自分を信じるということ

自分を信じるということ
たとえば、松坂大輔選手がメジャーリーグに行くことができたのは、運が良かったからでしょうか。彼はレッドソックスへの入団が決まったときのインタビューで、こう答えていました。「夢という言葉は好きではない。夢は見るものでかなわぬもの。ここで投げられると信じてきたから、ここに来られた」

強く信じる想いが努力を促し、その努力が運を引き寄せたのだと思います。「絶対に合格する」「絶対にタイムをあと1秒縮める」そんな自分の成長を信じられるからこそ、努力をいとわないのだと思います。

私も自分の成長を信じています。だからこそ、本代で月5万円以上使っても、経営者との会食で10万円以上使ってももったいないとは思わないし、事業で1千万円以上使って損失になってもへこたれないのです。



人間的魅力が運を引き寄せる
私にとっての「運」とは、人がもらたらしてくれるようです。今までも自分の転換点は、人との出会いが大きく作用してきました。

最近、「自分の人生を大切にする」という言葉は、「人生の中でめぐり会った人を大切にする」、ということと同義ではないかと思うようになりました。自分を甘やかし、自分だけを大切にしてかわいがっても、周囲の人から疎まれ誰も相手にしてくれなかったら、そんな悲しいことはありません。

自分が相手を嫌うと、ほぼ100%相手からも嫌われますが、自分が相手を好きになると、かなり高い確率で相手も自分のことを好きになってくれます。自分のことを好きになってくれる人たちに囲まれた人生って、とても素晴らしいことだと思います。だから、出会った相手を大切にするということは、自分の人生を大切にするということなのだと思うのです。

そこでたとえば、悪いことが起これば「自分の責任です」と言い、いいことが起これば「みなさんのおかげです」と言える心の余裕を持つことも必要なのではないでしょうか。



選択を変えれば運気も変わる
私たちの人生は選択の連続です。例えばどの学校に行くか、どの会社に勤めるか、恋人や配偶者を選ぶといった大きな選択から、通勤経路や何を食べるかといったことまで、私たちは日々「選択する」という行為を行っています。

そしてその選択はほぼ、自分の自由です。つまり今の自分の姿は、自分が選んできたことの結果に他なりません。であれば、その「選択」をちょっと変えるだけで、自分の人生も変わるかもしれないということです。

たとえば、今の恋人(あるいは奥様、旦那様)と出会ったきっかけは何だったでしょうか。もしそこに出かけなければ、もしあの時声をかけなければ、その出会いはなかったかもしれません。

「いつもの自分ならコレを選ぶけど、今回はあえてコッチを選んでみよう」という意識が、今までとは違った結論を自分にもたらしてくれるでしょう。

間接金融から直接金融へのメリット
胃潰瘍 食事|症状|治療

ソリューションセールスに必要なスキルとは?

ソリューションセールスと似たような言葉で「コンサルティング営業」という言葉がある通り、実はこのスタイルのセールスに必要となるスキルは、コンサルティングで使うスキルと全く同じです。これまで、あまりセールス経験がない私自身が、今何とかセールスが出来ているのも、コンサルタント時代と実は使っているスキルが同じだからに他なりません。

ソリューションセールスを行う上で、重要なスキルは3つであると考えています。1つ目は「インタビュースキル」。2つ目は「問題解決力」。そして3つ目は「提案力」です。

1つ目の「インタビュースキル」とは、まずは顧客に十分ヒアリングを行って、必要な情報を引き出すというスキルです。これが出来ないと、いつまで経っても問題がどこにあるかもわかりませんし、相手が何を望んでいるのかもわかりません。

2つ目の「問題解決力」とは、情報に基づき、「どこに問題があり、その原因はなぜで、だからどんな対策が必要になるのか」を考える、一連の思考方法です。これが出来ていないと、「対策ありき」の提案になってしまい、なぜその対策が必要なのかをうまく相手に説得することが出来ません。

最後の3つ目の「提案力」とは、きちんと言いたいことを相手に伝える能力です。万全なヒアリングを行い、裏付けのある解決策を構築したとしても、きちんと相手に伝えられなければ意味がありません。提案力とは、単に話すだけのスキルに留まらず、言いたいことをきちんと「紙に落とす」スキルも含んでいます。なぜならば提案の場で決裁が得られるという事はまずなく、通常は提案書や資料などとして社内に持ち帰って検討されるからです。



