在宅型ビジネスとSOHO


いささかダイナミックな行動のような気もしないではありませんが、それも今の就職スタイルなんだなぁっと思いますね。
実は、うちもそうですからね、在宅型ビジネスでHPやメルマガの制作をしている主人の部屋はまさにSOHOそのものです。
ついでに私の仕事はライター、これまた、自室が職場の世界です。
まあ、でも主婦の内職としてはいいいんじゃないかなぁ、自分の好きな時間に仕事が出来ますしね。
いつかはSOHOが持てる位になって、本格的な在宅型ビジネスになってくれたらいいなぁっとは願っています。

在宅型ビジネスを本業にしている人もいればサイドビジネスにしている人もいる訳ですが、SOHOを持てる位になれば立派なものですよね。
通信網の発達によりSOHOが普及した事により、在宅型ビジネスが本格的に展開出来るようになったと言っても決して過言ではありません。

在宅型ビジネスをいきなり始める事は十分可能なのですが、最初から在宅型ビジネス用のSOHOを持つのはどうでしょう。
ちょっとしたお小遣い稼ぎなら、ノートパソコン一台とインターネットが出来る環境さえあれば、十分という在宅型ビジネスも多いですから。
通勤の費用や時間も不要なので、在宅型ビジネスは、それなりに成り立ちさえすれば、美味しいかも知れませんよ。
因みに、SOHOというのはスモールオフィスとホームを組み合わせた造語の略語、本格的なネットワーク環境や聞きの揃った、在宅型ビジネス用の本拠地となる場所です。
最近は、就職難という事もあって、最初から在宅型ビジネスで整形を立てる事を考える若者も増えていますよね。在宅型ビジネスをサイドビジネスとしてではなく本業として営み、整形を立てている人も随分増えましたよね。
是非とも、SOHOが無駄にならないように、精一杯頑張って欲しいし、応援したいなぁっとは感じますね。
今やマイホームにビジネスの拠点を置き、毎ルームがSOHOという人も少なくありませんからね。
実際に成功している人や失敗した人の体験談なども沢山載っているので、きっといい参考になると思います。

在宅型ビジネスでサイドビジネス

在宅型ビジネスでお小遣いを稼いでいる、あるいはお小遣いを稼ぎたいと思っている人、最近はいますよね、それも結構沢山。
サラリーマンやOL、勿論専業主婦のサイドビジネスとしても最適だと言われている在宅型ビジネス。
最初はやる気がなくても、出来そうだったら何となくやってみたいと思うものじゃないですか。
これから益々この在宅型ビジネスは普及し、定着していくのではないでしょうか。
こんなちょっぴり矛盾したビジネスライフを送っているサラリーマンやOLも少なくないのではないかと思います。
オフィスを使った書類の作成や、エクセルを使った会計処理などは、比較的誰でも出来る在宅型ビジネスです。
加えて、メルマガの執筆やホームページの作成など、趣味と特技と自分のセンスが活かせる仕事も多数あります。
でも、事務処理や書類の作成、ホームページの制作などのこうした仕事、よくよく考えてみると、これまではずっとどこの企業も、社内でやっていた事ばかりですよね。
つまり、在宅型ビジネスの増加は社内での仕事の現象に反比例するようにのびて行きます。
在宅型ビジネスは、これからの時代、益々定着して行く事でしょう。
屋外での作業のように、大きな危険や疲労も伴いませんし、今流行のパソコンを使った在宅型ビジネスはまさに最高のサイドビジネスと言えるでしょうね。

在宅型ビジネスが普及し、サイドビジネスに出来るようになった事を喜んでいいのか、はたまた悲しむべきなのか。
バブルの時代を体験している中高年の会社員は、みんな密かにそう思っている事でしょうね。
事実、今の時代の流れと状況にいち早くフィットし、在宅型ビジネスに励んでいるのは、20代後半から30代前半の世代が最も多いようです。
勿論、いささか気を付けた方がいい在宅型ビジネスも沢山ありますが、手軽なサイドビジネスも結構ありますよ。
日が暮れてから会社で2時間ほど机の前に座っているのと同じ感覚で、自宅でパソコンに向き合えばいいだけです。
まあ、確かに、自宅で好きな時間に得意のパソコンを使って副収入を得られる訳ですから、人気を集めるのも無理はありません。
彼はその在宅型ビジネスを、何となく暇つぶしにブログやサイトを見ているうちに見付けたそうです。
不況のせいか、近頃では副業を認めている大手企業も密かに増加してきていると言われています。
だから、家で退屈している位なら、在宅型ビジネスでサイドビジネスというライフスタイルを検討してみる価値は十二分にあるのではないでしょうか

