トータルで扱うペットショップ

トータルで扱うペットショップ
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

近頃では飼い主の多くが、ペットを飼育するために必要な情報をネットで検索しては、必要なグッズをオンライン購入する動きも目立ってきたことから、全国のペットショップの中でもショッピングモールに出店するなどの形で、オンラインショップを併設するケースも増えてきた。つまり約17%の家庭で犬を飼っていることになるが、それだけにペットに関連した市場は急成長している。

ペットビジネスというと、ペットショップのような用品販売だけを有望ビジネスとして捉えがちだが、ペットの存在が“家族の一員”にまで向上している現代では、人間と同じように出産から寿命を全うするまでに関わる様々なサービスが求められるようになってきている。しかし、ポータルサイトとしてはトップのシェアを誇るヤフーでも、ペットオーナーのための専門コーナーは設けていないことから、この分野にはまだ開拓のチャンスが残されている。

日本全国4,600万世帯の中で、犬を飼っているのはおよそ800万世帯と言われている。そうなるとオンライン上で展開するペットオーナー向けのビジネスも、「ペットショップ(ペット用品の販売)」というコンセプトではなく、ペット分野における総合情報サイト、いわゆるペット・ポータルサイトとしての存在が大きな役割を果たすことになりそうだ。

成長した冠婚葬祭ビジネス

成長した冠婚葬祭ビジネス
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

しかし葬儀業界の中でも、ベンチャー的な取り組みによってネットから約8割の顧客を集客する葬儀業者も現れている。この仕組みを実質的な顧客獲得手段と位置づけ、葬儀以外に結婚や成人式などのイベント需要も取り込むことで、国内の冠婚葬祭ビジネスは成長してきた。

指定業者には、いつでも顧客を獲得できるメリットはあるが、それだけ人件費も多くかかる。また葬儀業者の大半は地元密着の家族経営規模なので、寺院の紹介か、「自分が亡くなったらおまえに頼むよ」といった隣保・友人知人との縁故関係を主にした、広い意味での「生前予約」が顧客獲得の方法として定着しているのが一般的である。そこで、もともと葬儀は隣保の相互助け合い事業だったことから、その仕組みを現代的にシステム化して生まれたのが「冠婚葬祭互助会」(以降、互助会)だ。

病院あるいは警察の指定葬儀業者になるには、24時間 365日いつでもすぐに対応できる(遺体の運搬、葬儀の打ち合わせ)専従者を常時1〜2名待機させておく必要がある。しかしそれではいつまでも小さな商いしかできずに、葬祭ビジネスを企業として事業化することは難しい。

。それゆえ、資本力のある大手の業者しかできないし、その人件費を稼ぎ出すためにいきおい単価の高い葬儀プランを顧客(遺族)に提案する傾向が強い。

葬祭業者の悩み

葬祭業者の悩み
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

消費者の葬儀に対する考え方やニーズはとても多様化してきているが、その受け皿となる現在の葬儀業界では画一的なサービスがまだ大半を占め、消費者側のニーズを十分に捉え切れていない。そこからは、意外にも葬儀業界とインターネットとの相性が良いことがわかる。もちろん、ビジネス上に改善の余地がなかったわけではない。

。しかし他業種のようにIT革命や景気の不況が葬儀業界にデフレや合理化をもたらすスピードは鈍く、いまでも新規参入の壁は高いままになっている。この業界構造を理解しながら、新しい葬儀ビジネスの方向性と、そこに異業種からの企業や独立起業者が参入するためのポイントを探ってみたい。

普段はあまり考える機会がなく、値切ることもタブー視されているために、何かと不透明な部分が多いのが「お葬式(葬儀)」である。とはいうものの、そこにはしっかりとビジネスが介在していて、人が亡くなった時には、葬儀業者の手を借りなければ遺体を自宅に運ぶことすらできない。しかし高齢化社会が進む中で、これから葬儀に対する需要が大きく伸びることは間違いない。

