場合は、どうでしょう? 第1層に仕事上の人間関係がきてしまう人が多いのではないでしょうか。

仕事仕事で家庭や恋人のことを二の次にしていると、疲れがたまってきたときにどうなるでしょう? 気がつくと、疲れたあなたを気遣ってくれる人がいないため、疲れが癒されずにそのまま蓄積されていきます。すると、知らず知らずのうちにたまった疲れが心の負担を重くし、仕事も手につかないほど無気力になってしまうことも多いのです。

職業人としての人生は、長いものです。仕事への情熱もロングスパンで捉え、“職業人としての自分”と“プライベートの自分”とのバランスをはかりながら続けていくことが大切です。そして、人間関係のバランスもしっかり築いていくことをお忘れなく。

仕事に夢中で「バーナウト」してませんか?

仕事に夢中で「バーナウト」してませんか?
仕事に熱中しやすい人ほど、息が切れるのも早い!?仕事が楽しくて仕方ない人ほど、熱中しすぎにはご用心! 飲みに行くのも、休日に会うのも仕事仲間ばかり仕事が楽しくて仕方ない。いずれエンジンがオーバーヒートして、しまいには故障してしまいます。ひとつのことに夢中になりすぎて突っ走ると、いずれ疲れきって動けなくなってしまいます。バーナウトになると、あんなに好きだった仕事を見るのもつらくなり、会社に行くこともできなくなってしまいます。

心と身体に負担がかかっていないか、いまの自分をじっくり点検する時間が必要なのです。気がつくといつも仕事のことばかり考えている抱えている仕事量が多く、仕事に関することが生活のほとんどを占めている働き者のみなさんは、気がつくと上のような生活になっていませんか?コツがつかめてきたり大役を任されるようになると、仕事をするのが楽しくなります。なかには、うつ病から自殺に走るケースもあるため、くれぐれも“熱中しすぎ”には注意したいものです。このような状態を「バーナウト」、もしくは「燃えつき症候群」といいます。

人の心と身体も、これと同じです。その結果、寝てもさめても仕事ばかりになる人も多いでしょう。でも、仕事が面白くなってきたときこそ、冷静になってみてください。特に20代後半から30代の働き盛り世代には、この傾向が強いのではないでしょうか。

いくら好きでも、休みもそこそこに働いていると、疲労は確実に蓄積されていくからです。気をつけなければいけないのが、「好き」でやっている仕事でも、やりすぎは禁物だということ。「バーナウト」をご存知ですか?いつも「アクセル全開!」な人は、エンジンがオーバーヒートやすい ところで、アクセル全開で車を運転しているとどうなるでしょう。

移動方式で売る

移動方式で売る
自動車を使った独立開業テーマとして近年若い人を中心に人気を集めているのが、「ネオ屋台」とも呼ばれている移動販売車ビジネスだ。これは単にパン屋を経営するよりも高度な商売の技量がないと成功しないことを意味する。派手な飾り付けをした車両が目立っているため「一度は買ってみようか」という気にさせるが、実際にどれくらい儲かっているのかに関心を抱いている人は多いだろう。たとえば、焼きたてパンを移動販売車で売るビジネスを成功させるには、「美味しいパンを作ること」と「移動方式で売る」という2種類のノウハウが同時に必要になる。

本質的にはラーメンの屋台と同じなのだが、昔のリヤカー式屋台と違って、最近はかっこよくデザインされた販売車(フォルクスワーゲンなど外国車が使われることも多い)で、昼間のオフィス街やイベント広場などで、ランチからコーヒーまで都会的な食材を売るという、お洒落で華やかなイメージが被せられている。1台あたりの開業コストは約5百万円前後と脱サラ組でも手が届くレベルの起業テーマであることから人気は高い。移動販売なら人が集まるところに出店することができ、普通の店舗よりも初期投資が少なくて済むということをセールスポイントとして、移動販売車による独立開業を促すフランチャイズチェーンも増えている。しかし多くの開業者は「移動販売なら自分でもできそうだ」と安易に考えてしまう傾向がある。