在宅型ビジネスの人気ランキング


犯罪に巻き込まれる可能性や被害に遭う可能性はないのかどうか。
また、そうした在宅型ビジネスは、本当に高収入を得られるのでしょうか。
そこで、以前からずっと気になっていた在宅型ビジネスというものに手を出してみようかと思い出したのであります。
実は私も、最近残業や休日出勤がめっきり減った関係上、暇が増え、収入が減りました。
退屈しなくなって、お小遣いが稼げるのであれば、言う事ありませんからね。
だから、在宅型ビジネスを成立させるためには、そのお金の出所となる元締めの情報を提供しているサイトが重要になって来る訳なんですよね。
この回答を踏まえて、これから本格的に在宅型ビジネス探しをしたいと思っています。
そうした在宅型ビジネスにありつくための情報を提供して暮れるサイトの人気ランキングというのが結構沢山あるんですよね。
まあ確かに、在宅型ビジネスというのは、どこかの元締めさんと契約しないと、独自でやって行くのは最初は難しいでしょうね。
ようするに、パソコンでホームページを作るお仕事やデータを入力するお仕事などを、契約した会社から受け取ってやる訳ですよ。
あるいは、自分のブログやHPに広告のような感じで、リンクサイトなどを貼るという在宅型ビジネスもあるようですけどね。
どちらにしても、どこかにお金の出所がないと収入は発生しない訳じゃないですか。
いえ、勿論、在宅型ビジネスそのものの人気ランキングというのも、出ているのは出ていますよ。
パソコンを使った在宅型ビジネスというのは、大体仕事の内容そのものは似たり寄ったりです。
在宅型ビジネスは受け身である事が多いので、やはり、経験者の情報は、きちんと参考にするべきだと私は思います。
十分な下調べと、一瞬のひらめき、それが在宅型ビジネスを成功させる秘訣なのではないでしょうか。
ただ、それ以上に、どこのサイトを見るといいか、あるいはどこの会社に登録すればいいか

在宅型ビジネスとは


今の在宅型ビジネスがどんなものなのかを知るには、ブログやサイトを読むのが一番いいでしょう。
それこそ、今すぐにでもネットを開いて、在宅型ビジネスを探す事は可能でしょう。
誰でもOK、自宅にいながらにしてすぐに高収入が得られますと謳っている在宅型ビジネスは要注意かなぁっとは思います。
最近はパソコンの普及により、自宅で仕事をする人が増えていると言われています。
男女や年齢を問わず、今や在宅型ビジネスを本職にしている人も少なくありません。

在宅型ビジネスと呼ぶ位で、副業として展開し、かなり稼いでいるサラリーマンやOLも多いようですよ。
私の場合は、十分気を付けているから、まだそういう悪い在宅型ビジネスに引っかかった事はありませんが、現実に被害に遭っている人はいるようです。
仕事の合間にこっそり在宅型ビジネスでお小遣いを稼いでいる人、あなたの周りにも、多分一人位はいるのではないでしょうか。
まず、自宅でインターネットが使える環境にあって、PCでのメールのやり取りが出来る事。
現代の在宅型ビジネス状況を考えると、この2つは最低条件でしょうね。
でも、それで取り敢えず誰でも始められる訳ですから、思い立ったら吉日。
そういう意味では、自営業の方で、店舗やオフィスを別の場所に持たない場合は、全て在宅型ビジネスと言えるかも知れませんね。

在宅型ビジネスの紹介や募集は、至る所で目にする事が出来ます。
自分の家の一室を事務所にして営業している税理士さんなんかも、在宅型ビジネスマンと呼んでもいいかも知れませんよ。
先方にいきなりこちらからお金を払わないといけないような在宅型ビジネスには、手を出さない方が無難だと思います。
安易に始められるというチャンスを逃さない事は大事ですが、安易に始められるという危険性も十分認識する必要がありますからね。
ようするに自宅にいながらにして、仕事をし、収入を得る事であります

キャビンアテンダントへの転職

キャビンアテンダントの募集記事というのをたまたま見たのですが、最近は、別に新卒でなくても応募出来るんですね。
それも、JALやANAといったトップクラスの航空会社のキャビンアテンダントにですよ。
個人的には松嶋菜々子さん演じるヒロインの性格が苦手だったんだけど、ストーリーそのものはすごく面白くて、夢中で見ていたのを覚えています。
最近は特に、キャビンアテンダントとかキャビンアテンダントとかって呼ばれるようになり、より一層出来る大人の女性の雰囲気が漂います。
因みに、キャビンアテンダントというのは日本で生まれた呼称で、世界的にはキャビンアテンダントというのが正しいようですね。
多くの航空会社のキャビンアテンダント募集の年齢制限は30歳位です。
大学を卒業したばかりの女の子も元気で可愛くていいけど、ある程度の社会人経験を持つ20代後半の女性にも適役なのではないでしょうか。
でも、女の子ならきっとみんな一度は憧れた事があるであろう職業、本当に素敵なお仕事ですよね。
この転職には、そんな素晴らしい光景が待ち構えているかも知れないんです。
あのドラマの中で、キャビンアテンダントのピークは27歳だなんて言われていたけど、今は全然そんな事ないんですよね。
だから、27歳からでも十分航空業界への転職を考えられるんです、それもキャビンアテンダントとしてね。
スッチーなんて呼ぶおじ様も多いけど、今は短縮するなら短縮するで、CAとかFAって呼ばなきゃ行けないんですよ。
私ももう10年若かったら、是非ともトライしてみたいですね、キャビンアテンダントへの転職。
昔合ったテレビドラマ、ほら、松嶋菜々子さんがスッチーを演じていた大和撫子だったけかなぁ。