そこには様々な角度からのビジネスを仕掛けることが可能であるはずだ。

葬儀業者にとっても“顧客”の獲得が悩ましい課題であることは他業種と変わりはない。結婚式と異なり、葬儀は急を要することが多いために、顧客(契約)獲得のためのセールス活動はあまり行なわれていないように考えがちだが、実際には“契約”の多くが故人の生前におこなわれている。

事故や事件などでの死亡の場合は警察指定の葬儀業者となるが、それも同様である。その際に病院が指定葬儀業者を紹介してくることから、病院と葬儀業者は常に一心同体の関係で、顧客獲得にさほど苦労がないように思われているが、それは極く極く一部の業者に過ぎない。

葬儀業界における顧客獲得策の現状葬儀ビジネスへの参入ポイントを探るためには、まず葬儀業界の仕組みを知る必要がある。

日本人の90%が病院で臨終を迎えるといわれている。

お客が来なければ売りに行け

お客が来なければ売りに行け
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

いつの時代でも若者達はストリートをプレイグラウンド(遊び場)とすることが得意だ。大道芸の世界でも、路上ならどこでも商売ができるというわけではなく、所轄の警察や役所からの道路使用許可を取得しておかなくてはならない。そこに着目すると路上を活用した商売(ストリートビジネス)を改めて見直してみることは有意義だ。もともと大勢の人が行き交う路上をビジネスの場とすることには無限の可能性が詰まっている。歴史を紐解くと、洋の東西を問わず商いの原点は路上の門前市場からスタートしている。

祭りの縁日などでよく見かける露天商たちはもちろん合法で、多くはその世界独自の組合組織に入っている。店を出すには公的な許可だけでなく、場所を取り仕切る“世話役”から許可と場所の割り当てを受けるのが慣習。その中にはアマチュアの若者に混じってプロのアーティストも活躍している。それは申請書を出せば済むというものではなく、新規参入の敷居は高い世界ではあるが、その道での経験を積めば、一日に十万円ほどの収入を稼ぐこともできるという。人が集まる路上では、商売人から芸人まで様々な人々が店を広げて日銭を稼いでいた。

週末の夜になると路上で演奏活動に打ち込むストリートミュージシャン達。彼らの収入源は、観客からの投げ銭と自作のCDを販売することだ。公然の場所である路上での活動は注目度や集客の面で非常に魅力的であるが、具体的にどんな仕組みで商売が成り立っているのかを掘り下げてみたい。路上といえども、人気のアーティストになれば数百人の観客が集まることもあり、演奏後の売上金は馬鹿にならない。

露天商や大道芸人が路上で商売をする上では、決められたルールというものが存在していて、それを守りさえすれば合法的に行えるものがたくさん存在している。さらに地域によっては“プロの大道芸人”としてのライセンスを必要とすることもあり、ストリートビジネスのハードルは高い水準で設定されている。ストリートから生まれたファッションや音楽は数多く、ストリートこそが情報の発信源ともいえる。その様子は現在の露店や移動式屋台、オープンカフェなど、路上を巧みに活用した商売へと引き継がれている。

誰にお金を払ってもらうのか?

誰にお金を払ってもらうのか?
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

■ たとえばある『町の電器屋さん』は顧客層を老人に絞込み、商品の配送や取り付け、使用方法のフォローなど大手の家電量販店にはできないキメ細やかなサービスをエリアを限定して実施することにより、サービス満点の地域一番店として老人のお客様に『家電だったら○○』というイメージの植え付けに成功して好業績を上げ続けています。そうすれば、“一人勝ち”のマーケットを創造してビジネスを優位に展開していくことができるでしょう。

対象とは『商品やサービス』、『地域』、『顧客層』のことです。つまり、自社の戦う場所を強い相手が入ってこない場所に限定していくのです。

■ このように『商品やサービス』、『地域』、『顧客層』を絞り込むことによって、自社よりも資本力が上の企業との直接の競争を避け、自社が一番になれるポジションを見つけていきましょう。

