こんにゃく業者が生み出した 人気ダイエット食品の開発秘話

ビジネスの成功法則です。今回もビジネスで成功した法則をお知らせします。ダイエットや健康をテーマにした報道が非常に多くなっていますね。バナナダイエットが報道されるとスーパーの店頭からバナナが消えたというニュースもありましたね。

しかし、現実には食品業界はジリ貧傾向で、食品本来の安全・安心の品質にプラスアルファの付加価値を付け加えないと生き残ることが難しくなっています。

そこで、ダイエットや健康をキーワードにして商品開発に力を入れて、魅力的な商品を販売しようとしています。

そんな中で、大阪市守口市の有限会社ウエダ食品では、こんにゃくを主原料にしたラーメンを作って販売したところ、麺のカロリーが15.4kcalというヘルシーさが人気となってテレビでも紹介されて、こんにゃくラーメンの評判は急上昇しているのです。

ダイエット食品としてこんにゃくラーメンを仕掛けた「有限会社ウエダ食品」はこんにゃくの卸業を行う従業員5名の家族経営の会社です。そんな有限会社ウエダ食品が生き残りをかけて作ったこんにゃくラーメンには次のような考え方があったのです。

 こんにゃく卸業の道をゼロから開拓
 スーパーマーケットの衰退で着目したダイエット市場
 製造業者との連携で生み出された痩身麺の開発秘話
 小規模だから実現できるオリジナル商品への着目
 分散化により生産能力を広げる製造拠点作り
 オリジナル商品の販路開拓と商品寿命の関係
 高級健康食品の流通構造と優劣の見極め方
 健康・ダイエットブームに相乗りした食材の差別化と販売戦略

口で言うのは易しいですが、消費者に喜ばれるこんにゃくラーメンを仕上げるには試行錯誤があったのです。でも、ビジネスの考え方としては素晴らしいものだと思います。ぜひあなたも付加価値をつけた商品を開拓してください。

墓石販売ビジネスのカラクリ

 販売不振で閉店した商業施設の跡地に建設工事の札が立ち、次は何ができるのかと期待していたら、なんと葬祭会館(斎場)だったという話が近頃では多い。それもそのはずで、昨年度に全国で行なわれた葬儀の数は約109万件で、これは結婚式(約73万件)よりもはるかに多い数である。近年では結婚式場よりも斎場に対する需要のほうが多いわけで、その傾向はこれから更に急ピッチで拡大していくことになる。ところが斎場の開発計画は近隣住民からの反対も強いため、かなりデリケートな問題になり、マンション建設以上の気遣いが求められる。そこで斎場開発の専門ノウハウを持つデベロッパー業者への依頼が葬儀社などから相次いでいるという。

斎場に限らず、お墓に関しても同じことがいえる。1960年頃から核家族化が進んだ日本では「お墓をまだ持っていない家」が非常に多いことから察すれば、これから亡くなる人の数が増えることで深刻な墓不足が起こることは決定的である。しかし葬式やお墓の問題というのは、普段から家族で話し合うことが少ないため、その時の準備が万全にできている家というのは少ない。

昔は子供が親を見送るものとして、親は「おまえに後のことは任せる」と託すのが普通だったため、子供はその時点で葬儀から墓守までの“後のこと”についてノウハウを学ぶ機会が与えられたものだ。しかし今は、親は遠くの実家に住み、子供たちは日々の忙しさに追われてそんな機会もないまま、いざ親の葬式の時には右往左往する羽目になる(このあたりの様子は故伊丹十三監督の映画『お葬式』で描かれていた)。だから業者の言いなりで葬儀に多額の費用をかけてしまうことになるのだが、じつはお墓に関しても似たような状況にある。住宅選びに賢さが求められている時代ではあるが、死後の住処選びに対してはまだまだ消費者の知識は浅いようだ。

そこでまず思い浮かぶのが、ネットで葬式や墓に関する情報を検索することだろう。業者もそれは想定済みで、霊園開発会社や石材業者、寺の住職までが“いらっしゃいませ”とばかりにホームページ上で様々な情報を提供している。数年前と比較すれば、この分野でもネットによる集客は飛躍的に進んでいるが、利用者の立場からすると、どの業者が信頼できるかがわからない。お墓の価格にしても土地と墓石を含めて2百万円以上するが、その金額が妥当なのか高いのか判断に迷うところ。この業界は“急な利用”が多いだけに、業者の言い値が通ってしまうというところが多分にあり、その内情がどうなっているのか語られることが少ない。もっと消費者寄りの立場でアドバイスしてくれる専門家が欲しいところだ。そこで調べてみると、死後のお世話をする専門家として起業することもできることに気付く。欧米ではそれが「死への準備とお世話=デスケアサービス」として成り立っている。


ポールスミスの長財布を愛妻に

レンタル家具ショップは儲かる商売か?

