ふとんに付加価値をつけて売上増

ビジネスを成功へと導くものは結局は考え方ではないでしょうか。考え方で売り方が変わってくる典型的な方法を紹介します。

今回のビジネスはふとん店です。ふとんは成熟市場でどちらかと言えば価格競争が激しい業界ですね。家族的経営の零細ふとん販売店では、大手通販のふとん会社とでは価格や品揃えでほとんど勝ち目がなくなってきています。ところが、このふとんに「付加価値」をつけて成功した例があったのです。

従来の寝るためのふとんではなく、安眠や健康のノウハウを経営者が持って販売に生かす。アレルギーの体質の方へのオリジナルふとんの販売。ふとんと同時に枕をオンライン販売で男性客をターゲットにして売り上げを伸ばす。さらにふとんの効果として、肩こりの方にマッサージ機能を持たせたベッドやイスを抱き合わせ販売をするのなどの工夫をされたのです。

どちらかと言えばニッチな市場を目指したといえるのではないでしょうか。ふとんをさらに分類して、子供と大人、男と女だけでなく、生活習慣病をそれぞれ分類し、仕入先を探して販売方法を考え抜いたのだと思えます。

ニッチな市場であっても、メタポリック対策のふとんといえば、買い換える予定のなかった人であっても、購入を検討するかもしれませんよね。当然、メタポリック対策のふとんに関する商品知識や病気の知識も必要になってきますが、すべての病気を勉強するのではなく、メタポリックだけを勉強すればよいのでそれほど時間も必要ないのではないでしょうか。

街頭のティッシュ配りで客を集めるには 何円かかるのか?

 通勤途中の駅前で何気なく受け取るポケットティッシュ。裏面には配布している広告主のメッセージが掲載されているが、その場で広告の内容を読む人は少ないだろう。しかしチラシとは違ってポケットティッシュがそのまま捨てられてしまうことは少ない。もちろんティッシュは広告主の負担によって無料で配布されているわけだが、まったく広告効果がなければ、毎日のように街頭で配られていることはないはず。実際のどれだけの効果があるのかは気になるところだろう。

その反応は業種や広告の内容によっても違うのだが、配布会社の話によるとラーメン店の新規開店用として割引券付きのティッシュを店前で配ったところ、百個に一人の割合で来店客が訪れたという。ティッシュ配りの定番業種ともいえる消費者金融会社では千個を配布して無人契約機の利用者が一人増えればOKとしている。確率からいえば99%〜99.9%のティッシュは配っただけで無反応ということになるが、それでも広告の費用対効果としては、他の媒体よりも十分に高いという。もしも自分が何かの店を開店する時には、ティッシュ配りなどとバカにせずに検討してみる価値は大いにある。

なぜそんな地味な広告に目を向けるのかというと、そこには個人情報保護の問題が絡んでいる。以前ならばリアルビジネスの集客術として、見込客となる消費者の自宅にダイレクトメールを郵送するのが一般的だったのが、現在では本人の承諾なしに見込客リスト(住所録)を作ることができないし、名簿屋からリストを購入するようなことがあれば、会社の信用問題にも関わってくる。つまりどんな方法であれ、未知の顧客に対する個人情報(名前や住所)を収集して、そこに広告を打つことができなくなってしまった。そこで個人を特定せずに“下手な鉄砲を数多く撃つ方式”の広告宣伝が見直されてきているのだ。

そうは言っても、広告予算には縛りがあるため、本当に“下手な広告”では困ってしまう。そこで広告をばら撒くとしても、できるだけ効率の良い撒き方にはどんな方法があるのかを経営者は常に模索している。その点からみて、ティッシュ配りの良いところは、個人情報には触れずに路上を歩く人の顔を見て“配るべき相手”を絞り込むことができるところだ。たとえば、美容室のティッシュは女性だけに配ればよいし、住宅会社なら家族連れに絞って配るのが効率的だ。1万個のティッシュを箱に詰めて「ご自由にお取りください」とやるよりも、千個のティッシュを人の目を利かせて配ったほうが広告効果は高い。

そんなことから、ティッシュ配りは最も原始的なダイレクトマーケティングといえるが、それ以外でも高い効果が期待できるリアル広告の開発には商機が見込める。一時期はネット広告ばかりに注目が集まったものの、店舗への集客にはリアル広告のほうが圧倒的に効果が高いし、その方法はローテクであるほどコストが安く済むという利点がある。そこに着目しているのは、リアルビジネスの経営者ばかりでなく、携帯サイトの経営者も含まれている。パソコンからのネットユーザーを集客するのは“検索エンジン対策で”というのがブームだが、携帯サイトへの集客に関しては、意外にもティッシュ配りを含めたリアル広告の打ち方に成否がかかっている。