さらに基礎となるロジカルシンキング・ライティング
最後に、これら3つの能力をさらに支える基礎力として、ロジカルシンキング・ライティングがあります。

人の話を聞いたり、問題の解決策を考えたりする際には、自分が知りたいことの体系はどうなっていて、どこがわかっていて、どこがわかっていないのか……などを自分の頭の中でロジカルに整理しておかなければなりません。

また、提案を行う上でも、自分の言いたいことが、まずは相手にきちんと伝わるわかりやすい文章になっていなければなりません。その上で、資料を用意する場合も、誰が見ても誤解しないような、わかりやすい図表になっている必要があります。

最近よく耳にするロジカルシンキングやライティング。セールスを始め、皆さんのお仕事にもぜひ役立てて下さい!

倒産速報 倒産・廃業・閉店

継続的に利用して頂ける、最も理想的なセグメント

一度限り

ふっかけるのは長期的に見れば大きなプラスにはならない
いわゆる「一度限り」の高価なお付き合いのスタイルです。

このスタイルは「ボッタクリ」とも思われがちなのですが、たまにこのスタイルで成り立っているビジネスがあります。それは以下の3つの条件を兼ね備えているようなビジネスです。

1) 顧客はそのサービス利用が初めての素人
2) めでたい/悲しい/緊急事態/などで、財布の紐がゆるい
2) 顧客間での事前・事後のコミュニケーションが弱い

具体的にどんなビジネスとは言いませんが、幾つか思い当たるものがありますよね。どのみち顧客がリピーターになり得ず、顧客の絶対数が少ない場合には、このスタイルで行かざるを得ない訳です。

しかし、リピートがねらえるビジネスの場合は、このスタイルは避けた方が無難です。というのも、このスタイルでは一時的に「ふっかけて」利益率を高める事はできますが、顧客から繰り返し利用してはもらえないでしょうから、長期的に見れば大きなプラスにはならないからです。



ソリューション
「ソリューション」型ですが、このスタイルは利益率が高く、継続的に利用して頂ける、最も理想的なセグメントです。

このスタイルでは、顧客が抱える問題点を解決する製品・サービスを提供するという付加価値が存在するため、それにふさわしい高いお代を頂くことが可能となります。また、顧客は解決策について話を聞こうとするので、継続性も高くなる訳です。

「一時の安売り」型のスタイル

一時の安売り

「最初の取っ掛かり」を得ておくことは、非常に大切
「一時の安売り」型のスタイルですが、わかりやすい例で言えば、スーパーやドラッグストアのタイムセールのような、客寄せのための割引セールのイメージです。

このセールススタイルでは、一時的には顧客は集まってきて、売上げは立ちますが、薄利多売で利益率が低く、労力の割に報われないために、このスタイルを継続していくことは困難です。

では、このセールススタイルはまったくダメなのかというと、そうではありません。大事なのは、「最初にこのスタイルを取る」のか、「最後がこのスタイルになるのか」という点です。

「最初にこのスタイルを取る」のは、非常に有効的な方法です。なぜなら「一度利用したことがある」のと「初めて利用する」のでは、相手の心理的な抵抗が大きく違うので、一時の安売りであれ「最初の取っ掛かり」を得ておくことは、非常に大切なことだからです。

しかし「最後がこのスタイルになる」のはなるべく避けたい所です。「在庫一掃セール」を想像して頂ければすぐにわかりますね。下手をすれば、手間がかかって利益にならない上に、かえってブランドイメージを損なってしまい、全く良いことがなかったりします。

このセールススタイルを取る場合は、それが「最初なのか、最後なのか」に注意しましょう。



ご用聞き
次に「ご用聞きセールス」スタイルですが、これはその名のとおり顧客の要望を聞くスタイルなので、セールスの継続性は長くなります。

ただ、ここはあくまで「ご用聞き」、つまり「顧客の言う通りに買い物の手伝いをする」という価値しかありませんので、顧客が考える以上の何かを提供して、より高いお代を頂くということは困難です。