キャビンアテンダント、なんて素敵な響きなんでしょう。
そう言えば、これまた松嶋菜々子さんのドラマなんだけど、高校教師から最後にキャビンアテンダントに転職するっていうのがありましたよね。
私は流石にもう無理だけど、20代後半の女性で、もし、チャンスがあって、少しでも興味を持たれたら、是非一度チャレンジしてみて欲しいですね。
これまで地上で学んだ事を今度は大空の上で、キャビンアテンダントとして活かす。
キャビンアテンダントの制服に身を包み、ジャンボに乗り込む自分の姿、想像しただけでもちょっぴりほれぼれしちゃいますね

キャビンアテンダントの採用情報


出来れば、キャビンアテンダントの採用試験に関するなるべく詳しい情報が一緒にゲット出来るサイトとか、求人しとかがあったら有り難いなぁっと思いますね。
勿論、航空会社のホームページを見れば、採用情報そのものはよく解ります。
一般の求人誌や求人サイトにもキャビンアテンダント募集の広告は結構載っていますよね。
ただ、そうした記事は、殆どが募集要項と応募の条件、そして応募方法だけで、コツとかアドバイスって言うのは載っていないじゃないですか。
今は女子大の3回生なので、一応来年の春の大手航空会社のキャビンアテンダント募集に応募しようと考えています。
ありそうでないキャビンアテンダントの採用情報、いいサイトやブログに出会えたら、きっと夢が叶うような気がしています。
でも、採用条件によっては、外資系航空会社のキャビンアテンダントでもいいとは思っています。

キャビンアテンダントの採用情報は、やはり航空会社のHPに掲載されている採用情報を参考にするのがベストなのでしょうか。
そういう人たちの生の声の聞けるようなキャビンアテンダントの採用情報関連のサイトとかブログとかがあればいいですよね。
私のように、特定の会社のキャビンアテンダントに拘っていない場合は、その方がグッドなのかも知れません。
私が一番私らしく仕事の出来る会社を選びたい、そのために、もっと詳しい採用情報が欲しいと思うのは、悪い事じゃないでしょう。
その会社のキャビンアテンダントになるためのポイントみたいなものが解れば、自分に合った採用情報を探せるし、合格出来る確立も高まると思うんだけど・・・。
でも、キャビンアテンダントと言えば、その航空会社の顔、結構会社によって雰囲気が違うじゃないですか。
確かに、求人誌や求人サイトの場合だと、何社かの採用情報を比較しやすいのは比較しやすいですよね。
だからきっと、もうある程度の段階までクリアした受験生も結構いる事でしょう。
だからきっと、採用情報は似たようなものでも、実際の採用条件はかなり違うんじゃないかと思うんですよね。
出来ればやっぱJALとかANAのような国内大手のジャンボにのれたら嬉しいですね

キャビンアテンダントの育成法

キャビンアテンダントの本音や素敵なライフスタイルなど、人間味溢れる情報サイトのようなものがあるんですね。
未来のキャビンアテンダントを育てるための育成講座のようなページもあるようです。
無料会員にならないと閲覧出来ないようなので、私はまだ読んだ事がないんですけどね。
入会無料なんだから、気軽に入ればいいようなものだけど、キャビンアテンダントじゃない自分には、ちょっと敷居が高いような感じで・・・。

キャビンアテンダントに憧れる女性や興味を示す男性は、今も昔も多い事でしょう。
と言う事で、キャビンアテンダントの素顔や育成にただひたすら関心を示しているばかりなのであります。
女性はそこに入れるという事は、自分自身への大きな自信に繋がりますよね。
語学などの知的面でも、スタイルなどのルックス面でも、ある程度優れた選ばれた女性という事ですからね。
でも、全てのキャビンアテンダントが、最初からあんなに綺麗で優秀なのでしょうか。
ものすごく気にはなるけど入れない、そんな場所とかグループってないですか。
ただ、どこか他の女性たちと違う部分があるとすれば、それは、キャビンアテンダントとして輝ける可能性のある女性だという事。
何かしら、キラリと輝く小さな光があって、それを頼りに、その周囲から少しずつ磨きをかけて、特別な女性に育て上げていくのではないでしょうか。
だとしたら、そんなキャビンアテンダントの育成を学ぶだけでも、我々女性は自分自身を磨けるのではないかと思いませんか。

キャビンアテンダントになりたいから育成方法に興味を示している訳ではないんです。
ただ、自分もどこか人とは違う眩しい女性になりたいから、キャビンアテンダントの育成に関心があるんですよね。
最近は男性のキャビンアテンダントも活躍しているようですが、やはり美女の多い職場。
だから、あくまでも自分の個人的な感覚で入れないだけなんですけどね。
だから、自分もそんなOLになれたら素敵だろうなぁっと思うんですけど、どうでしょうね。
キャビンアテンダントの育成に関するブログやサイトの中から少しずつでもヒントを見つけ出して、少しずつでも成長して行きたいと考えている今日この頃です