ショッピングセンターの駐車場や行楽のイベント会場では、焼きたてパンやソフトクリームなどを売る移動販売車をよく見かけるようになった。その理由はこのように考えるとわかりやすい。ところが移動販売車による商売は、通常の店舗経営と比較して成功率が低いことはあまり知られていない。

実際に商売をしてみると、両方のノウハウが中途半端なままで、半年もすれば客に飽きられてしまうというケースが多い。確かに移動販売のノウハウを十分に会得していれば、普通の店舗よりも経費をかけずに稼ぐことはできるのだが、それと素人開業者とは何が違うのだろうか?それを掘り下げていくと「クルマを使って稼ぐ商売」の本質が見えてくるようになる。その一方で、移動販売車で着実な黒字を出して個人事業から企業へと発展させる経営者もいる。

NLPを活用した目標達成講座

無理は禁物

無理は禁物
自分さえ頑張れば、何とかなる!と考えていたのです。自分のペースや家族のライフスタイルも考えて、仕事時間を調整していくことが必要です。「計画的に考えていませんでした。徹夜ばかりしていても、良い仕事はできないと私は思っています。それでも、何も出来ないと思っていた自分が少しずつ変わっていけそうで、とても嬉しかったそうです。

自分も風邪をもらってしまい体調まで悪くなる始末…。「何のために働いているか」を念頭に、自分らしい仕事ができるように動いていくと、自然に継続できるように思います。本当に迷惑をかけてしまいすみませんでした」とY代さんは、在宅ワークをあきらめてしまいました。何事も無理は禁物です。うまく調整していきましょう 杉並区に住むY代さんは、SOHOワーカーの交流会でデータ入力のリーダーさんと知り合いになり、早速グループのメンバーとして参加し仕事を始めることになりました。

結局、納品前日になり息子が熱を出してしまい、思うように仕事ができず、リーダーさんに泣きついてしまいました。まずは、リーダーさんの助っ人となり、いろいろな方法を覚えていきました。日中は思いっきり遊ばせないと、夜寝てくれない状態で、Y代さんは昼間公園で砂場にいったり、滑り台にのぼったりして一緒に遊びました。育児も仕事も手を抜きたくない!最後は意地になってしまって…育児は今しかできないこと。ある日、リーダーさんより新しい案件の担当をお願いされました。

無理は禁物ガイドの経験上、スタート時から異様にはりきっている方は、仕事を継続できずにあきらめていってしまう可能性が高いような気がしています。皆さんはどう感じられますか?。子どもが熱を出したらどうするか、とか思ってもみなかったです。ただ、1歳の息子さんの育児も手を抜くわけにはいきませんでした。そして、子どもと夫が寝た後に入力の仕事を行ないました。

在宅ワークを挫折した理由

在宅ワークを挫折した理由
在宅ワークというスタイルは、全くの初心者からのスタートでしたが「テープおこし」を本業にしたいと、とても意気込んで話されていたのを覚えています。いつまでたっても開店休業状態でした。当時、仕事を依頼したSOHOリーダーに話を伺ったところ…、「T子さんは『頑張る意思』ばかりで仕事を頑張ってくれないのです。

2ヶ月、3ヶ月とたつうちに、彼女は他の仕事へも応募を始めました。自分のホームページをつくり、ブログも書き、交流会にも積極的に出かけたおかげで、彼女を知る仲間は増えたのですが、肝心のお仕事の受注がない様子。しかしどの業務もあまりうまくいかなかったようです。

あげくにブログや交流会で、依頼者の悪口を言ったりして、ある意味トラブルメーカー的存在になっていました。交流会でいろいろな情報を収集することも大切ですが、自分をスキルアップすることを忘れてはいけません。自分のペースをつかみましょう 千葉市に住むT子さんは、SOHO向けのセミナーや交流会、SOHO関連のネット掲示板にも積極的に発言する元気溢れる方でした。

T子さんは、実際の業務経験が浅いのに「耳年増」になってしまっていたようです。納期に遅延しても反省メールや言い訳だけが立派で、肝心の仕事を全くやろうとしない。半年たっても開店休業状態…何事も適度に。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。