売る努力をしなくとも“買うこと”のみで成立する

 商売の基本は「商品を売ること」にあるが、現代の賢い消費者に対して物を売ることはなかなか難しい。たとえ売れたとしても、定価で買ってくれるほど生易しいわけではないため、小売業者の手元に残る利益は想像以上に薄い。

その一方で「商品を買い取ること」を専門とした業者が各分野で急成長している。一般の消費者から不要になった製品を買い取ることでビジネスを成立させている。消費者も不要な品物を現金化できるとあって、買取り業者の存在を歓迎している。これは従来の中古品販売店やリサイクルショップと同列に扱われがちだが「商品を売るための努力」をする必要のない業者は、広い店舗や広告宣伝に多額の経費をかけなくても済むため、小売店から買取り専門店へと転業する中古ショップも全国的に増えている。

巷でよく見かける例では「中古車の買取り専門業者」があるが、他の商材分野においても、今後は買取り専門サービスが成り立つ時代が到来しつつある。「買取り専門サービス」が成り立つカラクリは、消費者から安い価格で買い取った中古品を二次的な中古流通市場に出品することで現金化する仕組みである。“市場”というのは、商品を出品(出荷)すればその日の時価(取引値)ですぐに商品が現金化できる場所のことを意味する。

身近な例でいえば、農業生産者は収穫した作物を生鮮市場でセリにかけることで現金化しているために、生産者自身が「売るための努力」をする必要はない。実際の取引価格はその日の需給バランスによって成立する“時価”である。中古品においてもこれと同様に、売り手と買い手の仲介をする取引市場が成立している分野では、人気の高い中古品を上手に買付けることさえできれば、それをすぐに現金化することが可能だ。

好機を逃さない「運」に必要なもの

好機を逃さない「運」に必要なもの
誤った判断もした。確かにプランニングの詰めが甘かった。もちろん成功する方が望ましいですが、それに代えられない経験ができました。私はまた一つ、成長することができました。最初から想定外の出来事の連続で、思惑とは全く違った結果ばかりになってしまったのです。

コミュニケーションギャップも埋められなかった。最近私は、ある事業で大きな赤字を出してしまいました。「運がいい」というととっさに「宝くじに当たる」ということを思い浮かべるかもしれませんが、それを期待していては、きっとほとんどの人は人生を終えてしまいます。同じ光景を見ていても、行動する人としない人がいます。もちろん、多くの人に迷惑をかけましたし、周囲への説明では「運が悪かったね」と言われることもありましたが、私自身はむしろ「運が良かった」と思っています。

チャンスを見つける「問題意識」と、即断即決して飛び込む「心の準備」が必要だということですね。しかし、今までにない新たな人たちとの出会い、自分自身や社員の成長という意味では、大変意義のある出来事でした。例えばアメリカに行ったことのある人なら、もう10年も前からクリスピークリームドーナツを見ているでしょう。「チャンスとは、不可能という面をかぶっているものだ」と言われるように、パッと見ではチャンスとわからないのです。「運」は勝手にやってくるものではなく、自分で掴みにいくものです。

チャンスはリスクという面をかぶってやってくる私たちの目の前には、たくさんのチャンスが近づいては通り過ぎています。事業の損失を通じて得られたもの「運」とは、他人から見てどうこうではなく、自分で「運がいい」と思えるかどうかですから、「ものの見方」にも左右されます。個別の問題解決では稚拙なところが多々ありました。

できるだけ損をしない方法

できるだけ損をしない方法
「儲けることを考えている人」と「損しないことを考えている人」との勝負ならば、前者の欲に絡んだ判断ミスに乗じて後者が勝つというのは定番である。世の中のどこを探しても「必ず儲かる」という上手い話にはウラがあるもので、「自分はこの商売で○億円稼いだ」という人を信じて大切な自分のお金を託したところ、まったく期待はずれで大損したという話は枚挙にいとまがない。ギャンブルの中で「偶然の勝ち」を期待しているのは素人で、プロの域になると、まるで数学者のような確率理論で冷静な勝負をする。それをギャンブルの世界でみるとわかりやすい。