キャビンアテンダントの通信教育


数年前に、客室乗務員をテーマにしたドラマが立て続けに放送された時期があったじゃないですか、ほら、アテンションプリーズとか、CAとお呼びとかっていうドラマが。
本音を言うと、もし今からでも許されるのであれば、スチュワーデスとして広い世界を飛び回りたいですけどね。
けれど、それは叶わぬ夢である事が分かっているからこそ、娘が密かに抱いているキャビンアテンダントへの夢を叶えてやりたいんです。
でも、それは親に負担をかけないためで、私は知っています、彼女がキャビンアテンダントになりたいと思っている事を。
それで考えたんですよ、在学中の今から、通信講座で専門的な勉強をさせてやれたらってね。

キャビンアテンダントの受験資格は、通常短大卒以上ですから、応募にエントリー出来るだけの条件は一応揃っています。
たまにキャビンアテンダントという文字を見つけても、それは結局受験に必要な語学力や英語検定を取得するための通信講座。
けれど、卒業後にまた1年間ほどそうした専門学校に通うとなると、かなりの時間と費用がかかりますよね。キャビンアテンダントの専門学校というのは沢山ありますが、通信教育というのはあるのでしょうか。
娘にキャビンアテンダントになって欲しいという思いはあっても、我が家にはとてもじゃないけど、そんな余裕はありません。
キャビンアテンダントの専門学校なら年間100万円位かかるところも少なくないようですが、通信教育なら、それほどはかからないでしょう。

キャビンアテンダントという職業に就くための専門的な通信講座。
恐らくあるにはあるとは思うのですが、やはりキャビンアテンダントの要請コースは、その殆どが通学で、通信というのは余り目に付きませんね。
ただ、非常に狭き門だけに、それだけではやはり難しいと思うんですよね。
通信講座というのはやはり、あくまでも何かの資格を取るのが目的なんだろうなぁっと実感させられます。
何しろ、キャビンアテンダントという仕事そのものには、資格なんてありませんからね。
きっと、通信教育になりにくいプラス、通信教育の対象外となる専門職なんでしょうね。
キャビンアテンダントのもう一つの大きな受験資格である英検1級とTOEIC600点以上という条件も満たしていますしね。
例え、いい通信教育そのものは見つからなくても、自力で合格できるコツやポイントなどはゲット出来るでしょうしね。

キャビンアテンダントの専門学校


ただ、流石に一流の航空会社のキャビンアテンダント体験が出来る訳ではなさそうなので、その辺りも、正直、逆にちょっと怖いかも知れませんね。
それに、実際に体験実収の出来るキャビンアテンダント養成学校もありますが、当然その費用は実費です。
中には、1年で100万円位かかるところも少なくないみたいなんですよね。
でも、キャビンアテンダントの専門学校に通ったからと言って、必ずしもどこかの航空会社に就職出来るとは限っていないんでしょう。
一応斡旋とか推薦とかしてくれて、ちょっと位は有利になるかも知れないけど・・・。

キャビンアテンダントを育てるための専門学校は、勿論世界各国に多数存在します。
因みに、今、私は現役の大学生で、つい最近までイギリスに1年間留学していました。
だから、語学にはかなり自信があるのですが、それでもやっぱりキャビンアテンダントになるためには、正式な専門学校に通った方がいいのでしょうか。
ただし、航空専門学校のキャビンアテンダント課は、より専門的な学習が出来るだけに、費用もかかるんですよね。
語学にそこそこ自信のある私の場合だと、そうした航空専門学校の養成科に入る方がいいのかなぁっとも考えています。
でも、キャビンアテンダントの専門学校って、すごくお金がかかるんですね。
うちは実際に国際線に客室乗務員として乗り込み、実習する事が出来ます、なんて書いてある学校もあります。
いずれもトップクラスのキャビンアテンダントとしては大切な事柄ばかりです。
語学力や国際感覚を磨くという面では、そうした海外のキャビンアテンダントの専門学校に留学するのも一つの手かも知れません。
でも、結局は自分の努力と運に頼ってどこかの航空会社にうまく潜り込めないと、夢のキャビンアテンダントにはなれないんですよね。
どこの学校がどうとかこうとか、あれこれ比較するのは、少し早いかも知れません。
ただ、いいキャビンアテンダントの専門学校が見つかれば、これは進学する方向で考えてみる価値十分だと思うんですよね。
そういう事で、最近はキャビンアテンダントに関する情報が載っているブログやサイトをこまめにチェックしています。
親に我がまま言うには、それなりの立派な理由を提示する必要もあるしね。

全日空のキャビンアテンダント

キャビンアテンダントの笑顔は本当にいいものですよね。
だから、作られたキャビンアテンダントではないし、作られた笑顔や言葉ではないので、非常に親しみが持てるのではないでしょうか。
乗客一人一人のその日の顔色によって、見せる笑顔を変えてくれるのもANAのキャビンアテンダントの裏技の一つですね。
外資系の航空会社では、若くて爽やかな男性が機敏に機内を動き回る姿も目にする事が出来ます。
私は、そうしたキャビンアテンダントたちと出会い、接する機内の短い時間に魅力を感じるのです。