ある上場企業の経営者のかたから、昔、こんな話を聞いた記憶があります。「顧客視点に立つというのと、顧客に言われた通りのことをするというのは、違う。顧客に言われた通りのことをしていたら、最後はタダで商品を持って来いと言われるぞ」

これは「ご用聞き」の本質を上手く言い表している言葉だと思います。ご用聞きスタイルは、顧客の声を長期的に集められるというメリットはありますが、薄利である以上、継続していくのはなかなか厳しいスタイルなのです。

「ご用聞き」は、あくまでも「いつかプラスアルファの価値を提供するための、下積み期間」という位置付けで、通過点としてとらえるのが良いのではないかと考えています。


CSオートディーラー越谷店 CSオートディーラー越谷店で中古車を購入しました
テールランプ LEDを使ったテールランプ
グーバイク
自動車修理
オープンカー 素敵なオープンカー
イギリス車 本当のイギリス車らしさ
タイヤ交換
自動車解体
自動車ドレスアップ
ホンダクロスロード
日産 日産の中古車
ジョイフルホンダ 品揃えのジョイフル本田
スバルR2 スバルR2レポート
トヨタ株価 「トヨタ株価」人気の秘密
中古車販売
ドイツ車 頑丈なドイツ車
XJR1300 ヤマハXJR1300
ラジエーター ラジエーターの点検
ガソリン税の行方は
ランクルはトヨタランドクルーザーの愛称

セールスにも活きるビジネススキル

セールスにも活きるビジネススキル
思った以上にたいへんな「セールス」

「セールス」は想像以上にたいへん
みなさんは、「セールス」活動をしたことがありますか?

私は昨年の2月から会社を立ち上げ、代表をやっていますが、数ある仕事の中でも「セールス」は想像以上にたいへんです。

企業活動の根幹にあるのは「お客様に製品やサービスを利用してもらいお金を頂く」ということです。そして「セールス」というのは、その入り口にある最も重要でたいへんな仕事です。

私自身が「セールス」に真剣に取り組むようになったのは会社を立ち上げてからでした。立ち上げ当初はブランドも実績もないため苦労しましたが、そんな中で考えた「セールス」のスタイルや、そこで必要となるビジネススキルについて今日はご紹介したいと思います。



セールススタイルのマトリクス
<セールススタイルのマトリクス>

縦軸に「顧客の継続性」、横軸に「自社の利益率」をとったセールスのマトリクス区分

世の中のセールススタイルを、縦軸に「顧客の継続性」、横軸に「自社の利益率」という2つの軸をとって、マトリクスで区分してみましょう。

左下に来るのは「継続性がなく、利益率も低い」。いわば「一時の安売り」型のセールスです。左上に来るのは「継続するが、利益率が低い」。これは「ご用聞き」スタイルというイメージでしょうか。右下に来るのは「継続しないが、利益率は高い」。「一度限り」の高価なお付き合いです。最後に右上に来るのは「継続して、利益率も高い」。いわゆる「ソリューション」型のセールスで、セールスはこのスタイルで行うのが理想的です。



もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー キーワード編
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー 総合編
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー 記事編
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー 検索エンジン
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー タイトルタグ編
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー メタタグ編
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー リンク編
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー ブログ編
もっとアクセスアップ 無料SEOセミナー 資料編
SEO対策 超簡単なSEO対策
有料情報商材 作成と販売の極意
グーグルアドセンスの基本的テクニック
ネットビジネス なぜネットビジネスで稼げていないのか
有料情報商材 画期的な有料情報商材
楽天 楽天はアフィリエイト天国
楽天 楽天アフィリエイトの売上法則
SEO対策 SEO対策の重要点
グーグルアドセンス グーグルアドセンスを効率よく稼ぐ方法
ネットビジネス ネットビジネスの王道
アフィリエイター 一流のアフィリエイターを目指そう
稼げない人には 稼げない理由があります
MIXI MIXIを使って稼ぐ方法
ブログ ブログの差別化とアクセスアップ
クリック率 クリック率を飛躍的にアップさせる方法
メルマガ メルマガでアフィリエイト
アフィリエイト アフィリエイトの注意点
情報商材の落とし穴 情報商材の落とし穴に注意を!
メルマガ メルマガと読者の属性
ネットビジネス ネットビジネスを始める前に
ネットビジネスで差別化できる特典の作り方
情報商材 情報商材の魅力的な紹介方法
ネットビジネスで成功する基本条件
アフィリエイトでの良い記事の書き方とは
ネットビジネスで稼げない理由です
アフィリエイトの記事はラブレター
mixiで稼げる方法
mixiでネットビジネスの開業準備
アフィリエイト アフィリエイトでこれだけは知ってほしい
グーグルアドセンスで稼ぐために注意したいこと
アドセンス 稼ぎやすいグーグルアドセンス
メルマガアフィリエイト 注目のメルマガアフィリエイト
グーグルアドセンスの基礎知識
アフィリエイト ライバルサイトの調べ方
情報商材のアフィリエイトはマインドで
アフィリエイト 楽しく稼ぐアフィリエイト
ビジネスの成功法則
転職 転職成功の秘訣