計算で「必ず儲かる方法」は導けないにしても、「できるだけ損をしない方法」なら探し当てることができる。だから「大きく儲けること」よりも「大きく損しないこと」のノウハウ作りに注視したほうが賢いという考え方である。初めて商売をするなら誰もが「儲かりそうな商売」を探すものだ。

商売で成功するには、自分の実力だけでなく条件やタイミングも左右されるため「必ず儲けること」はできないし、「大きな儲け」には大きなリスクがあることも彼らは知っている。これはビジネスの世界にも当てはまる戦い方である。それは彼らが「儲けることの達人」ではなく「損をしないことの達人」だからである。

競馬にしてもパチンコにしてもプロとして長年生業としている人はいるものだが、彼らのギャンブル哲学は至って冷静だ。大儲けできそうな商売ネタには多くの人が群がるというのは世の常だが、実際に大儲けしている人というのは数少ないし、そういう人は自分の儲け方を決して他人には語らないものである。その反面「本当に儲けている人」は、自ら派手なアピールをしたり、誇張された儲け話に乗ることもないだろう。

潜在能力開発法

綿密にゴールを決める

綿密にゴールを決める
しばらくの間誰にも邪魔されないような、居心地のいい場所をみつけよう。そして、十分な時間を確保しよう。これは人生で最も重要な行動になるからだ。まず、ノートにゴールを書くためのページを用意し、人生の主要6分野を見直す。すべての分野にゴールを定めるのを忘れないように。

自分の夢をもう一度確認してください。あなたの夢や抱負は非常に大切なものです。自分にとって一番重要なものを選んでください。とりあえず短期・中期のゴールから始めます。徐々に長期のゴールに近づいていこう。

ノートに、それぞれの部門ごとに短期のゴールをひとつかふたつ書く。間にスペースを空けておくのを忘れないように。それぞれのゴールの下に、なぜそのゴールを求めるのか理由を簡潔に書いておく。それは自分にとってどんな意味があるのか?そこに到達したら何が手に入るのだろうか?そのゴールを求める理由がたくさんあればあるほど、必要な行動を起こす可能性も高くなる。これを、短期・中期のゴール全てに対して行う。後になってからまたここに戻って、長期のゴールに対しても同じことを行う。

あなたにとってゴールがどんな意味がるのかを明確にすればするほど、実現の可能性は高くなってくるはずです。

とにかく行動を起こす

とにかく行動を起こす
多くの人が、人生をただ「状況を眺める」ことに費やしている。自分の行動を決めかねて、考え込んでばかりいる。だが、大きな成功を収めた人に共通する特徴をひとつあげるとすれば、それは素早く決心して、その決心をめったに変えないことだ。一方、うまくいっていない人は、決めるまでに長い時間をかけ、その決定をあっという間に変えてしまう。

もし、何かを決めなければならない場面に直面したら、事実を慎重に吟味し、決断し、すぐに行動を起こすようにしよう。ほとんどの場合において、とりあえず行動するほうが、ただ座って何かが起こるのを待っているよりもいい方法だ。

私もかつて、仕事に行き詰って途方に暮れたことがある。臆病になったこともある。混乱したこともある。独立して働いている人なら、私と同じような経験があるだろう。だが、とにかく行動を起こせば、可能性が開けてくる。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。

ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

あなたの行くところが光り輝く

あなたの行くところが光り輝く
街角の占い師に「今日はこの方角はよくないから、こっちの方角に行きなさい」と言われたとしても、そんなことは関係ありません。あなたの行く所が光り輝くのです。太陽はあなたなのです。人に照らされるようにするから、暗いところへは行きたくない、明るい所に行きたいと思うのです。あっちだ、こっちだと、右往左往しなくてはならないのです。