ネットビジネスでなかなか稼げない人へ

ネットビジネスでなかなか稼げない人へ

ネットビジネスで稼ぎたいと考えて
頑張って取り組んでいるのにほとんど稼げない。
このような人がネットビジネスの95%といわれています。


いつまでたっても稼げない人にお薦めしたいのが常夏塾です。


常夏塾ではテキスト、音声、動画をもとに稼ぐために必要な
作業の手順を解説するだけでなく、常夏塾の独自開発のツールも
使いながら、サイトやブログを作っていくことができます。

たとえば、“常夏塾キーワードツール”です。
無料でプレゼントしますので、使ってみてください。

http://www.ctw-movie.com/toko/shunsukelite/


ダウンロードして、結果の出やすい塾ではどんなものを使って
稼いでいるのかチェックしておいてください。


私はいろいろな情報商材を購入したり
無料レポートをたくさん読んでみましたが
常夏塾に入るまでは、ほとんど結果が出せなかったです。

しかし常夏塾に入って2ケ月目には5万円の収入になりました。


稼ぐために必要なものがすべてそろっているので、
あとはサイトやブログを作っている作業をするだけで
サイトやブログのキーワードも常夏塾からもらうこともできます。


そして、驚くことに「常夏塾」では入塾料が【無料】になる、
受講料は稼いでからの後払いでOKという制度があります。

つまり、【ノーリスク】ではじめることが出来る塾です。



>>> 【常夏塾】入塾料無料



もしわからないことがあっても、サポートがかなり充実しているので、
初心者の方も安心して作業することができます。

メールが苦手でも、スカイプや電話での通話のサポートも
受けることができます。


今まで稼げなかった方、稼ぎ方がわからない方には特におすすめします。
ただ、日々の地道な作業は必要ですが・・・。


ツールとノウハウで、初心者でも稼げる塾はこちらです。

>>> 【常夏塾】入塾料無料

オンライン販売の手法

オンライン販売の手法
大手資本のショッピングモールが物販に苦戦する中で、何故"まるけん"が売れるのか?それはページにアクセスすることでヒントを得ることができる。まるけん店主山本純聖氏は決してインターネットやWeb構築の専門家ではないが、商売の専門家(商売人)であることはページ内に埋め込まれたコンセプトやサービス内容を見ればすぐにわかるはずだ。最近ではデパートの食品売り場にいけば買うことができるものの、そのブランドイメージと価格の高さから、多くの消費者が「手の届かない食材」として憧れの存在としていた松阪肉が1件のWebショップによって身近な存在になりつつある。

●呼び水となった「お試し肉」とは・・●流通経路から考える松阪肉の通販メリット・既存百貨店ルートとの違いを解説●不可能を可能にした送料無料と採算性の考え方●顧客から好評な商品画像添付サービス。2年から3年かけて、大事に育てられた深窓の令嬢とも言う牛の中でも、枝肉に処理された段階で、肉質の良否により、15のランクに分けられた中の、最上位1ランクのみに「松阪肉」の名が与えられます。

』 そんな高級和牛として知られる松阪肉がネット上で人気商品となっている。ゼロからインターネット通販を始める場合、ホームページを立ち上げてから順調に注文が入るようになるには1年程度はかかるといわれる中で、"まるけん"では開設から半年経たない7月時点で月商100万円ラインをクリアーして採算面でも黒字化を達成している。

『子牛は、北は雲出川、南は宮川までの、2本の川に挟まれた松阪地区の、肥育農家で、家族のように、愛情を持って、1頭1頭声をかけ、なでさすり、清潔な環境で、厳選された飼料を与えられ、時には、ビールをもろたりしながら育てられます。三重県松阪市にある丸賢精肉松阪店は98年2月からホームページ「松阪肉のまるけん」を開設して松阪肉を販売している。

人脈形成と仕事獲得術

人脈形成と仕事獲得術
個人事業にしても法人を設立して活動するにしても、一つの事業主として生計を立てていくためには、サラリーマン時代とは異なる仕事の組み立て方をしていくことが不可欠になる。ビジネスにおいて重要な“情報収集”についても努力が必要だ。そこで重要になるのが“縦、横との連携”すなわち同業種、または異業種間との人脈作りである。