こんな「半人前」はダメ!

こんな「半人前」はダメ!

お客様や取引先の人の前では、「私は一人前のビジネスパーソンです」という姿勢で
ただし、半人前意識を持つときには、絶対に忘れてはならない、非常に重要な注意点があります。その注意点とは、

「半人前だと思うのは、自分の心の中だけ!」

ということです。

どんなに自分のことを半人前だと思っていても、お客様や取引先の人の前では、「私は一人前のビジネスパーソンです」という姿勢で振舞いましょう。なぜなら、たとえあなたが新人でも、入社数年の若者でも、異動したばかりでよく仕事内容がわかっていないとしても、そんなことは外部の人から見れば「関係ない」ことなのです。外部の人からは、「新人さん」ではなく、「○○社(あなたの会社)の代表」と見られていることを、決して忘れてはいけません。

これを忘れてしまうと、「ダメな半人前」になってしまいます。ダメな半人前とは、自分の経験が浅いことや、自分の知識不足を「言い訳」にして、いつまでも半人前の地位に甘んじてしまう人のことです。

「『自分は半人前だから』失敗してもしょうがない」
「『自分は半人前だから』完璧にできなくても、上司がフォローしてくれるだろう」
「『自分は半人前だから』許してもらえるだろう」

こんな態度でビジネスに臨んでいるようでは、周囲からの信頼は勝ち取れませんね。あなたの周りでも、「新人なのですみません」と、自分で言ってしまう人はいませんか? もし、あなた自身も、よく口にしてしまっているなら、今日からやめましょう!

良い半人前とダメな半人前の違い、わかりましたか? 正しく半人前意識をもって、楽しく学びあるビジネスライフを過ごしてくださいね。



ビデオカメラの選び方

未完成の強み!半人前のススメとは?

半人前のススメ

まだまだ自分は半人前だな……
こんにちは。新入社員の方は、入社してそろそろ4ヶ月たちますね。もう仕事には慣れましたか? 後輩が入社してきて、初めて部下をもった方、これまでとの仕事の違いに戸惑っていませんか?

新しいことにチャレンジする時には、誰でも不安になるものです。ちょっとした失敗で、「まだまだ自分は半人前だな……」と感じて、落ち込むこともあるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。半人前というのは、決して悪いことばかりではないんですよ。今日は「半人前のススメ」について、お話します。



最近よく見かける「一人前になったつもり」症候群
最近、就職して2〜3年で転職する人が増えているようです。私の周りにも、転職相談を持ちかけてくる若者が多いのですが、彼らは口をそろえてこう言います。

「今の職場で学ぶことは、もう何もない。」

でも、ちょっと待ってください。本当にそうなのでしょうか? たった2〜3年働いただけで、学ぶことがなくなってしまうなんて、本当にあり得るのでしょうか?

私個人的には、本気で「もう学ぶことが何もない」と思っている人は、自分で自身の成長機会を見つけることができない人なんだな、と思ってしまいます。
若手社員に求められる仕事が一通りできるようになって、一定の成果も出しているという現状に満足してしまい、周りが見えなくなってしまっているのではないでしょうか。

しかし、求められる仕事が一通りできるようになる、というのは、仕事の「スタート地点」に立ったに過ぎません。そこから初めて、もっとレベルの高い仕事にチャレンジしたり、自分の仕事の「技」を磨くというステージに上がることができるのです。