でも、あなたが住む場所を照らすのはあなた、相手に照らしてもらおうとするのではなく、あなた自身で、あなたの場所を照らすことです。相手のことなど、関係ありません。人間は、無限なまでにいろいろなことを学んでいます。その学びの中には、妬みとか、そねみとかいう時期があって、それがピラミッドみたいな階段になっているんです。

その階段を早く駆け上がることはできますが、一つひとつの階段を免除されることはありません。三段目が妬みを勉強する時期だとしたら、この時期を通り過ぎて次の段階に進むことはできないのです。でも、誰か忠告をしてくれる人がいて、半年や1年で妬むことを止めてしまうことはあります。それは、階段を早く駆け上がっただけのこと。そこの階段に止まっている人と、早く学び終えてしまう人がいるだけのことです。

今現在あなたの目の前にある階段を乗り越えなければなりません。その階段を一つひとつ乗り越えることによって、あなたはあなたの幸せをひとつ得たことになるのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

お客様の声の効用

お客様の声の効用
ビジネスの成功法則を最も簡単に手に入れる方法は、お客様の声を聞くことです。お客様の声は特効薬であり、またビジネスの成功法則の万能薬でもあります。

売上を上げるために何をやったらよいのか分かっていない人が多くなっているような気がしています。それも地方の経済人に多いようですね。少子高齢化によって地方の経済は疲弊しているのです。このようなときにこそ、お客様の声を集めてみることですね。「そんな単純なことは分かっているよ・・・・」と言ってバカにするのではなく、謙虚のお客様の声を集めるのです。あなたが本気でビジネスの成功法則を手に入れようと思うのであれば、お客様の声に感動するはずです。お客様から感動を受け取ったとき、あなたはまたお客様に伝えるものがあることを思い出すはずです。

これがお客様とあなたのビジネスの成功法則とのコミュニケーションになるのです。もしあなたが自分のビジネス悩んでいたり、困ったりしているのであれば、本当に親しいお客様の声を聞くというコミュニケーションが少なくなっているからです。

もう一度ビジネスの原点に戻ってお客様の声を集めて、口に出したり、チラシ書いてみたり、POPとして張り出したりしてみてはいかがでしょうか。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

未来が見える明かり

幸せや豊かさ、成功は苦しみからは生まれないというが、成功法則のための基本です。では努力はいらないのか、というと、そうではありません。楽しみながら努力しているだけで。努力をしないのではなく、楽しんでやっているか、苦労してやっているかの違いです。苦労したからこそ成功があると考えている人に対して、私は「でも、本当に苦しいと思っていたら、長続きしていないじゃないですか」と聞いてみました。もし本当に苦しいことだったら、こんなに長続きしていないと私は思うのです。

昔「鳥のように空を飛んでみたい」と思った人がいたのです。この言葉を聞いた当時の人は出来ないとあっさり聞き流したことでしょう。おそらく今でも聞き流す人が多いと思います。でも「鳥のように空を飛んでみたい」と思った人は飛行機を発明して、空を実際に飛んだのです。

真っ暗な夜道では明かりをつけなければ、先に進むことが難しいですね。未来が暗いと思っているのであれば明かりをまず探してください。あなたがビジネスの成功法則を手にいれようと本気で思っているのであれば、未来が見える明かりを探すことです。

もし未来が見える明かりを見つけることができなければ、間違った方向に進んでみたり、転んだり、右往左往するだけです。

たった一つで結構です。「困ったことはひとつもない」という明かりさえしっかり持つことができれば、必ず成功します。お金も、難しい勉強も必要ありません。「困ったことはひとつもない」と思いだけで良いのですから。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

男の浮気 女の買い物

男の浮気と女の買い物は一緒です。男の浮気を止められないし、女の買い物を止められません。たとえば、男が5万円を手にしたとします。自分で好きなように使っていいとなったら、男はそのお金を女遊びに使うでしょう。でも女の人が5万円手にいれたとして、男遊びをするでしょうか。そんなことはしません。そのかわりに、洋服を買いに行くでしょう。