■ その方法とは『対象を絞り込む』こと。

逆風の中でも経営者に先見性と行動力さえあれば、新たな顧客を開拓して売上げを着実に伸ばしていくことは不可能ではないようだ。また今年6月から道路交通法が改正されて飲酒運転に対する罰則が厳しくなったことも“お酒離れ”に拍車をかけている。加えて、バブル崩壊以降の不況は「官官接待の禁止」を発端として、官庁や大企業など、接待によるビジネスマンの飲食が激減して、酒類全体の販売量を押し下げた。

多くの酒販店では“無策”のまま業界淘汰の波に飲み込まれていく中で、酒販免許の自由化がスタートした10年前から、自由化後の業界を予測して「他店との差別化」を地道に取り組んできた小さな酒屋が静岡にある。長引く不況によって多くの業界が痛手を受けているが、その中でも、いわゆる「お父さん世代」を主な顧客層とした業界の冷え込みはかなり厳しい状況にある。このような業界事情の悪化による売上げの自然減に対して、何も策を立てないでいれば「1年で3〜4割の売上げが落ちる」と業界内ではいわれている。

会社の業績悪化による“接待の禁止”や、給料の低迷による“小遣いの減額”によって、自由に使える月々のお金は目減りしている。その影響を直風として受けている業界として「酒販業界」がある。そのため過去には14万件あった全国の酒屋も、ここ最近は1年に1割のペースで廃業や転業により姿を消している。

全国の酒販店(酒屋)を取り巻く環境としては、10年前から実施された酒販免許の規制緩和によって、大型のスーパーやディスカウントストアーでも簡単に酒類を販売できるようになった。酒類の中で最も消費量が多いビールでは、粗利益率が数%程度にまで下落して、業界全体が“儲からない体質”になっている。そのため競合店が大幅に増加して過剰な値引き競争に陥っている。

自己管理と自己研鑽の努力

自己管理と自己研鑽の努力
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

既存の企業に就職した大学の同期の友人に、「ベンチャーって、格好も自由だし、出勤時間も遅くていいし、ラクだよね!」といわれることがあるけど、いえいえ、そんなことありません。上から命じられた仕事を、日々こなしていれば良い、という方がよっぽどラク。ベンチャーの自由さは、スタッフ個々人が、自己の行動に責任が取れるということの上に成り立っている。

ベンチャーの自由は、「生きるも自由、死ぬも自由」というヤツだ。そして、企業も成長する、スタッフも成長する。自己管理と自己研鑽の努力ができる人でなければ、ベンチャー企業には向かない、と断言できる。

ベンチャーは、自らビジネスチャンスを探して、自ら仕事を仕掛けていくのが普通。何よりも重要なキーワードが、「ベンチャー魂」だ・・・といっても、精神論を語ろうというわけじゃない。そうした基盤が実現できてこそ、その先にベンチャーの成功があるのではないだろうか? 。

少しでもチャレンジするという気持ちが萎えたら、そこでオシマイ。ITベンチャーの経営で失敗しないためには、どれだけスタッフにこの「ベンチャー魂」を理解させられるかではないだろうか。そうした精神を持ってビジネスに取り組む、それがベンチャー経営で最大の原則だと思う。

差別化のないビジネスはありえない

差別化のないビジネスはありえない
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

「勝つ為の条件」が複雑だからです。あなたはこれを有効活用すれば良いのです。巨大市場であればこそ、我々にもチャンスがあるのですが、そこに「差別化」が図られた商材がなければ一歩も先へ進みません。

消費者の好みに左右されるような市場でなく「より質の高いもの」が求められる市場だからこそ、「差別化」が生きるのです。サプリメントは質の問われる商材です。あなたの前には、ライフプラスという世界でも最も優れたサプリメントを提供する会社がすでにあるのです。

