「オバサンは」と思われる瞬間!

「だからオバサンは」と思われる瞬間!
1位 すぐに「最近の若い人は…」と言う
2位 人目を気にせず大きな声で話す
3位 人の話を聞かない
4位 説教が好き
5位 席を譲らない/席取りが激しい
6位 すぐに過去を語りたがる
7位 自分のことを話したがる
8位 話が長い
9位 ギャグが古い
10位 携帯電話の着信音がうるさい
11位 会社や家庭の愚痴が多い
12位 噂話が大好き
13位 セクハラ的な発言が多い
14位 IT関係のスキルレベルが低い
15位 優先席でも構わずに携帯電話を使用する
16位 健康についての話が多い
17位 バブルの頃の話をしたがる
18位 気が利かない
19位 最近のドラマや音楽を知らない
20位 精神論が大好き
*gooランキング 2008年2月21日〜2008年2月22日実施アンケート結果

思い当たるものは、いくつありましたか? 「オバサンの何が悪い!」と思ってしまいますが、職場に迷惑をかけるようなことは慎みたいですよね。これらの結果は、年齢を重ねた人だけにあてはまることではないと思いますが、若い人に「あんな風に年齢を重ねたい」と思ってもらえるような素敵な女性でいるために、明日から少し気をつけたいですね。

「『これだからオジサン・オバサンは…』と言いたくなる瞬間」ランキング上位20位を発表します。。

まあ、「何が悪い」と開き直った瞬間でアウトなのでしょうけど。

「これだから今の若い人は」なんて言ってると「これだからオバサンは」と思われているのでしょう、きっと。

もっとある! これがオバサン

もっとある! これがオバサン
もしかしたら家庭の外では人に何かをしてもらうことに慣れきった人たちのことなのでしょうか。だからこその気配りをしたい」といつもお伝えしていますし、みなさん大人としての気配りができる方が多いと思っているので、かなり受け入れがたいです。気が利かない「年齢を重ねた私たち。」。

もっとある! これがオバサン「パソコンスキルが低い」と言われても、すぐに上達するわけではありません。若い人も最初からパソコンを使いこなせたわけではないでしょうに。確かに私たちは、覚えるスピードは遅いかもしれないけど、少しでも速くマスターしようと一生懸命なのですから理解してもらいたいですね。

職場では、「さすがですね」と言われたいですね。でもこれは、疲れている人や健康に悩みのある人への母心的アドバイスかなと思うのですがいかがでしょう。でもちょっと悔しいですね。

精神論が大好き精神論の善し悪しは別にして、体育会系の部活では水を1滴たりとも飲んでいけないというスポ根時代に育った人が多いことを考えたら、だらけている人を見て、「気合が足りない」「根性」と思わず言ってしまうのもうなずけます。

IT関係のスキルレベルが低いブランクを経て再就職を果たした方やこれから考えている方にしたら、「少し時間が欲しい」と言いたいですよね。健康についての話が多い「あのサプリメントがいい」「どこそこのドリンクは、○○に効く」という話題は確かに盛り上がります(笑)。

これだからオジサン・オバサンは…

これだからオジサン・オバサンは…
年齢によっては、自分より年齢が下の人から仕事を教えてもらわなくてはいけない場合もあります。ギャグではありませんが、私の周りでも、いまだに「ナウイ」と言う人がいますが、聞いていてちょっと恥ずかしいです。

40代の人なら就職も超売り手市場で、会社の経費も使いたい放題だった時代。話を聞かない新しい職場で仕事を覚えなくてはいけない状況で、人の話を聞いていないのは致命的。会社や家庭の愚痴が多いつい「今日子供がね」「夫が」と話したくなる気持ちはわかりますが、職場の人があなたの家庭環境についてどれほどの関心があると思いますか? ある程度親密になってから家族の話をするのは構いませんが、聞かれてもいないのにこちらからプライベートなこと、まして愚痴を聞かされるのは大迷惑です。

実は、「ギャグが古い」というのもあります(笑)。同年代の人で飲みに行ったときにでも盛り上がってください。スタイルもいいし、おしゃれだし。そのときに、自分の経験や力を過信して適当に話を聞いていると、あとから「何を聞いていたんですか!」ということにもなりかねません。でも今回ご紹介するのは、「『これだからオジサン・オバサンは…』と言いたくなる瞬間」ランキングです。

自慢話は、ほどほどに。他にも、「すぐに過去を語りたがる」「自分のことを話したがる」「話が長い」「噂話が大好き」というのも入っています。知らず知らずのうちにやっていませんか?耳が痛い オバサンの定義一生懸命、外面内面から自分磨きをしてるのに、「オバサン」だなんて! 『これだからオジサン・オバサンは…』と言いたくなる瞬間ランキング」結果から、私たちのオフィスでの振舞いに関係あるものを選んでみました。「人の話はきちんと聞く」のは、昔も今もコミュニケーションの基本です。最近の30代、40代の女性は若々しくて本当に美しいですね。

「あの頃は良かった」という話をしたくなる気持ちわかります。バブルの頃の話をしたがる気をつかって笑顔で聞いてくれていても、席をはずした途端「勘弁して〜」と思われているかもしれません。なんと「話す」に関することが20項目中9個も!「気をつけたいな」と思うことをご紹介しましょう。お互いに気をつけたいものですね。でもバブル後、就職氷河期にあたってしまった人やフリーターという働き方しか選べない人がたくさんいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。