会社に勤務している時には、受動的な勤務の中でも業界動向や新技術に関する情報は日常的に入ってくるもの。有益な組織としてゆくには組織運営側に多くの能力や努力が求められるが、SOHO事業者にとって一番関心があるのは、やはり仕事を受注する機会が増えること、事業経営のための役立つノウハウが得られることである。長年勤めていた会社を辞めて新規独立をするには多くの苦労を伴うものだ。

結論から言ってしまえば、この“人脈作り”が上手な人ほど事業を成功させやすく、下手な人ほど成功しにくいといっても過言ではない。最近ではIT業界やSOHO事業者達の間で多くの“組織”が形成されているが、現実には、その団体運営が上手くいっていなかったり、加入しても会員メリットを活かしきれないでいる人たちは多い。そんな団体や組合を活用した仕事獲得術について今回は考えてみたい。

人脈形成や情報交換を目的として、各業界には様々な団体や組合が存在している。しかし、SOHOとして個人事業を営んでいるのであれば、意識して前向きに動かなければ鮮度の高い情報をキャッチすることはできない。

オーガニック衣料?

オーガニック衣料?
「オーガニックコットン」とは、3年以上農薬や化学肥料を使用しない畑で栽培され、製品加工においても防縮剤や蛍光増白剤等の化学薬品をしないで加工された綿のことをいう。例えば、赤ちゃん用のギフト用衣類の分野では、“贈って喜ばれる商品”としてオーガニックコットン衣類の人気が急上昇している。市場規模自体がまだ小さく、アイディア次第で様々なオーガニックコットン商品を企画できるだけに、中小のアパレル業者や小規模オンラインショップでも着目点次第では、この市場に参入することが可能だ。

食品業界では「オーガニック」をキーワードとした自然食品ブームが巻き起こっているが、衣料品業界にも同様の動きがみられる。世界的な綿の生産量全体からみればまだ数%程度と規模は小さいが、価格競争で利益をそぎ落としている業界構造の中で、品質面で勝負できる付加価値の高い新市場とあって、業界関係者の視線は熱い。

綿の国内生産比率が低い日本では、オーガニックコットンの生産自体がビジネスチャンスとなることは少ないが、アパレル加工メーカーや小売業者の中では、いち早くその付加価値に着目してオーガニックコットン素材の製品を手掛ける業者も現れている。しかし綿生産者側にとっては、農薬や化学肥料の費用がかからないという反面、雑草管理や害虫駆除において手間や労力がかかり、気象の影響や害虫の被害を受けやすいために安定した収穫を得られないといったリスクも伴なう。

アレルギー対策関連の商品やサービスが新しい市場を形成していく中で、毎日着用する衣類の素材にも気遣う人達が増えている。素肌に密着することが多い綿製品の分野では、有機栽培された綿を素材とする「オーガニックコットン」がアレルギー症状の緩和や自然環境保護の観点からも注目を集めている。

相談サービスを事業化

相談サービスを事業化
無料での相談サービスの欠点として、個人情報非公開での相談がしにくい、満足のゆく回答を得られない、その場限りの回答で終わってしまう、といった意見がよく聞かれ、有料でもよいから質の高い回答を得たいといった要望も出てくる。はたして「オンライン相談」というサービスがビジネスとして成りたつのか否かを柔軟な視点から考えてみたい。

ネット上でわからない問題を解決する手段としては、まずサーチエンジンで関連キーワードを検索する。一方、デジタルでのコミュニケーションでは、お金をとりにくいといったシビアな運営面での困難もある。

ネットを介して各専門分野の質問や悩み事を受け付ける「オンライン相談」が一つのコンテンツカテゴリーとして存在する。それで該当する情報が引き出せない場合には、関連分野の掲示板やメーリングリストなどへ質問を投稿するのが一般的だ。

利用者側の心理としては、回答者には敬意を払いつつも相談料はできるだけ安く済ませたいという気持ちがある。このような(質問→回答)のコミュニケーションは、ほとんどが無料のボランティアベースでおこなわれている。

刺繍工場のオンライン戦略

刺繍工場のオンライン戦略
長い歴史のなかで、それが各地の“地場産業”として定着してきたのだ。一つの産業が発展していく過程では、少数の親メーカーに対して、多数の中小零細業者が下請けとして協力関係を結んでいるために、同一エリア内に同業者が集まりやすい。これらの中小製造業者には地域的な共通点を持つことが多い。