好き嫌いに左右される嗜好品の産業なら、私なら勝負しません。「これからはサプリメントが流行るから、自分で何か健食を作って売り出そう!」こうしたレベルで物を考える人が案外多いのです。

そこに我々のビジネスチャンスがあるのです。

ボクの率いる電脳商会も、実のところ後継者育成にはまったく成功していないからだ。まずは経営者たる者、自分には何ができて何ができないのか、じっくり考えてみよう。それでも会社が動いてるならいいじゃないか、と反論される方がいるかもしれないが、そうではない。

企業として育ててベンチャーを脱皮し成功を目指す、という目標があるなら、早いうちから人材育成プランを整備しておいた方がよいが、これについてはボクも偉そうな事は言えない。ITベンチャーの経営者にありがちなタイプに、「周りの人間はバカばっかり」と態度に出ているヤツがいる。経営者が無理をして、ひとりで何から何までやろうと思わないことだ。

人間は、自分が思うほど何でもできるわけではない(周りの人間に、あると見えない能力なら、無いのと同じということは肝に銘じておこう)。それをベンチャー企業の経営者ともなると、つい何でも手を出してしまいがちになる。人が育たないのだ。

まぁ、それくらいの自信がなければビジネスを続けていけないということもあるケド・・・  でも、本当にそれだけの実力が伴っていれば良いのだが、中には単なる思い込みや学歴自慢、自分を過信しているだけという人も混じっている。経営者は、自分は動かずに複数の専門職を上手に使いこなすのが企業経営の基本。

先見性と身の丈経営

先見性と身の丈経営
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

やることに終りは無い。これが顕著なのは、家庭用ゲーム機をプラットホームとするソフトビジネスである。うかうかすれば、あっという間に電車に乗り遅れてしまう。ところがある日、ゲーム機メーカーが彼の会社が擁するプラットホームの次世代機を発表。数年前までは、複数のゲーム機がマーケットのシェアを競い、それぞれのゲーム機だけにソフトを供給するゲーム会社が存在していた。

うまくマーケットをキャッチアップしたと思っていても成功に甘んじてはいけない。儲かるかどうか判明しないうちに、次のビジネスの仕込みに取り組まねばならないというのが普通になっている。当事のゲーム会社はかなり羽振りが良く、ボクの後輩も六本木にオフィスを構えて「これからのキラー・コンテンツはゲームだ!」と、事業拡大と人員増強に努めていた。プラットホームの乗り換えに出遅れたためである。展示会に行き、雑誌で情報収集し、業界団体で人的ネットワークを広げる。

立ち止まっているヒマなどないのだ!と肝に銘じよう。次の波に乗り損なえば、あっという間に失敗してしまうのがIT分野なのだ。そして、いかに儲かっているプラットホームでも、寿命が来る前に捨てなければならない場合もある。IT技術の進歩は「ドッグ・イヤー」ともいうが、個々の技術プラットホームの寿命は、ますます短命化している。でも、これってかなりヘビーな作業だ。

日々進化する技術プラットホーム。そこでITベンチャーの経営者たるもの、プラットホームの動向把握につき、日々の情報収集と自己研鑽をサボっていてはいけない。常に時代の波に乗りつづけるには、自分が取り組むビジネス分野の技術プラットホームを正しく理解し、先を読み続けなければならない。その後半年も経たないうちに、あっという間に後輩の会社は倒産してしまった。

大義名分を最初に作れ

大義名分を最初に作れ
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

「ビジネス」を成り立たせていくには条件が必要です。この条件を大きく5項目に絞り込んでみました。

自分の足下さえ見えなくなっている大企業ではなく、フットワークの軽い身軽な個人事業なら、ビジネスを成り立たせる条件を良く考え、最も有利な条件で仕事を選ぶ事が出来ます。これはリファーラルに限った話ではありません。