キャビンアテンダントが提供するのは、飲み物や食べ物だけでなく、旅の安心感や期待など沢山あります。
例えば、パワフルに頑張りたい時は、全日空がお勧め、とにかくキャビンアテンダントたちがみんな元気です。
謂わばキャビンアテンダントはその航空会社の顔、企業の考え方を実に見事に映し出しています。
だから、その日の仕事の内容や目的によって、利用する航空会社を選ぶ事もあります。
気分を落ち着かせたい時には、比較的落ち着いた上品な雰囲気のキャビンアテンダントが目立つJALを好む時もありますが、最近は全日空が多いですね。
一歩地上に降り立てば、厳しい現実が待ち構えている昨今、機内でしっかりと若いパワーを吸収しておく事は、実に有り難いのであります。
こういう話をすると、スケベなおやじのように思われますが、今やキャビンアテンダントは女性ばかりとはかぎっていません。

キャビンアテンダントと一口に言っても、航空会社によって雰囲気はかなり異なります。
しかし、一人一人の乗客がキャビンアテンダントに求めるものも又、実に数多い事でしょう。
ただ、自分が時より感じる事、それは全日空の場合、会社がスタッフを育てているのではなく、会社の中でスタッフが自らの力で育っているのではないだろうかという事。
その全てを満たす事は出来なくても、精一杯努力してくれるところに、いつも感謝と感動を持たずにはいられません。
少しずつながらも、ANAのキャビンアテンダントたちの魅力の秘密が分かって来たような気がして、とても楽しくなります。
これをきっかけに、益々全日空のキャビンアテンダントたちにはまってしまいそうな私です

JALのキャビンアテンダント

キャビンアテンダント、昔でいうスチュワーデスというお仕事ですが、今も憧れる人は少なくないでしょう。
現在JALで活躍しているキャビンアテンダントの殆どは、自分は絶対JALの飛行機に乗るんだと決めていたそうですが、いざ入って、驚いた事も結構あるようですよ。
例えば、今からいくら頑張ってもどうしようもない身長、当然JALのキャビンアテンダントの募集には身長制限があるものとばかり思っていませんか。
でも、よく考えてみると、確かに、JALのような立派な会社が、少し背が低い位で、優秀なキャビンアテンダントになる見込みのある人材を見逃す訳がありませんよね。
確かに、募集要項そのものを見ていると、比較的自分の努力次第でチャンスは手に入るという感じはしますね。
何しろ、今やスッチー、スチュワーデスではなく、キャビンアテンダントの時代ですからね。
もし、まだそれに見合うだけの学歴を所有していない人は、まずその条件をクリアする事が先ですけどね。
30歳位までの男女であれば受験資格を得られるので、一度社会人経験をした後での転職も全然OKなのです。
とにかく、心身ともに健康で、しっかりと勉強してきた人であれば、あの制服を着るチャンスは十分にあるのです。

キャビンアテンダントになりたい、それもJALで活躍したい。

キャビンアテンダントのトップとも言えるJALのキャビンアテンダント。
うまく潜り込んだとしても、最初の3年間は1年ごとの契約社員で、お給料は時給で換算されます。
そして、日頃の勤務態度や適正能力から正社員に相応しいと評価された人のみが、晴れて正式なJALのキャビンアテンダントになれるのです。
まずは正社員待遇でのキャビンアテンダントを目標とし、その後、チーフ乗務員や指導者としてのキャリアを広げて行く人も多いそうです。
昔流行ったJALのキャビンアテンダントを取り上げたいくつかのドラマ。
新米キャビンアテンダントはみんな正社員で、寮生活をしていると思っていた私は、どうやら古いテレビドラマのイメージをそのまま引き摺ってしまっているようです。
そして、その多くが、どうせなら国内最高級の高級外車であるJALのトップキャビンアテンダントを目指したいと言います。
なるべくギャップを減らすためにも、事前にブログやサイトで、しっかりとJALのキャビンアテンダントとしての双方の条件を確認しておいた方がいいでしょうね

キャビンアテンダントの本

キャビンアテンダントに興味がある私、今は名もない中小企業の事務員ですが、出来れば転職したいと思っています。
もし本気でキャビンアテンダントを目指すのであれば、一度は読んでおいた方がいいような一冊ですね。
でも、周囲にはキャビンアテンダントなんて素敵なお仕事をしている友達なんかいません。
どんな本を選んで読めばいいのか、今イチよく分からなくって、すごく困っています。
キャビンアテンダントについて、いい事も悪い事も、知る事の出来る、お勧めの書籍があれば、是非教えて下さい。
先日、ネットのある掲示板にこんな投稿をしたところ、10人以上の方から回答をいただきました。
中でも一番多かったのは小林正彦さんが書いているキャビンアテンダントになろうというタイトルの本でした。
しかも、その多くの本にキャビンアテンダントという仕事が登場します。
正直、見るからにカントリーな母が、キャビンアテンダントに関する本を執筆している人の事を知っているなんてびっくり。
でももっと驚いたのは、母が全く違うある芸能プロダクションの専務さんと思い切り勘違いしていたという事です。
キャビンアテンダントになろうを書いた人と母が勘違いしていたのは、俳優のたち弘さんが所属する芸能事務所、石原プロモーションというところの専務さんです。
取り敢えず、本でも読んで、勉強してみようかと思って、ネットで調べたところ、航空関係の書籍って、ホント、沢山あるんですよね。
INPエアライン学院は大阪にある専門学校で、キャビンアテンダント学課科の他に、ホステス課もあるんですよね。
このキャビンアテンダントになろうという本は、ネットのブログやサイトでもかなり支持されていて、私も前から気になっていた一冊ではありました。
例えば、ハワイに住む現役客室乗務員が書かれた踊るキャビンアテンダントという本なんかもすごく面白そうですね。
取り敢えずまずキャビンアテンダントになろうを読んで、夢の実現を目指そうかと思っています