国内で活動する製造業者数は個人事業、法人を含めて約85万社あるが、その中の65%以上は従業員20名未満の零細業者である。市内には多くの刺繍業者があり、アパレルメーカーからの大口受注を得てきた土地である。その中、下請け構造からの脱却をはかり、オンライン上での顧客獲得に活路を開いた業者がある。

群馬県桐生市も古くからの地場産業として繊維分野、その中でも特に“刺繍”が産業として栄えた地域である。ところが他の製造業と同様に、国内市場の不況や、中国を中心とする海外業者の台頭により、刺繍業界全体が大きな打撃を受けている。

従業員の高齢化、後継者難という問題もあり、廃業を考える業者も増えている状況だ。これら業者のほとんどは大手メーカーの下請け、孫請けとしての仕事を収益の柱にしている。

田舎暮らし専門不動産市場

田舎暮らし専門不動産市場
企業の早期退職制度も手伝い、第二の人生を新天地にて、費用がかからない方法でゆったりと暮らすというのも新しいライフスタイルの一つになりつつあるのだ。例えば、50代後半で仕事の第一線を離れると都会で暮らす必然性も薄れることから、それまでの住宅を売却し、地方に広い庭付きの物件を購入してのんびり暮らすことを考える人は少なくない。

ITの進歩により“距離の差”が縮小して、地方でも東京と同じ仕事ができるようになったことから、田舎暮らしに関する市場もできつつあるのだ。また30〜40代の現役世代でも、家族の健康問題による理由や、新しいライフスタイルを追求したくて、自然に囲まれた田舎暮らしを決意する人もいる。

オンライン上で田舎暮らし情報を探す人々も少なくない。また、SOHO形態でできる仕事に携わる人なら、必要な時だけ東京へ出張して、残りの時間は、自然豊かな環境の中で仕事をすることに多少なりとも憧れを抱いているようだ。

昨今の環境問題や終身雇用制の崩壊といった社会的背景もあり、都会から地方の田舎に移り住むことを希望する人々が増えている。

リサイクルトナーが有望と

リサイクルトナーが有望と
パソコン本体の普及は一段落したことから、オフィス向けハードウエアの売れ行きには陰りが見えはじめているが、その一方で、地味ながら手堅い成長を続けているのが、OA機器のサプライ用品分野である。そのため、メーカー純正の新品トナーではなく、割安なリサイクルトナーを利用する事業者も増えている。営業資料の作成から売上げ管理や請求書発行等の会計処理まで、パソコンの普及によって効率化されたオフィス内の実務は数え切れない。

いまではパソコンのないオフィス(事業所)というのはあまり見かけなくなった。その中でも、ほとんどのオフィスで導入されているレーザープリンターの交換用トナーカートリッジの分野では「リサイクルトナー」への需要が拡大している。最近では少数の資料作成なら、印刷業者に頼まず、自社内でプリンターから出力(印刷)するケースが増えてきているため、プリンター用トナーの消費量が各企業ともに高まっている。

サプライ用品は使い続けることで消耗していくために定期的に補充していく必要があり、継続的な注文が期待できるのが特徴。ところが、この交換用トナーは機種によっても異なるが1本あたり1〜4万円程度と高額だ。

「リサイクルトナー」が有望と注目されたのは、今から5、6年前と古いが、当時はリサイクル後の不良率が高いなど、品質への信頼性が低かったために、利用者は一部の層に限られていた。しかし現在ではリサイクル技術が向上して不良率が低下したために、一般の事業者ユーザーの中でも利用率が高まっている。

若者文化を批判するよりも上手に利用

若者文化を批判するよりも上手に利用
いまの50歳代にあたる“団塊の世代”が若者だった頃はビートルズに影響を受けた長髪、ヒッピー・スタイルが流行った。過去に大ヒットした缶バッジとしては1970年代に登場した「スマイルマーク」が有名である。最近の販促グッズとして注目を浴びているのが「缶バッジ」である。そこで若者層をターゲットにする企業では、自社キャラクターの入った缶バッジをノベルティグッズとして限定製作することで、商品のPRをする広告戦略も増えてきた。

企業が商品PRのために製作、配布するノベルティグッズ(販促品)には、その具体的なアイディアが上手に盛り込まれている。若者文化は時代と共に変遷をたどっている。現代の若者なら茶髪にピアスが流行している。特に若者世代に向けた企業のマーケティング戦略では、その時代の若者の心を捉えた販促活動が巧みに展開されている。