 「モノを扱う商売」として真っ先に思いつくのが小売業だろう。百貨店、スーパー、コンビニ、専門店、オンラインショップなど、店の形態に違いはあっても、これらすべては商品を売る小売業である。開業率をみても小売業は飲食業に次いで人気がある業種だ。しかし小売店経営者の中には「物を売るのが何よりも好きだから」という理由で起業したというよりも、「小売業なら自分でもできそうだ」「小売業ならそこそこ儲けられるのではないか?」という動機で始めた人も少なくない。「商売=物を売ること=小売業」という図式が常識として成り立ってきた歴史は古い。

ところが“モノ余りの時代”といわれる中で、純粋な小売業として本当に儲けている人をあまり見かけなくなっている。小売業の売上高から仕入原価や店舗家賃、人件費、広告費などを差し引いた営業利益として残るのは、わずか1〜3%というのが現在の平均値。これは一日に百万円の売り上げがある店でも、2〜3万円の利益にしかならないことを意味している。ネット販売も例外ではなく、実店舗の出店コストや家賃がかからない代わりに、商品の梱包作業や物流にコストがかかるオンラインショップでは、注文件数が増えるほど利益率が低下する性質があり、年商数十億円の規模になると物流部門の設備と人件費が重い負担となり、実店舗の小売企業よりも薄い利益率に陥るという悩みを抱えている。

そこで今からの起業であれば、「モノを扱う商売」をやるとしても、従来型の小売業の枠に収まることなく、新たな工夫で儲かる仕組みを再構築することが必要になる。その具体的なものとしては、ユニクロ(衣料)やABCマート(靴)のように、自ら商品を企画する製造小売りの業態で利益率を10%以上に高める方法もあるし、中古品を専門に扱うリサイクルショップを全国展開する企業も最近では増えている。しかし日本でまだ少ないのが、レンタルサービスを専門にする業者の存在だ。

CDやDVDのレンタルは既に生活に欠かせないサービスとして周知されているものの、それ以外の生活用品を消費者が必要とするときに“購入”ではなくて“レンタルする”という選択肢が用意されたショップが少ないことに気付く。たとえば1年間の条件で東京から大阪へ単身赴任するような場合、一人暮らし用の家財道具をすべて買い揃えるということは非常に不経済である。任期が明けて東京に戻る際には、大きな荷物を持って引っ越すにしても、捨てるにしても、馬鹿にならない費用がかかってしまう。それなら最初から家具や家電製品を購入するのではなくて、月々の使用料でレンタルできるサービスがあれば便利だろう。

米国では一人暮らしを始める際に「家財道具をレンタルする」という選択肢がごく一般的なものになっていて、家具や家電製品を長期レンタルする業者が急成長している。これは従来の小売店でもないし、リサイクルショップでもない新たな業態として注目されているものだが、その仕組みを調べていくと決して難しいことをやっているわけではなく、日本でも既存の小売業者がその方法を真似ることは可能である。ただし製品レンタル市場にはもう一つ奥の動きもあって、そこでは「モノの値段」や「新品と中古品」という区別さえ存在しておらず、あるのは「モノの使用料」だけである。それがどういうことなのかを理解することにより、リサイクル問題に配慮したエコビジネスともリンクした、新タイプのレンタルサービスが切り開ける。

名刺で信頼性を得るポイント

名刺で信頼性を得るポイント
ちょっとした出費ですが、確実にあなたの名刺、そしてやっていることの信頼度を上げるものなので、是非やってみてください。やはりドメインは自社のものを獲得し、オリジナルのメールアドレスを持つ事をすすめます。初めての人と会って名刺交換をさせていただくと、その名刺にあるメールアドレスにお礼をするということからお付き合いが始まることが多々あると思います。co.jpだと確実に会社登記された後のみ取得可能で費用も汎用Jpドメインより高く設定されています。特にあまり親しくない人へのコミュニケーションにはとても有効です。

うれしいことですが、年間交換させていただく名刺の枚数は恐らく1000枚以上。どんなポイントでどう変わるか? 名刺で信頼性をアップするポイントをまとめてみます。できる限り自社ドメインのメールアドレスを持とう今やメールはコミュニケーションの必須アイテム。そうです! 名刺一枚でその人の「やる気」や「信頼性」とは裏腹に、受け取る人たちはネガティブなイメージを持つことがあるのです。

ドメイン取得にはjpドメインなどで年間8000円程度で簡単に取得可能です。そんな時、メールアドレスを見て、フリーメールのアドレスだったり、フリーでなくてもプロバイダードメインのアドレスだったりすると、なんだか「この会社大丈夫?」と思ってしまう人が多いようです。また、自社ドメインを使ってメールサービスを手軽に始めるレンタルサーバーには年間5000円以上がかかります。名刺で信頼性を得るポイント名刺を渡すところから始まるビジネスがほとんど 起業すると多くの人と名刺交換をさせていただく機会が増えます。