上のステージがあるということは、まだまだ学ぶことが山ほどあるということです。仕事で一人前になるのは、そのステージの、そのまたずっと先のことでしょう。



半人前のススメ
このような、一人前になったつもり症候群に陥らないようにするには、どうすればよいのでしょうか? 私がおすすめする方法は、「正しく半人前意識を持つこと」です。

半人前と聞くと、みなさんはどんなイメージを持ちますか? 一人前じゃない、未熟、恥ずかしい、格好悪い……一般的には、あまりいいイメージではないですね。しかし、ビジネスにおいては「半人前だからこその強み」も存在します。一見悪いイメージの「半人前」ですが、正しく半人前意識を持つことで、自分を大きく成長させることもできるのです。

お金のない人はお金を使う、お金のある人は稼ぎたがる

お金のない人はお金を使う、お金のある人は稼ぎたがる
成績が悪い人は、もっと勉強をすればいいのに、勉強をしない。
お金のない人は、もっと働けばいいのに、お金を使うことばかりを考える。逆に、お金を持っている人は、お金を使うことを考えればいいのに、なぜかお金を儲けることばかり考える。

どうしてなのか。成績が悪い人、お金がない人は、自分に自信がない。自分のことを欠陥人間だと思っているからだ。頭がよくなりたい、お金も持ちになりたいと口にしていながらも、実はそれらを真剣に望んでいない。だから勉強できない、働けない、行動できない。

自分の欲を実現するために、考える、行動する、心を豊かにしようとする人の心は、常に上昇志向です。小さなきかっけが欲に変わり、欲が現在を変え、人を成功に導いていくのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

説得しない営業

説得しない営業
ネットビジネスでよく言われていることに、「売り込まない、なんだろうとついクリックしてみたくなる仕掛けつくり」があります。ビジネスでも同様ですね。営業とは売ることが仕事ですが。売るために「説得する」ことではありません。人は他人から押し付けられることを嫌がります。言葉で言えば「説得する必要のない客」を見極めることですね。

売るのではなく、買いたい人の前にそっと商品を差し出すだけで終了です。「買いたい人を探すのが大変なんだ」という声が聞こえてきそうですが、本当は決して難しくありません。業種や業態や価格帯によって全く同じとは言いませんが、一般的には資料請求後に「いますぐ買う人」は2〜5%程度。「そのうち買う」という見込み客は10〜20%いるのです。

ビジネスで良い結果を出している営業マンになるためには「いますぐ買う客」を見極めることですね。そして「いますぐ買う客」に時間を優先的に使うようにすることです。単に話だけを聞いておくという人に時間をさいているとあなたの営業時間が犠牲になるのです。

営業とは売ることではなく「いますぐ欲しい人」を探すことなのですね。アンケートや資料請求などのツールを上手く使って「いますぐ欲しい人」を探す練習を「いますぐ」やってください。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

肯定の金太郎飴になりなさい

あなたの考え方が肯定的になってくると、あなたの口から出てくる言葉が変わってきます。すると、あなたの運勢も変わってきます。口から出る言葉はあなたの波動そのものです。心の中にあるものがあふれ出てくるのが言葉です。だから、つい口から出た言葉も、あなた自身のものなのです。「あんな意地悪なこと言ったけど、根はいい人なのよ・・・・」と人は言いますが、その言葉は根が意地悪な性格をしているから出たのです。

オレンジを絞れば、オレンジの汁が出ます。オレンジを絞ったのに、グレープフルーツや梅の汁は出てきません。根がいい人からは、意地悪な言葉はでてきません。意地の悪い人からは意地の悪い言葉が、妬んでばかりいる人の口からは妬みの言葉が出てくるのです。言葉は金太郎飴のようなものです。肯定的な人は、どこを切っても肯定的、どんなときも肯定的な言葉が出てきます。逆に否定的な人はどこを切っても否定的です。

たとえば「あなたは、今日顔色が青いよ」と言われたとします。そう言われると、否定的な人は、どこか病気でもあるんじゃないかとビクビクします。でも肯定的な人は「私は、ちょっと顔色が悪いくらいのほうが調子がいいのよ」なんて答えるでしょう。神様は、あなたがどんなときに肯定的なことを言うか、どんなときに否定的なことを言うか、ずっと眺めています。あなたが正しい受け答えが出来るかどうか試しています。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

