時間外労働

時間外労働
Aさんは要領よく仕事をするのが得意なため1日8時間の定時労働で目標を達成することができる。これを労働基準監督署に持ち込めば会社側が不利な立場に追いやられるが、現実問題としてサービス残業がまったく無い会社というのは、おそらく存在しないのではないだろうか。

その反面、企業が消費者に対して提供するサービス時間帯は次第に長くなる傾向にあり、土日や深夜でも営業することが求められるようになっている。また金融やIT、情報分野の企業では24時間対応で業務を進めていかないと、マーケットの成長や変化に併走していくことができない。一方のBさんは仕事の効率が悪く、毎晩夜遅くまでかかってようやく目標を達成することができる。

どちらの主張が正しいのかという判定はケースバイケースで単純に白黒をつけることは難しいのだが、サービス残業の話がこじれても「では(会社側が)今後はキッチリと残業代を払うことにします」という結末に落ち着くことは少ない。会社が社員に対して合法的に時間外労働をさせると、非常に高いコストがかかってしまうのだ。

会社が社員の時間外労働をできるだけ削減しようとしている背景には、うつ病や自殺者の増加で労務管理上の規則が厳しくなってきたことや、顧客情報の漏洩対策などがあるが、じつはそれ以上に人件費の問題が大きい。従業員は「働いた時間分だけはしっかりと残業手当を付けてほしい」と訴えるが、経営者(会社側)は「もっと効率的に仕事をすれば定時の労働時間で十分に終えられるはず」という言い分だ。ではどちらの社員のほうが高い評価(高い報酬)を与えられるべきだろうか?経営者の視点からみれば、間違いなくAさんのほうに高い報酬を与えるべきだと考える。

成功の9ステップ

残業に対する報酬

残業に対する報酬
上司から同じ成果目標を課せられた二人の社員(AさんとBさん)がいるとしよう。夜遅くまで会社に残って自分の仕事をかたづける、いわゆる「サービス残業」は特に珍しいことではないが、労使の関係がこじれると「適正な残業手当を支払ってもらっていない」と会社側に社員がクレームを付けるトラブルが頻発している。

残業に対する報酬(残業手当)の議論では、従業員と経営者では当然ながら言い分が異なる。その根底には、こんな考え方があるためだ。それなら、Aさんもわざと仕事を遅らせて残業代を稼ごうとするかもしれない。そこで社員に残業をさせる代わりに、深夜や休日の仕事を専門に請け負うビジネスが急成長している。

普通のサラリーマンが寝ている時間帯に働くのは、主に自営業者やフリーランスだが、そこには企業が残業問題を解消できる抜け道が存在している。昔の会社なら、成績不振の社員に対して「人の二倍、三倍努力して働け!」と叱咤激励したものだが、いまでは「限られた時間内で高い成果を上げろ!」という高度な目標設定に変化している。

しかし労働時間(定時+残業時間)から算定するとBさんへの報酬のほうが高くなってしまう。つまり社員に対する報酬額(給与額)の決め方において「労働時間数」という物差しでは、現代のビジネス環境と釣り合いが取りにくくなっている。これは作業の効率化を追求したい企業にとっては大きな矛盾だ。最近よく聞かれるようになったのがサラリーマンの残業についての会社とのトラブルである。

願望達成のメカニズム

神様のテスト

ビジネスの成功法則だけでなく、ものの考え方は最初が肝心です。最初に「不完璧だ」という思いを育ててしまうと、その人間は不完璧さを育ててしまうのです。人は、今、この時点で「完璧だ」、「豊かだ」と思うと、豊かさが育っていくのです。最初に貧しい心を植え付けられてしまうと、貧しい心が大きくなってしまうのです。ひがみ根性を持ってしまった人は、ひがみ根性が育ってしまうのです。ですから、あなたは不完璧さを育ててはいけません。今のあなたの、あるがままに感謝しなくてはならないのです

「私は幸せだな。住む家もあるし、食べるものもある、私は今四畳半の生活をしているけれど、外国では食べるものがなくて困っている人がたくさんいる。それと比べたら私はなんて幸せなんだろう」と思わなくてはいけません。

あれもこれも欲しがっているうちは、心が貧しいのです。ものが欲しくなるのは、「あれが欲しい、これが欲しい」と言っている貧しさの波動が出ているからなのです。この貧しさをそのまま育てていくと、大変なことになります。豊かさを育てるもの、その最初の1歩が「困ったことは起こらない」という考え方なのです。