「あれ?」とは、起業に本気さを感じさせにくいものや、いかにも起業したてということが伝わってくるものです。つまりco.jpドメインを持っていることは会社が登記されている状態の証明になります。このチャネルのガイドを担当させていただいていることと、自分の起業のステージの関係上、起業したて、またはこれから起業という人ととても多く名刺交換させていただきます。そんな皆さんの名刺を貰って、「あれ?」と思うものがあります。

美しいもの、楽しいものに焦点を

難病といわれる病気がありますよね。なぜ難病といわれるかというと、それは医者にも治せない病気だからです。だったら、病院に行っても治らないじゃないですか。病気で家に閉じこもっているのではなく、被害者づらするのでなく、そんなことをするより、胸を張って歩くのです。私が何を言いたいかというと、病気ばかりに目を向けていても、人生はよくならないということです。

人生は旅です。旅の中で、山と出会い、海辺で寄せては返す波とたわむれ、川のせせらぎに心洗われ、その土地の人の優しさに触れたりします。そんな旅の途中にも、道端に犬のクソを見る事だってあるでしょう。でも、旅の間中、ほんの一瞬見た犬のクソのことばかりを考えていて、楽しい旅ができるでしょうか。犬のクソがどんな色をしていて、どんな形で、どれくらいの大きさだったかということをこと細かに人に話をしても、誰も喜びません。人は、旅で見た美しい風景やおいしい料理、土地の人の話を聞きたいのです。

きれいな公園だって、ゴミ箱はあります。でもきれいな公園に行ったら、その美しさを見ればいいのです。ゴミ箱を見る必要はありません。病気のこと、嫌なことばかりに焦点をあてていたら、その人生は嫌な人生になってしまいます。

いやなことに焦点をあてるのではなく、楽しいことに焦点を当てるのです。そうすれば、人生が楽しくなる、心が豊かになる。その豊かな心で、誰かを幸せにすることもできるのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

人間は誰も困らないのです。

もし、困ったことで悩んでいる人があなたのところに相談に来たとしたら、あなたが一緒になって困ってはいけないのです。そうではなく「あなたは本当にそれで困るの?そんなことないよ。大丈夫、今までも乗り越えられてきたんだから。私はあなたのことを信じているからね。」と声をかけてあげるのです。一緒に悩んであげることよりも、この言葉のほうがどれくらい人の心を元気づけることか。

子供の将来について「心配だ、心配だ」とぼやいている親がたくさんいます。でも、よく考えてもてください。心配するということは、子供のことが信頼できないということなのです。親にも信じてもらえない人間が、はたして社会に出てうまくいくでしょうか。それよりも「私はあなたのことを信じているよ。大丈夫だよ。」親のこの一言が、子供を大きく伸ばすのです。

あなたは自分を完璧な人間だと思えますか。あなたはそのままで、完璧な人間です。もし、あなたが「自分を不完璧だ」と思っていたら、そんな考えは今すぐ捨てるのです。私達人間を作ったのは神様です。絶対なる存在の神様は、間違いはできません。その神様が人間を作ったのですから、欠陥人間などいるはずがないのです。

人間は、テスト問題で誤った答えをだすことはあります。でも、人間は完璧です。あなたは、今のままで完璧なのです。「じゃあ、未熟者ということはどういうことか」と思う人もいるでしょう。

未熟者については次回にお話しします。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

困るようなことは絶対に起こらない

ビジネスの成功法則は本当に簡単なのです。成功に導くものは決して才能でも、努力でも、苦労でもないとすると、一体ビジネスの成功法則とは何なんだということになります。ビジネスの成功法則の秘訣は、困ったことが起きたときに声を出して自分自身に問いただしてみてください。「私は本当に困っているのか」と。そして「私は本当は困っていない」と思えたとき、あなたは成功への道を一歩踏み出したことになるのです。

「災い転じて福をなす」とか「ピンチがチャンス」といわれますよね。ビジネスの成功法則はこの程度のことなのです。しかしあなたは「災い転じて福をなす」とか「ピンチがチャンス」を単に知っているというだけで、本当の意味が分かっていないのです。

例えば、一般的には収入にならないようなものに夢中になっている若者がいるとします。この若者が熱中していいるのはサーフィンです。親や兄弟は「困ったものだ」と思っていたのですね。しかし困るのはサーフィンに熱中している若者であって、親や兄弟は何が困るのでしょうかね。

ビジネスで成功法則をつかもうと思うのであれば、すべて自然の法則にあわせることなのです。サーフィンに熱中している若者を見たときに熱中できるものがあって良かったねと思うことなのです。「困ったことは起こらない」と考えたときにあなたはビジネスの成功法則をつかみ、現実が変化することを知って欲しいのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。