缶バッジをアクセサリーとして衣類やカバンに付けて出歩く人も多いため、一度話題になりはじめると人気が伝播しやすい。バッジ1個の価格が 100〜200円と安いこともあり、いろんなデザインのものをコレクションできるし、アクセサリーとしても使われている。どんな時代でもそんな若者を批判する大人はいるものだが、“文化”とはそんな若者の中から生み出されてくるものなのかもしれない。直径2〜5センチほどの丸いブリキの台座にユニークなイラストやロゴが刷り込まれた缶バッジの歴史は古い。

賢い大人になれば、若者文化を批判するよりも上手に利用しようと考えるものだ。この動きを先取りしたビジネスを展開しているのが、オンライン上の缶バッジ製作サイトである。近頃では人気アイドル歌手が衣装に缶バッジをつけて登場するようになってから、小中学生や女子高生達の間で人気が過熱している。

探究心で開拓する紅茶専門店

探究心で開拓する紅茶専門店
飲料業界ではヒット商品の主流がコーヒーや炭酸飲料から「お茶」へと変化している。その専門性から、仕入れた紅茶は自店のカフェで提供するのみでなく、オンラインによる小売販売と卸販売をあわせて手掛けることで紅茶ビジネスの幅を広げている。カフェ業界におけるこの課題をインターネットによって解決しているのが愛知県の尾張旭市にある「TEAS Liyn-an(リンアン)」という紅茶専門店。ウーロン茶をはじめとして、緑茶、ブレンド茶など無糖茶市場の成長が著しい。

「おしゃれな場所で、ゆったりお茶を楽しませること」がウリのカフェは、立地条件の良い場所へ出店しなくてはならない(家賃が高い)わりに、客単価と回転率は低いために採算構造はあまり良くない。この条件で利益を上げようとすれば、商品やサービスの原価率を落とすしかない。同店では、紅茶に対して強いこだわりを持つ店主自らが、スリランカやインドなどの茶産国に赴き、自身の目にかなった紅茶を調達している。2001年頃からはカフェブームの到来によって、雰囲気の良い店に女性客が押し寄せたが、人気とは裏腹に実際の経営状態はあまり芳しいものではなかった。

一言で「お茶」といっても世界には多くの種類や製法が存在しているために、売る側としても様々な商品を消費者に訴求することができるのが無糖茶市場の特徴である。カフェ経営者がパソコンやインターネットを巧みに使いこなして商売をする事例はまだ少ないが、Liyn-an(リンアン)を経営する堀田 信幸氏(49歳)は、アンテナメーカーのマスプロ電工でエンジニアとして22年間、開発に携わってきた後、趣味であった「茶の湯」からお茶の世界に入り45歳の時に起業を果たした人物である。好立地、金をかけた店舗で、本当に良質のコーヒーやお茶を顧客に提供しようとすれば、なかなか儲けることは難しい。同店ではパソコンやネットをカフェ経営の中で巧みに活用することで、来店客数や売上げの向上に繋げているが、そこには元エンジニアとしての経験と視点が生かされている。

大手の清涼飲料メーカー各社でも、無糖茶商品を積極的に投入して、今では収益の新しい柱とするまでになった。。しかしその一方で「お茶を飲ませること」を商いとする喫茶店業界は元気がない。

石を売るビジネス

石を売るビジネス
昨今の癒しブームや高齢者の増加によって温浴施設は各地で開業ラッシュが続いている。その中で近頃とみに目立つのが「岩盤浴サロン」という新業態の温浴施設だ。最近ではベッド状のユニットにして一台からでも導入できるようにした岩盤浴システムも開発されているために、ビルの一室でも岩盤浴サロンが開業できるというわけだ。しかし岩盤浴では、適度に温められた岩盤が遠赤外線を発していて、その作用で身体が温まることで汗がじわじわと出る。そのためサウナに比べると身体の負担が少なく、健康な汗をかけるのが岩盤浴の魅力だ。