現役のキャビンアテンダント

キャビンアテンダント、なんて素敵なお仕事、私も絶対なりたい。
そう思ったのは、この間、たまたま会社の同僚たちと飲みに行った居酒屋で、大手航空会社の現役キャビンアテンダントの女性と隣同士になったからです。
ところが、それ以上に素敵な魅力があるんでしょうね、キャビンアテンダントの世界には。
所謂トップキャビンアテンダントと呼ばれる人が、こんな下町の居酒屋でお酒を飲んでいるなんて、ちょっとビックリ。
もう一度トライして、現役のCAを目指してみようかなぁっと思い始めています。
特に若いキャビンアテンダントは、その殆どが時給制の契約社員で、一人暮らしをしている人なんかは、結構やりくりが大変なんだそうです。
だから、おしゃれして、いつもフレンチとか言ったり、海外で遊び回っているなんていう事は余りないんですって。
もう10年近く空を飛んでいる現役CAの多くは、腰痛との戦いの中で、いつも笑顔でお仕事しているんだそうですね。
だけど、空中で活躍する現役FAの素顔を見ると、やっぱりいいなぁっと思いました。
何も、JALやANAのようなトップクラスのジャンボジェットじゃなくてもいいんです。

キャビンアテンダントは、我々OLとは全くスタイルの違う職業ですが、生活レベルはそんなに変わらないみたいなんですよね。
でも、彼女に言わすと、休みの日は別に普通のOLと変わらないそうですね。
いくら新卒者でなくてもいいとは言え、キャビンアテンダントの受験には、年齢制限があります。
それを考えると、これがラストチャンス、でも、今ならまだ行けるから。

キャビンアテンダントに応募する事自体はそれほど難しい事ではありませんが、道のりはかなり厳しいです。
そして、もし念願かなって採用されても、最初のうちは今以上に時間や体力やお金の調節に四苦八苦する事でしょう。
又、現役を長く続けていれば、ベテランキャビンアテンダントとしての新たな悩みも出て来ると言います。
今は、殆どの航空会社のキャビンアテンダントの新規採用に、既卒者でもOKと記載されています。
ネットで、キャビンアテンダントさんたちのブログやサイトを読んでいても、本当に大変な職種だという事はよく分かります。
超美人じゃなかったけど、綺麗な人だったし、話もすごく上手で、よく気の付く人でした。
それも又、本人たちのブログやサイトを読んでいるとよく分かります。一年後に現役キャビンアテンダントとして大空を飛び回っている自分の姿を・・・

キャビンアテンダントとは


ブログやサイトの中には、FA、CAを問わず、その仕事の内容から就職まで、数多くの情報が提供されています。
スチュワーデス時代からの流れとでも言いますか、未だにスッチーと呼び続けるおじ様も多いですからね。
キャビンアテンダントという呼び名が出て来る事は殆どないですよね。
だったら、フライトアテンダントよりもキャビンアテンダントの方が適切なんじゃないの、とも思わないでもないですよね。

キャビンアテンダントのアテンダントとは、接客係や随行人という意味ですから、まさに飛行中のサービススタッフの事なんですね。
けれど、キャビンアテンダントの仕事は単なる接客だけでなく、機内の清掃や保安要員、乗客の心身管理など多種多様に及びます。
事実、アテンダントという単語には付添人という意味もあり、まさに機内で安全に快適に過ごして貰うためのサポート要因という訳です。
だから、サービス要員というイメージの強いキャビンアテンダントという呼び方を使うんですね。
恐らく、キャビンアテンダントと言っても、すぐには通じない方も少なくないでしょう。
フライトアテンダントよりもキャビンアテンダントの方が親しみを持てていいという日本人の人柄もあるのではないかと私は思います。
確かに、客室乗務員を題材にしたテレビドラマは多数作られていますが、嘗てはスチュワーデス、今はキャビンアテンダント。

キャビンアテンダントはこうして考えてみると、とても立派な呼称ですね。
キャビンアテンダントを本気で目指している人も、ただ単に興味があるだけの人も、暇な時に是非一度読んでみられてはいかがでしょうか。
各航空会社によっても呼び名の違うキャビンアテンダント、詳しくその辺りの事を知るには、ネットを活用するのがベターみたいです。
けれど、海外、特に英語圏内ではフライトアテンダントという名称を使うのが通常、キャビンという単語を用いる場合は、キャビンクルーと称します。
まだまだ飛行機に乗れば、綺麗な女性が飲み物や食事を運んできてくれるというイメージが強いのは間違いありません