決してビジネス本位な市場ではありません。市場とはあくまでも消費者市場の事です。今、あなたがサプリメントが好きか嫌いかは問題ではありません。

問題は、あなたのこれからの姿勢です。」と申しました。消費者にとっての市場規模を考え、大きなものであるほど、ビジネスは有利になるのです。

あなた自身のやりたいこととビジネスとしての大きな消費者市場は違います。「ビジネス」を考えるなら、「消費者市場」が確保されていなければなりません。あなたがベビーブーマー世代に支えられ、規制緩和も進み、益々大きくなるこれからのサプリメント市場を捉えられるかどうかです。

先に「ビジネスを有利にする為には大義名分」が必要だ。

成功するには一番を目指せ

成功するには一番を目指せ
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

■ 経営資源の乏しい企業が一番の商品やサービスを実現することは不可能なのでしょうか?

■ いえいえ、決して諦めてはいけません。このように一番にならなければ二番でも十番でも大差なく、一番とそれ以外では圧倒的な差が生まれることになるというわけです。経営資源の乏しい企業でも一番商品やサービスを育成し、十分に競争を優位に進めていく方法があるのです。

■ たとえば競合する企業がトヨタやソニーなどの大企業だったらどうなるでしょうか?通常ではこれらの企業を出し抜いて一番の商品やサービスを提供するのはほとんど不可能と言っても過言ではありません。

■ 『日本一の山は?』と聞かれほとんどの日本人は『富士山』と答えることができますが、『日本で二番目に高い山は?』と聞かれても答えられる人はそういないと思います。■ ただ、『一番の商品を持つ』と言うことは簡単ですが、実際に実現するのは非常に難しいことだと思います。

■ ビジネスで成功する秘訣は一番の商品やサービスをいかに多く持つかということにかかっています。逆を言えば自社に一番の商品やサービスがないと顧客獲得に苦労し、経営が安定しにくいと言うことができます。

大企業であれば問題ないかもしれませんが、資金や人材が限られている企業にとっては頭の痛い問題です。

■ 一番の商品やサービスを持っている企業というのはお客を引きつけやすいし、お客へのアプローチもスムーズに運ぶケースが多く、お客も固定化する可能性が高いからです。

協力者をつくる

協力者をつくる
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

自分ではチョット難しいかなと思っている人は、他人の力を借りることです。この部分をないがしろにしていると、またなんかいかがわしい話を持ってきたのかと不快感を相手に与えてしまいます。これでは、何をやっても成功を勝ち取ることができません。その為にも会社選び・グループ選びは重要になってきます。この責任のある行動が日増しに目に見えないといけません。

決して儲け話ばかりする人の力を借りてはいけません。その人の力を借りるのです。あなたの信用を勝ち取るのは、ビジネス上におけるテクニックでもなければ、ノウハウでもなければ、ましてやお金儲けの方法でもありません。その行動が、他人に迷惑をかけないとわかれば徐々に信用を回復していきますし、そして、信用を勝ち取ることができます。それは、知ったときの興奮と早く稼ぎたいと言う焦りがそうさせるのですが!!信用を勝ち取るための最初のステップは、相手には絶対迷惑をかけないとい責任のある行動です。

(どのようなビジネスにおいても!!)特にこの部分は、ネットワークビジネスにおいて知っておいてほしいものなのです。誰でも彼でもいいと言うのではありません。(感情に訴えるため)よく、ビジネスで失敗する人の最初のつまずきはこの部分にあります。あなたが携わっているビジネスで、この人はと言う人格者が必ずいます。

ビジネスにおいて大切なのはこの部分です。そして、ビジネスにおいてつき物なのですが、うまくいかないときでも、もうこれからは、決してふらついてほかの儲け話に乗らないと言う姿勢が大切です。これがネットワークビジネスにおけるアップの力を借りるというやり方です。あなたがこれからどのようにしたいのかと言う責任のある行動以外にありません。