一般的な岩盤浴サロンは床全体が石になっていて、その下に温水暖房システムあるいは電熱ヒーターが組み込まれて床を加熱するという仕組み。いわば風のなくて湿度が高い夏場にじっと座っていることと同じだ。本来の岩盤浴は火山の地熱がある温泉場で行うべきものだが、その環境を人工的に再現してビルの一室でも可能にしたのが岩盤浴サロンである。日本人の風呂好きは古くから知られていることだが、東京電力が行ったアンケート調査によると、毎日の入浴を欠かさない人が全体の約8割、その中で二十分以上の長い入浴時間をかけている人が約7割にもなる。岩盤浴で汗をかくという点ではサウナと同じだが、その原理はまったく違う。

サウナは蒸し風呂ということで、部屋の中の空気自体を高温にすることで体温を上昇させて急速に発汗させるもの。「○○温泉」という名称が付けられる場所は、観光ビジネスにとって特別なブランド価値を持つ。そこそこ人気のあった街中のケーキ屋が、いつの間にか岩盤浴サロンに変わっていたり、繁華街でもない人通りの閑散としたところに岩盤浴サロンののぼりが翻っている光景をよく見かける。そもそも岩盤浴ブームが巻き起こったのは、大量の汗をかくことで毒抜き効果があると言われ始めたことや、岩盤(天然石)の素材から発せられると言われる放射エネルギーが体に良い作用があるという口コミが広がったことによる。

いまや足ツボマッサージ以上に、こんなところで?と思うほどあちこちに岩盤浴サロンが開業しているが、それで果たしてやっていけるのだろうか。そんな疑問の答えを探っていくと、そこには思いがけない仕掛人の存在が見えてくる。しかもそれだけでは飽きたらず、休日には温泉まで遠出することも珍しくない。それでは、はたして岩盤浴サロンとは儲かる商売なのだろうか?そして裏側にいる仕掛け人の存在と業界構造について迫ってみることにしよう。

売れないものが、売れた

売れないものが、売れた
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

建設業、製造業の沈滞は、異なる産業にも大きく波及する。ネットユーザー暦としては決して長くはないが、同年5月にメモ帳にテキストを打ちながら会社案内のホームページを作り上げた。今後も公共投資縮減傾向は避けられず、新たな雇用は見込めない。まさかホームページで作業服が売れるとは思っていなかったが、7月にはホームページを訪問し、作業服を購入してくれる客がいた。このような厳寒状況の中、作業服販売会社の営業マンは単価を下げて販売している。

作業服販売もそのひとつである。明らかに原価割れで売上確保に走るという現象も起きている。これまでは経費予算に余裕があり、毎年作業服を従業員に支給していたり、予備の作業服を多く保管していた企業が、必要になってから必要枚数のみを注文するといったきびしいコスト削減を実施しているのだ。神戸の作業服屋サヌキは、創業66年という老舗の作業服屋である。

従業員数の減少要因だけでなく、作業服の支給頻度の見直しが企業でなされていることも大きい。2001年の建設業就業者数は650余万人。顧客1社あたりからの注文が減少するため、取引数を増やすためには無理な値引きにも応じなければならない。建設業、製造業が低迷すれば、そこに従事し働く人々の数も減少、おのずとそれら人々が現場で着用する作業服の売上も鈍化する。

現在の代表取締役社長である尾藤氏は、1999年2月に友人からノートパソコンを10万円で購入し、初めて見るホームページに感動し自分でも作成したくなった。尾藤氏はこの体験に驚いたが、将来への手ごたえを感じることができた。営業マンの稼動や売上の数字のみに目を向けていると、利益を度外視した先の暗い経営体質に陥りがちである。需要減退にともなう雇用減退により足を引っ張られ冷え込んでしまう商売は多い。

地道な努力が実を結ぶ

地道な努力が実を結ぶ
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

近年、“Google”を中心としたサーチエンジンの進歩は目覚ましく、オンライン上にページを公開しておくだけで、ほとんどのページがサーチエンジンの巨大データベースの中へ自動的に取り込まれていく。ショップ経営者としてみれば「何とか検索結果の上位を獲得したい」と願うのが心理である。トップページはショップの顔であり、商品紹介ページの作り込みによって売れ行きは大きく変化する。

独自のアイディアや工夫による試行錯誤を重ね、少しずつ検索結果の表示順位を高めていくことが大切だが、それを店主自らの発想で実践することにより、大きな売上成果をあげている家具販売サイトがある。最近ではページの視覚的デザインや、商品説明のわかりやすさだけでなく、検索エンジン経由のアクセスを増やすための「サーチエンジン対策(SEO:Search Engine Optimization)」がeコマースの技法として流行している。