SOHOと営業

SOHOは取引先から、或いは所属する会社から常に仕事が回ってくるなんて思っていませんか。
問題は、実際にそうなった時にどうするかという話です。
売り込み対象はもちろん自分のスキルで、SOHOの範囲内から自分が出来る仕事を中心に見ていくと良いでしょう。
ただし、数が多いのはそれだけSOHOの扱う分野が広いからであり全て希望通りの案件とは限りません。
会社勤めの場合には諸々の保障があるとしても、SOHOは自己管理が基本の世界なので保障のたぐいはありません。
急いで手を伸ばして掴んだ募集案件が、全くの門外漢では話になりませんね。
営業ツールとして、SOHOらしくインターネット環境を利用すると効率が良さそうです。
現実問題としては難しいかもしれませんが、好きな仕事ばかりを選んでいく事だってSOHOなら可能です。
自らをプロデュースするというのは少々大袈裟かもしれませんが、気概は必要です。

SOHOでの営業は、とにかく実績や実力の売り込みがポイントとなります。
掲示板での営業は対面でのものと勝手が異なるため、ついつい失敗をしがちです。
どれだけ高いスキルを持っていても、営業がヘタだとSOHOの業界では思うように仕事を得られません。
基本的にはSOHO用の仕事の掲示板で募集をかけていく事になるとは思いますが、コツを把握していないと能力に反して仕事が得られない状況に陥ってしまいます。
と言っても、SOHOの営業において気合を売り込むのはタブーとされています。
タブーというより、やる気があるのは前提の話です。
その上で、仕事を依頼するに値する能力があるかどうかを見られるのでSOHOにおける営業は自己アピール力が問われます。
実際にどんな風にSOHOでは営業をかけているのか、ブログやサイトからもチェックできるので参考にしてみると良いでしょう

SOHOで上手に使いたいレンタルオフィス


ただ、全ての部屋がSOHOをするために賃貸されている訳ではないので人の出入りが多すぎると敬遠される可能性が出てきます。
実際に家の中だけで仕事が済んでしまうものは多く、SOHOは好きな時に好きなように仕事ができます。
さて、SOHOを個人で行なっているのであれば自宅でも良いのですが数人となると問題が出てくるかもしれません。

SOHO向けのレンタルオフィスというものがあるので、複数人で事業を展開している場合はこれを利用すると良さそうです。
そのため、SOHOのレンタルオフィスを仕事場とした場合には泊まり込みも快適さが違います。
何といってもレンタルオフィスはコストが安く、事務所よりも簡単に利用できます。
通常の事務所とは違い、一見すると何の変哲もないマンションである事が多いレンタルオフィスですがSOHOの定義とピッタリ合致します。
しかし人数の問題など、どうしても自宅では作業が難しいという時にレンタルオフィスが注目を集めます。
しかしメリットがあれば当然デメリットもあるので、単純にレンタルオフィスがSOHOにおけるベストチョイスとは断言出来ません。
あくまでも、小規模で少人数という部分に注目が集まります。

SOHOの仕事場は、必ずしも家の体を成している必要はないのです。
せっかく通勤費などのコストが大きくカットできるので、可能であれば自宅にSOHO用のスペースを作るのが望ましいかもしれません。
素直に事務所を借り受ければ良いのでは、と考えるかもしれませんがSOHOの利点を活かそうと考えるならそれ用に向けて用意されたレンタルオフィスに辿り着きます。SOHOと言えば、自宅で仕事をするスタイルとして認識されている方は多いでしょう。
ブログやサイトをチェックすると、実際にレンタルオフィスを借りてSOHOの環境を作っている方の実態を把握することが出来るでしょう

SOHOの確定申告

SOHOによって稼げる金額は、一般にはあまり多いものではありません。
特別な内容の仕事になると、月に百万単位での収入も見越せるのですが状況はかなり限定的です。
家事の合間や帰宅してからの暇な時間を使って実行可能なので、SOHOは一般的な仕事に比べお金を稼いでいる感覚が薄いかもしれません。
ただし学生バイトとは違い、家で簡単に行えるのがSOHOです。
しかし、それでも結果的な話だけをすれば仕事をした事になります。
仕事をして収入を得ている以上、その行為はSOHOだろうと何だろうと申告をする義務が生じます。
うっかり忘れてしまう方が多いのですが、SOHOで稼いだ分はしっかり申告しておかなければなりません。
申告が求められる税金問題だけでなく、家としての全体の収入源がどうなっているかという事もSOHOは無視できません。
気軽に始められるのがSOHOの魅力のようになっていますが、税金問題までは気楽に考えられません。
申告をした場合、SOHOによって得られる報酬額が少なければ受ける影響も小さなものになります。
しかしSOHOで得られる報酬が多額になってくる場合、また専業なのか副業なのかによっても結果は違ってきます。

SOHOそのものは単純なシステムで構成されていますが、これを実際に利用していく上では複雑な事情が絡んできます。

SOHOは間違いなく収入を得る行為なので、その多寡に拠らず申告をしなければならないのです。
それはSOHOから得られる報酬が多い場合のみに言える話ではなく、報酬を得ている時点で言える話になります。
事情によって得をしたり損をしたりする事があるので、SOHOをしていれば間違いなく収入は増えるという考えは安直です。
ブログやサイトを有効に活用する事で、SOHOに関する詳しい情報を手に入れる事が出来るでしょう