色情というものは、女は洋服や指輪に、男は女に向けられるのです。つまり男の浮気は「いいセーターがあったから買った」にすぎないのです。それなのに、女の人はよっぽどホレているから浮気をしたと思っているのです。相手に期待してしまうから、人生が狂ってしまうのです。奥さんが旦那に黙ってセーターを買ってくるとタンスの中に隠すように、旦那もソープランドに行ったことを隠しているだけなのです。

それは「困ったことではない」ということです。「なんで、おなえは・・・・」「どうしてうちの旦那は・・・・・」と言っている間は苦しみから救われることはありません。それよりも「この人はこのままでいい。このままの人をどうしたら好きになってあげられるか。私はこの人に何をしてあげられるか」と考えるのです。

そう考えるようになると、相手が変わるか、あるいは縁が切れます。それがわかるまでは修行です。お互いがお互いを変えようとすると、血みどろの戦いが続きます。それでも人は変わらないのです。あなたが変えることができるのは、あなた自身なのです。















「困った」という波動が「困ったこと」を引き起こす
ビジネスの成功法則を期待されている方には本当につまらないと思っているかもしれませんが、私はビジネスの成功法則の本質を書いているつもりです。

ビジネスの成功法則などで「困った」ことが起きたときには、「本当は困ったことは起こらない」ということに気付いて、神様からのプレゼントである問題をクリアしていく。すると、神差はごほうびに魂のステージを一つ上げてくれるのです。

ビジネスの成功法則に限らず、答えが間違っている人には、根気強く「それは間違いですよ」と教えてくれるのです。だから、いつまでたっても苦しみから逃れられない人は、自分が出した答えが間違っている。これが宇宙の法則であり、宇宙の摂理であり、究極的なビジネスの成功法則なのです。

しかし、中には頑として神様からの声に気がつかない人もいます。この人は、今、自分が苦しめられている問題について、修行をしている最中なのです。ですから、その人は困りません。心の中で困ったという思いを消してしまえば、困ったことなど起きようがないのです。逆に、困った人には「困った」という智恵しか出ません。

そして、「困った」という智恵から生まれたものは、苦しみしかもたらしません。たとえば子供に対して「あの子は困っているから、いくらかお金をあげなくては」と思ってお金を与えたとします。「困った」という思いであげたお金は、受け取った人に必ず困ったことを起こします。

ですから、人にお金をあげるときには「あなたは今のままでも幸せだけど、このお金で温泉にでも行っておいで」と言ってお金を渡すのです。「このお金がなければ、この人が困る」という思いで出したお金で、人が豊かになれることはありません。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

楽しく成功しよう

ビジネスの成功法則があるのか、ないのかよく私達のあいだでは意見が分かれています。もちろん再現性のあるビジネスの成功法則は存在していないかもしれませんが、やはりビジネスの成功法則はありました。松下幸之助のマネをしていまから2股ソケットを作っても売れないでしょう。孫正義のマネをしてyahooに変わるポータルサイトを作ってもyahooに追いつくことは難しいでしょうね。しかし松下幸之助や孫正義が成功したのにはやはり法則があったのです。

いまから私が様々なビジネスから得た成功法則を説明していきます。楽しみにしていてください。

ビジネスで成功した人がどんなことをやって、どんな苦労を経て長者番付に載るようになったのか、どうしたら成功させるのかを解き明かしましょう。ビジネスの成功法則と聞くと「成功は才能と努力のたまもの」とか「苦労してきたからこそ、今の成功がある」という話を聞きたいのかもしれませんが、そんなところにはビジネスの成功法則はないのです。

世の中には才能はあるけれども成功しない人、一生懸命に努力をしているけれどもその努力が実らない人、苦労ばかりしているけれど全然いいことがない人が多いのです。

だれかのマネをすれば成功するというものではありません。それにあなたは決して苦しむために生まれてきたのではないこと、あなたがあなたのままで楽しく成功の道を歩むことが出来ると信じて読んでいただけると嬉しいです。


ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。