素直な人

人は失敗すると、よく「私には才能がないんだ」とか、「実力が足りないんだ」とか言います。でも成功は才能でも、実力でもないのです。問題なのは、実力がない人ほど、頑固で、プライドが高いこと。幸せになりたい、豊かになりたい、成功したいと思うなら、その頑固さ、プライドの高さを捨ててごらんなさい。そして、真剣に物事に取り組んでいれば実力はついてくるものです。もっと素直になって、人の言うことに耳を傾けるようになったら、あなたは絶対によくなっていきます。

素直な心、豊かな心と言うと、あなたは「誰からも好かれる人格者にならなければいけないのか」と考えるかもしれません。でも、あなたは誰からも好かれる人格者になろうとか、みんなの模範になろうとかという努力をする必要はありません。

そもそも、人格者とはどんな人のことを言うのか、人格者であることがどんなに尊いことなのか、人格者であることがどれほど人を幸せにすることなのか、それ自体が私にはさっぱり分かりません。

人は他人から嫌われることを嫌がります。人から好かれようと努力します。でも、自分のことを嫌っている人間に好かれようとすることは、自分を変えるか、そうでなければ、相手を変えようとすることです。そんなことをするから、お互いがおかしくなってしまうのです。人間関係も、そして日常生活までもが、うまくいかなくなってしまうのです。

人とうまくやっていくときに大切なのは、あなたが「このままのこの人をどうやったら、好きになれるか」と考えることです。相手を変えることでも、あなた自身を変えることでもないのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

過ちは認めること

神様は映画監督のようなものです。映画監督が「おまえは、百姓の通行人をやれ」と言ったら、あなたはつべこべ言わずにその役をこなすのです。どんな百姓の娘か、うんと貧乏な百姓の娘か、庄屋の娘かを考えるのです。貧乏な百姓の娘だったら、どうしたら最高に貧乏な百姓の娘らしくなれるか、庄屋の娘だったら、どうやったら最高に庄屋の娘らしくなれるかを考えるのです。そして一生懸命に歩くのです。

どんな役であっても、一生懸命に通行人を演じていれば、そのうちひと言、ふた言でも台詞がもらえるようになります。たったひと言、ふた言でも、その台詞を一生懸命にやっていれば、いつかはもう少しましな役もくるのです。与えられた役を一生懸命にやるのです。

子供や夫、妻、家族、周りに振り回されていると思うから、腹が立つのです。会社の社長に使われていると思うから、残業もイヤイヤやって、成果があがらないのです。「この世は、自分以外は幻なんだ。神様が全部指示を出している」、そう思うのです。その指示に従って、一生懸命やってさえいれば、神様はあなたにもっといい舞台衣装をくれるのです。

何事も最初が一番大変です。でもやっているうちに段々とコツがつかめて、どんどん楽になってきます。もしどんどん悪くなっていくとしたら、それはやり方が間違っているだけなのです。神様は誰もいじめようとはしていません。でもうまくいかないときは、それは神様が「やり方が間違っているよ」と教えてくれているだけなのです。

やり方が間違っているのに、そのやり方を変えようとしない人は、自分の過ちを認めたくないのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

神様は不公平をしない

神様からテスト受けたときに、神様が望む答えをした場合にはあなたはテストに合格して、さらにその上のレベルに上がれます。ただし、レベルが上になればなるほど、神様のテストは難しくなっていきます。レベルが上がればなるほど、成功したことに対して「よかったね」とは言いがたい人間をあなたの目の前に登場させ、そして成功させるのです。

たとえば同級生の中で一番出来の悪かった人間が親に家を建ててもらったとします。あなたはこの人に、嫌味でなくて、心から「よかったね」ということができますか。「家一軒を建ててもらえるぐらい、いいとこの家に生まれたのも、きっと前世でいいことをしてきたからなんだよ。人徳があるからなんだよ」って言えますか。これが言えるか言えないかで、あなたの豊かさが決まるのです。

レベルがもっと上になると、問題がもっと難しくなって、本当は自分がもらえるはずの財産を横取りされて、そのお金で家を建てたりして、とてもじゃないけれど「よかったね」とは言えない人間が現れます。こんな難しいテストをパスするには、とても困難なのですが、それでも「よかったね、もともとそっちに行く定めの財産だったんだよ」と正解を答えると、とてつもない高い点数がもらえるのです。