SOHOのデメリット


どれだけの量なら請けられるか、収入と仕事のバランスを取る必要があります。
人によってはそれをデメリットとは感じない場合もあるので、まずは自分の目でSOHOを確かめてみるのが良いでしょう。
時間とお金が大幅に節約されるのはもちろん、SOHOなら他人のペースに巻き込まれる事なく仕事ができます。
ルールとして定められているものではなく、あくまで定義のようなものなのでSOHOかどうかの線引きは曖昧な事が多いです。
ただ、一応の指針としてインターネット回線を用いたやりとりに限定されます。

SOHOは自宅で仕事ができるのですが、これはそのままデメリットにもなります。
仕事の依頼を請ける場合、仕上げて納品するまで全て一人で行わなければなりません。
もっと明確なSOHOのデメリットとして認識される部分としては、社会的な保障の弱さでしょうか。
SOHOという働き方において、これらはデメリットとして認識されます。
しかし、デメリットがある分だけメリットも存在するので悪い部分だけ眺めてSOHOを評価する事は出来ません。
仕事中に出てきた問題点なども全て自分で解決しなければならず、SOHOには大きな責任感が伴います。
まず、自分の能力を冷静に評価する必要があるかもしれません。
仕事の対価に報酬が得られる、という当たり前の事がSOHOでも起こるため簡単に収入を増やすチャンスです。
ただ、SOHOが扱う分野はかなり幅が広いので自分に適正がない場合も当然考えられます。
これは、SOHOのデメリットに数えられる自己管理能力が問われる面に通じてくる話です。

SOHOに関連する求人情報は、そう苦労せずとも見つけられるのではないでしょうか。
SOHOでどんな仕事が行われているのかについては、ブログやサイトからチェック可能です

SOHOにおけるメリット

SOHOとは、色々な表現の仕方はありますがネットを使って家で仕事をする状態としておけば間違いはなさそうです。
育児を介護に置き換えても、この図式は成立するため潜在的な数も含めるとSOHO需要はかなり高そうです。
とは言え、基本的にSOHOとして行われている業務を見ていくと似通った点が多いため混同しがちです。
働き方としてはかなりクセが強いものの、しっかり把握した上で使っていけばメリットの部分が際立ちます。
例えば働く時間について、SOHOは自由度が高いと言われていますが生活リズムが不規則になりやすいリスクを同時に背負っています。

SOHOのメリットとして挙げられる働く時間について、これはかなり多方面に影響を与えているのではないでしょうか。
しかし目に見える部分だけでもSOHOがメリットばかりでない事は一目瞭然なので、そのあたりをしっかりと踏まえておく必要があります。
代表的な例で言うと、育児に追われる主婦がSOHOで一稼ぎというケースは少なくありません。
家系を助けたいけど子供が小さくて外出は無理、という時でもSOHOは自宅が職場になるメリットを持っています。
これはデメリットの方にも言える話なので、一部を聞いただけでSOHOを判断するのは早計です。
或いはパートのような、限定的な環境下において強くメリットが主張されます。

SOHOというスタイルはかなりクセが強いので、人によっては非常に相性が悪くなります。
メリットとして活かせる人がいるから利点になっているだけで、自分にとって有用でなければSOHOとの相性が悪い事になります。
一般的に言われる部分からSOHOの特徴は大体見えてくるので、まずはざっくり情報を眺めてみるだけでも良いでしょう。
その中で気になるものがあれば、ピックアップして注目してみたいです。
SOHOに関する詳しい情報は、ブログやサイトから簡単にチェックしていく事が可能です

SOHOの始め方

SOHOの始め方はかなり簡単なので、今すぐにでも行動可能です。
始め方は簡単ですが、作業の対価として得られる収入も簡単なものです。
そのためにSOHOでは難しい作業をこなすか、或いは膨大な数をこなす必要があるでしょう。
もっともSOHOで扱う作業の全てが簡単なものではなく、専門性の高いものも幾つか存在します。

SOHOというスタイルにおける最大のメリットは、何といっても就労時間を拘束されない点にあります。
一度でも納期に送れるようになると、それだけで信用を失い次の仕事が見つからなくなるおそれがあるのもSOHOの特徴です。

SOHOの始め方をチェックしていくにあたり、まずインターネット回線をチェックしてみませんか。
環境が整っている事は前提として、あとはどれだけ安定しているか、記事を送りたい時に回線が不安定では困りますし、連絡がスムーズに行われません。
ただし自分の好きなタイミングで仕事が出来るという事は、それだけSOHOは生活が不規則になりやすいリスクを抱えている事を意味します。
更にスケジュールは全て自分で完璧に管理しなければならず、高い自己管理能力もSOHOでは問われてくるでしょう。
SOHOは自宅が職場になるようなものですが、始め方として特別な工事が必要になる事はありません。
普段生活している環境でも、多少ごちゃごちゃするかもしれませんが業務は可能です。
それ以外に必要となってくるものは、SOHOとしてではなく業務形態として違ってくるため個別に確認していく方が早いでしょう。
気になるSOHOにおける作業時間に関しては、慣れない頃は時給換算で不満を感じるかもしれませんが慣れてくると結構な違いが出ます。
昼間でも夜でも、自分の好きなタイミングで仕事できるのがSOHOです。
SOHOをしていく上で不都合がないか、速度は十分に出ているかをチェックしておくと良いでしょう。
単純な作業が多いSOHOですが、単純だからこそ経験によって時間短縮を目指して効率化を目指したいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。