SEOの効果的な手法は、専門業者とて完全に攻略しているわけでなく「明確な正解」が存在するわけではない。その中で自社サイトの検索順位を上昇させるための工夫は、集客数や注文件数へとダイレクトに結びつく。

オンラインショップ運営の中でも、「サイト制作」に関するノウハウが重要であることは言うまでもない。最近では“サーチエンジン対策”を専門とする業者も急増して盛況だが、専門家のアドバイスを受けることは、あくまでSEOの導入部分に過ぎず、長い時間をかけて自分のサイトを地道に最適化していかなくては、長期的なショップの売上向上へと結びつけることは難しい。

古いビジネスを新しいシステムで

古いビジネスを新しいシステムで
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

今でも質屋に対して根強い需要があるのも事実だ。しかし高金利で融資をする消費者金融と、顧客が持ち込んだ品物を質草(担保)に低い金利でお金を貸す質屋では、本来の用途や客層は異なるものである。質屋であれば、借りたお金を返済しなくても質草があるために、取り立てにあうことはない。ならば質屋が全国的に減少している理由は何かといえば、この業界が近代化への努力を怠ってきたことによるものが大きい。

最近では質草を入れて「お金を借りる」のではなく、不要な品物を質屋に買い取ってもらう形で現金を調達する人が増えている。一方、新しい経営センスで若者層の利用を促している近代的な質屋であれば、今は順調に業績を伸ばすことができる時代である。昭和30年代には全国で2万店以上の質屋が存在していたが、現在では約4700店舗へと減少している。

ネットオークションは質屋にとって競合的な存在ともいえるが、中古品の価値を見極めることができるプロの鑑定眼を武器にすれば、ネット上における中古品取引の増加は、むしろ追い風になる。高額ブランド品の主な購入層となる若い女性達が“利用しにくい”という印象を抱くような昔ながらの質屋は、時代の流れに乗ることができずに閉店へと追いやられてしまう。減少の理由としては後継者不足もあるが、消費者金融業者の台頭が大きいと言われている。

質屋は庶民相手の金融業者として日本では700年以上の歴史がある。その先行事例として、今回は東京立川に店舗を構えるオンライン質店の革新的な販売戦略に迫ってみたい。たしかに無人契約機に行けばコンビニ感覚で現金を借りられる現代に、質屋には“時代遅れ”の印象がある。

SOHO起業に適したビジネステーマを

SOHO起業に適したビジネステーマを
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

どんな仕事でも経費や材料がかかるため、最終的に手元に残る実収入はそれよりも少ない。脱サラをしてSOHOとして個人事業をはじめた場合には、月間 100万円の売上達成が最初の目標とよく言われる。そこで多くのSOHOはホームページ制作やデータ入力などの仕事を請け負うことを考えるが、業者相手の下請け仕事は受注単価が安く、忙しく働く満足感は得られても一ヶ月間に稼げる金額の上限はあまり高くない。

(時間単価×労働時間数)で算出されるその上限が15万円の人もいれば30万円の人もいるが、いずれにしても下請け作業だけでは“儲かる”ところまで到達することはなかなかできない。。大切なことは「利益率の高い商売をする」という発想で、同じ売上高でも実収入の厚い商売を考えることがSOHOとして成功するための秘訣といえるだろう。

SOHO起業に適したビジネステーマの見つけ方個人事業者として起業する場合には、オンラインショップを立ち上げて商品を販売するという選択肢もあるが、これには商品仕入に関するノウハウや在庫資金が必要になる。その一例として今回は結婚するカップル向けの「ブライダル新聞」の制作事業を取り上げてみたい。

実家がもともと商店を経営していているよう場合を除いて、個人がゼロからメーカーや問屋と交渉して商品を仕入れることは意外と難しい。商品を仕入れたり、大きな設備投資をすることなく、手元にあるパソコン機器だけでもオリジナリティのある商品を生み出すことは可能だ。

独立起業を実現させる

独立起業を実現させる
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

100万円程度の資金があれば、光ファイバーを引き込んだ部屋の中で、複数のパソコンをネットワークで接続し、必要なビジネスソフトを一式買い揃え、デジカメやスキャナーやフルカラーのレーザープリンタを導入したとしてもまだ十分にお釣りか戻ってくる。ただし「どんなビジネスをするのか」よって起業後の収入は大きく左右される。

独立起業を実現させるには、以前なら最低でも1千万円程度の資金が必要と言われていたが、現在ではやる気とアイディアさえあれば、そんな大きなリスクを抱えることなく、年商数千万円規模のビジネスを展開することは十分に可能な時代だ。もちろん基本性能も飛躍的に向上していることは言うまでもない。