この考え方ができるようになってくると、今度は神様はあなたの心がどれぐらい豊かになったかをテストします。そのテストとは、こんなテストです。

まずあなたの周りに何かに成功した人が現れます。あなたの周りの人間が、宝くじに当たったり、親から財産をゆずり受けたり、出世したりするのです。そのとき、あなたはその人に対して、「よかったね」と一言を言ってあげることができますか。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

保険料を半額にする

病気で伏せって、心まで伏せってしまっている人は気の毒です。でも病気の人は被害者ではありません。もっと気の毒な人がいるのです。しかも、気の毒なことに、その人は、自分が被害者だということを知りません。その人とは健康な人のことです。

健康な人は、毎日ウォーキングをしたり、食事に気を使ったりして、健康管理をしています。そして、働いて得た給料の中から毎月保険料を支払って、日本国民の医療費を支えているのです。その一方で、病気の人はというと、家の中に閉じこもっているだけで「私は病気だ。かわいそうな人間なんだ」と言っている。言っているだけならまだしも、どんどん医療費を使って、国の借金をどんどん増やしてしまっている。その穴埋めをするのは誰ですか。健康で、働いている人です。じゃあ、かわいそうなのは誰ですか自分では使いもしない医療費を稼ぐために、一生懸命働いている健康な人です。

私は、この世の中に健康な人が一人でも増えるためには、保険料を安くすべきだと思います。今、医療費は年間で約25兆円もかかっています。平均すると、年間1人頭20万円かかっているのです。だったら、健康で、1年間1度も保険を使ったことがないという人に半額でもいいから返してあげるのです。健康ならば10万円のお金がもらえる、ということになれば、みんな必死になって健康管理をして、健康になっていくはずです。

病院に行って薬をもらうより、おのお金で温泉にでも行ったほうがもっと健康になるのです。でも、一番大切なことは病人は病人で完璧だと考えること。病気の人は不完全な人間ではありません。だからかんがえるのです。「病人の私にできることは何だろう」と。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

ミカンはミカン

子供成績が悪いというだけで、なぜか人は「勉強ができないと、社会に出たらやっていけない」と思ってしまいます。でも、どうして成績が悪くて困ることがあるのでしょうか。「勉強が出来ないから社会にでたらやっていけない」のではありません。大人たちが「やっていけない」ようにしているだけなのです。

だから「せめて高校だけは卒業して欲しい」とか「今の時代だから大学を出ていないと困る」などと考えずに子供の成績に応じて対応することが大切なのです。「おまえは学校向きじゃないけど、きっと社会に出たらすごくよくなるよ」という育て方をすべきなのです。

子供は親からそう言われると、手先が器用ならば「じゃあ、大工にでもなろうかな」と考えます。そして、人が住む家を1軒造れるぐらい1人前になれば、ヘタな企業の部長さんより、お金を稼ぐようになるのです。

ミカンは果実です。デザートには向いていますが、主食にはなりません。そんなミカンに「おまえは主食になれ」と言ったところで、ミカンは主食になることはできません。ミカンは「自分に欠陥があるのではないか」と悩むだけです。

ミカンはミカン、そのままで完璧なのです。勉強のできる子供も、できない子供もそのままの姿で完璧なのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

神の法則

ビジネスの成功法則をつかむことの出来ない人の多くは、出来ないことを望まないことですね。成功した方法をいつまでたっても探すのではなく、「宇宙の摂理」を知ることです。ビジネスの成功法則でいうところの「宇宙の摂理」とは決して難しいものではありません。ただ神様の意思に耳を傾けるだけで良いのです。

少し「宇宙の摂理」について説明しますと、この世だけでなくあの世と呼ばれる世界を創造したものが必ずあるはずです。人間の起源や、宇宙の起源を考えたときに行き着く先は絶対的な創造主に行き着くのです。ビジネスの成功法則の話をするのに、別に宗教的な話を持ち出すツモリは毛頭ありませんでしたが、絶対的な存在があることを今の段階では信じてください。

ビジネスの成功法則を本気に知りたいのであれば避けて通ることができないからです。別に寄付やお賽銭は必要ありませんので、とにかくこの宇宙をそしてきっとあの世も作ったであろう創造主の存在を頭で信じるのではなく、体でそして腹の底から信じてください。
これから先にビジネスの成功法則を作ったのは私でもなく、有名な経済学者でもなく創造主であり、今後は神様と書かせていただきます。

神様が創った宇宙の摂理に従って行動すれば、人間はだれでも幸せになり、成功者になれるのです。なぜなら、神様は自ら創ったものを、自らの手で困らせることは絶対にないからです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。