不公平のない神様は「この人にはこの財産がなくても大丈夫」と見込んでくれたからこそ、その財産を別の人に与えたのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

堂々と歩こう

ビジネスの成功法則というテーマから遠ざかっているように感じる人は読まなくて結構です。ビジネスの成功法則には人間性の向上が欠かせないから、この記事に限らず私はビジネスの成功法則について出来るだけ詳しく書いているつもりなのです。簡単に手に入るビジネスの成功法則があるとすれば、もっと世間に広まっていていいはずです。しかし詐欺的な情報ではなく、ビジネスの成功法則とは非常に基本的なものなのです。

人間は人に愛を与えるために生きています。自分から生きる楽しさを奪ってしまった人に、そんなことはできるはずがありません。イライラしている人は、他人にイライラしか与えません。ビクビクしている人は、他人にビクビクしか与えません。借金をして困っている人は、他人に「借金をして困った」ということしか与えません。

これを貰った人は気の毒です。イライラして、ビクビクして、「借金をして困った」になるってしまうからです。借金がある人、悩んでいる人、困っている人、病気の人であっても「借金を忘れ」「悩みを忘れ」「困ったことを忘れ」そして「病気であることを忘れて」堂々と胸を張って歩くことです。

あなたはあなた自身で完璧なのですから。「借金」「悩み」「困ったこと」「病気」などについて解決できる方法と解決する日時を決めて普通に日々を過ごせば良いだけのことです。決して難しい理屈や、難しい計算が出来なくても解決できるはずです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

悩みの解決方法を考える

ビジネスの成功法則を考えるのに、ひとつの例を出してみますね。

たとえば、学校の算数の問題で、「1+1=3」と書けば、先生はその答えにバツをつけます。当然ですね。この時点で間違いに気付いて、「1+1=2」と訂正すればいいのです。でも先生からバツをもらっても間違いに気付かい場合、先生はそれを気付かせるため「君、そこで立っていなさい」と命じます。それでも、まだ「1+1=3」と書けば「君、今度はバケツを持って、廊下に立っていなさい」ということになります。

ひとつの例えですが、あなたの苦労が続いているのは、このようなことなのですね。あなたは「自分は間違っていない」と言うかもしれませんが、でも同じ過ちを犯しているから、悲劇はどんどん大きくなり、続いていくのです。あなたが出した「1+1=3」という答えの間違いをあなた自身が気がつくまで神様は根気よく教えてくれるのです。高額な授業料をとる大学の教授だって、そんなことはしてくれません。
神様は無料であなたにビジネスの成功法則も教えてくれているのです。

悩み、苦しみが続くのは、問題の解決方法が間違っているからです。ビジネスの成功法則に限らず、子供のこと、夫婦のこと、将来のことなどで悩み、苦しんでいるかもしれません。でも、「困った、困った」と言っているだけで、なぜ、その悩みが解決できないのかを考えていないのではないでしょうか。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

人間性の向上

ビジネスの成功法則で一番迷うのは他の人から様々な意見や考え方を聞かされることではないでしょうか。ビジネスの成功法則では「迷う」ということも存在しないのですね。「迷う」と自然に困った状況に追い込まれてしまう場合が多いからです。

「困ったこと」を無視できる、また多くの人からの意見や考え方の流されることなく、あなたが楽しいと思えることをやり続けるだけで良いのです。またビジネスの成功法則では「信念をもって、楽しく継続すること」が最も近道であると考えています。あなたやあなたの周りの人が自分の魂を向上させることが出来なくて「困った。困った」と言い続けている人はいつまでたっても改善されることはないでしょうね。

目の前の困ったことというのは、前段階の魂の波動が起こしたものなのです。「困った現象を解決」するには、あなたの考え方を変えて、心を豊かにして、魂を向上させないと解決できないのです。ビジネスの成功法則は決して人間性を無視しては出来るものではありません。あなたが持つ人間性以上に成功を手に入れることは無理なのですね。

ビジネスの成功法則と聞けば何か特殊なことをして濡れ手で粟をつかむような気持になっているかも知れませんが、ビジネスの成功法則とは人間性の向上に他ならないのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。