遊びでも趣味でもなく、ビジネスです。

遊びでも趣味でもなく、ビジネスです。
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

巨大な収入を生み出す仕組みを持ったリファーラル方式の中でも、ライフプラスは極めて現実的な収入の入りやすい「あなたの努力が報われる報酬システム」を持っているのです。

いくら良い商材を扱っても収益の上がらないものはビジネスではありません。

扱う商材が優れており、且つ収益性が高いという事実があなたの収益を生み出しやすいビジネスとなるでしょう。

ネットワークビジネスが、1番危険性のないビジネス形態であると言えます。あの、経営指導の神様、船井幸雄氏なども最近の著書などでネットワークビジネスの将来の可能性や必要性を説いています。それ以外の方は、ほとんど体を動かして収入を得る労働収入の道しかありませんでした。ここに、ネットワークビジネスの有意義性があります。

もし仮にも、あなたが全くのネットワークビジネスの経験がなかったとしても、また今までに何度かネットワークビジネスにトライしたが全く成功しなかったとしても、最低限このことを知っていると知らないのとでは大きな差が生じてきます。例えば、作曲家とか作詞家、漫画家、不動産、株式投資等など。1番資本がいらないと言う点で安心してできるものでしょう。この点でも、大きく社会がネットワークビジネスに関心を寄せてきていることがわかります。

ただネットワークビジネスと言うとまだまだ社会的に地位が確立していませんが、最近では、現在の不況対策として、又新しい物流や情報革命の担い手として、今、名のある多くの方々がその必要性を説いています。又、ネットワークビジネスは、その流通を通して、印税的収入が望めるのも特徴です。通常印税的収入は、才能と努力に比例して派生していました。

ネットワークビジネスは、1度流通網を作ってしまうと、ほとんど印税的収入がもらえると言うのが魅力的なんですね。今後、あなたのライフスタイルは、徐々にそして大きくいい方向に変化していくことでしょう。これからの時代、インターネットやバイオテクノロジーなどのこれからの成長産業と同じように、ネットワークビジネスは、私達に大きなチャンスを与えてくれるもののひとつになっていくでしょう。

勝つ為の複雑な条件とは

勝つ為の複雑な条件とは
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

普通に仕事をすれば、普通以上に稼げるシステムなのです。もちろん、その中には到底ビジネスとは言えない、お粗末なものもたくさん含まれますが、合法であり、かつ商品も良いものであっても、インターネットでのビジネスでは、ほとんどが3ヶ月〜6ヶ月でブームが去っていく現状です。だから良く分かるのです、悩んでいらっしゃるあなたのお気持ちが。

私はあるビジネスを運営しております。実は、上記に挙げた悩みや不安の多くは、かつて私自身が感じていた事なのです。そして、数々のインターネットビジネスが流行り、廃れていく過程を見てきました。

私たちは、インターネットを通じて、約5年間のノウハウを積んできました。それはインターネットを利用した、ネットワークビジネスです。

世間ではまだまだ批判があるネットワークビジネスですが、それはシステムに問題があるのではなく、やり方に問題があるのだと思っています。普通にビジネスマン・ビジネスウーマンとして取り組めば、とても効率的で健全なビジネスと考えています。

「勝つ為の条件」が複雑だからです。あなたはこれを有効活用すれば良いのです。巨大市場であればこそ、我々にもチャンスがあるのですが、そこに「差別化」が図られた商材がなければ一歩も先へ進みません。

消費者の好みに左右されるような市場でなく「より質の高いもの」が求められる市場だからこそ、「差別化」が生きるのです。サプリメントは質の問われる商材です。あなたの前には、ライフプラスという世界でも最も優れたサプリメントを提供する会社がすでにあるのです。

好き嫌いに左右される嗜好品の産業なら、私なら勝負しません。「これからはサプリメントが流行るから、自分で何か健食を作って売り出そう!」こうしたレベルで物を考える人が案外多いのです。

そこに我々のビジネスチャンスがあるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。