パソコンや関連周辺機器の価格は Windows95が発売された1995年当時と比較すると大幅に下落している。その恩恵を受けて、今ではほとんどのオフィスに大量の情報機器が導入されているが、SOHOオフィスとてその例外ではない。

ノートパソコンならば当時は 40万円近くしたものが現在では10万円前後で購入することが可能になった。これで起業するための環境は整う。

オリジナル商品やサービスの開発

オリジナル商品やサービスの開発
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

有限会社ウエダ食品(大阪府守口市)が販売する「痩身麺」は“こんにゃく”を主原料としたラーメンだが、麺のカロリーがたった15.4kcalというヘルシーさが受けて人気となっている。そこで新規事業として健康食品分野へ参入する会社は多く、既に様々な商品が広く販売されている。いずれも価格は比較的高めに設定されていているが、テレビや雑誌などの健康特集で紹介されると注文が殺到するという。

2003年6月には読売テレビの番組で「とっても美味しいダイエット食品」として紹介されるなど、その評判は急上昇している。この“痩身麺”を仕掛ける「ウエダ食品」は、こんにゃくの卸業務を本業とする従業員5名の家族経営による会社だが、ダイエットに着目したオリジナル商品を企画から販売まで手掛けてきた経緯には興味深い逸話がある。現代人が健康の維持、健康体質への改善のために惜しまない傾向が顕著に伸びているのがよくわかる。

売上高、利益率共にジリ貧していく方向にあるために、食品本来の品質にプラスアルファする形で何らかの付加価値を与えていかないと生き残ることが難しい。そこで大手の食品メーカーでは“健康”や“ダイエット”をキーワードにした商品開発に力を入れはじめているが、中小の食品業者の中でもいち早くその路線に着目して、ダイエット志向の高い人達に対して魅力的な商材を販売することに成功している事例がある。深夜の通販番組でもフィットネス機器やサプリメントが扱われているのをよく見かける。

テレビ業界では健康やダイエットをテーマにした番組が視聴率を稼いでいる。一方、従来の食品業界といえば大型ストアーによる値引き販売や海外からの輸入品によって苦戦が強いられている。

玉石混淆の中から抜け出せ

玉石混淆の中から抜け出せ
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

マンツーマンによる詳しい商品説明と日常のアフターフォローによって顧客のネットワークを拡大していった。そのカラクリについて詳しい解説をしてみたい。ところが健康食品の品質や効能、価格設定には不透明な部分が多い。「健康食品」と呼ばれる、栄養補助や健康増進を目的にした食品は、昭和37年頃に登場した。

1970年代に入って健康食品が一大ブームになってからは、大手食品メーカーや医薬品メーカーなど大小問わず異業種からの参入が相次ぎ、販売チャネルも通販の他、ドラッグストア、コンビニエンスストアと一般店頭にまで拡大して、現在の市場規模は1兆円を超える。健康食品は本来、医薬品のように即効性があるわけでなく、長期にわたって飲用することによって徐々に体質改善をしていく商品であるため、購入、飲用してすぐに効果を確認することは難しい。そこで一般消費者の多くは、販売員の説明やパッケージに記載されている成分名を頼りにして商品を選択をする。中国産のダイエット食品が死者を出すにまで至った健康被害事件がまだ記憶に新しい。

「値段が高いほど効くはず」という心理が「何となく体の調子が良くなった」という気持ちにさせることもあるが、専門家に言わせれば「価格が高い商品」が必ずしも高品質であるとは限らないと指摘する。健康食品の優劣を判断するためには、メーカーが製造する原価に対して、流通経路中でどの程度の中間利潤が上乗せされているかを把握することが大切。そのため、健康食品は農産物と同様に生産者から消費者までの流通経路が短いほど、総じて「低価格で高品質」といえる。

当初は一般食品に比べるとかなりの高額で、販売の形態は主に訪問販売が主体であった。また、ほとんどの健康食品は自然素材の中から“健康に良い”とされる成分を抽出して原料としているため、メーカーがその自然素材をどんな方法によって調達しているのかでも、品質には差が生じてくる。医薬品とは異なる健康食品は薬局以外でも訪問販売やオンラインショップなど様々なルートにて無資格で販売することができる故に、商品の品質や安全性については玉石混淆なのが実態である。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。