会社を誰かに買ってもらう

会社を誰かに買ってもらう
従業員を何十人と抱えている会社であれば、後継社長は年間で億単位の売り上げを維持していけるだけの実力を身につけなくてはいけないし、融資を受けている銀行の連帯保証人を肩代わりする必要もある。もちろん今後の業績に何の不安もない会社なら事業継承も上手くいくのだが、経営は生モノであり、数年先のことは予測が効かない。

会社の価値が客観的に評価される昨今では、大企業ばかりでなく、ごく普通の中小企業や個人商店までが売買の対象となってきている。体力的にも精神的にもビジネスの第一線でがんばれるのがその頃までだというのは妥当な考えだろう。そこで「会社を誰かに買ってもらう」という選択肢もある。

労働者の高齢化がクローズアップされているように、経営者の世界にも高齢化の波は足早に押し寄せているのだ。白書のアンケート調査では、自分の代で廃業を考えているのは5%未満に過ぎず、残りの95%以上は事業を何らかの形で継承したいと考えている。つまり現役で社長を続けられるのはあと7年しかない。

特に中小企業では超過債務に陥っているケースも珍しくなく、そんな場合には会社を引き継いだ息子が苦労するのは目に見ているし、負債をきれいに解決するまでは会社を畳む(廃業する)こともできない。しかし大企業のように後任の社長がすぐに見つかるほど、社内に豊富な人材が揃っている場合は別として、中小企業のオーナー社長が現役を退くまでには周到な準備期間が必要になる。

普通のスタンスで議論する

普通のスタンスで議論する
私は毎年学生を連れて、国立・県立の施設を利用して勉強合宿を開催していますが、夜遅くまで飲み食いして騒ぎ、宿舎の方に怒られたことがあります。主導権はあなたにあります。例えば製品クレームが発生したような場合は、反省している態度を見せても何ともなりませんよね。怒っている相手に対して、あえて冷淡で無反応な態度を取って、目の前にいながらにして無視するというやり方です。冷淡な無反応で無視この辺りから、だいぶ危険な技になってきます。

「もしかして、自分の言っていることはおかしいんだろうか?」と。宿舎の人が、ますます怒ってしまったのは、言うまでもありません。普通のスタンスで議論する 「謝罪しなくてもいいから、何が問題で、原因はどこにあって、どういう対策を取ろうとしているのか説明しろ」という方がいます。物理の「作用・反作用」ではないですが、こちらが相手に感情をぶつけると、同じように相手もこちらに何らかの感情を持つはずです。怒るというのは、ある意味で両刃の剣です。

自分が怒っている時に、相手が反論もせず、反抗的な態度もとらず、全くの無表情で自分の話を淡々と聞いていると、どんな気分になってきますか?きっとだんだん、不安になってくるはずです。「すみませんでした」という謝罪は必要最低限に留めておき、きちんと対策を取っているということを、普段と同じように議論しながら示していくことが必要です。「いや、確かにこっちも悪かったんだけどね……」と相手が言い出すのも、時間の問題でしょう。これはどういう状況で使うかというと、「自分は相手に絶対に負けていないが、相手を一応立てる必要がある」という時です。注意すべきは「反抗的な態度をとる」のではなく「無反応でいる」ことです。

相手にそう思わせることが出来たらしめたものです。管理が不行き届きだった理由は、私は引率者という立場にも関わらず、昨日早く寝てしまい、学生たちが何時に寝たのかを知らないんです。反抗してしまうとお互い様になってしまい、相手に不安感を与えることが出来なくなるので気を付けましょう。その時に、知人の1名がこのパターンで謝罪をしてしまいました。ただ私がそれを知らないこと自体は、私が管理者という立場である以上、これは問題であり……」と議論を吹きかけたのです。

社会貢献型ビジネス

社会貢献型ビジネス
ビジネスの視点からみれば、NPOはより消費者側の立場にいて、企業が直接入り込みにくい地域や領域が持つニーズを把握し活動に結びつけている。しかし既に欧米ではNPOと企業との連携が進んでいる。大阪を活動の拠点としているNPO法人「子どものメディアを考える会“e-kids”」では、子供とメディアとの関わりをテーマにして、IT活用を積極的に取り入れた活動を展開している。企業にとってもNPOとパートナーシップを組むことによって実現できる事業は幅広い。

NPO(特定非営利法人)と行政とのパートナーシップは軌道に乗りつつあるが、企業との連携はほとんど未開拓といってもいいほどだ。代表の松田総平氏は、1990年よりコンピュータの遊具としての可能性を、モンテッソーリ教具等の古典的遊具との比較や保育環境、インタフェースの視点から研究、子ども向けデジタルメディアクラブ「e-kids club」や園舎を持たない幼稚園「もりのようちえん」を実施していた。そこで企業が社会性が強調される分野の事業に参入する際には、NPOとの連携を通じて新市場、販路の開拓を期待することもできそうだ。

新メディアをテーマにしたNPO日本でのNPOに対するイメージは福祉サービスや市民運動的なものが強く、その活動内容に企業との接点が少ない場合、企業とNPOとの連携は容易とはいえないが、企業が展開する事業と共通するテーマを扱っているNPOならば、企業側へと積極的に働きかけることもできる。これからの企業は、NPOとのパートナーシップを結ぶことで、そこから生じるメリットを生かすことが重要と考えらるようになった。この松田氏の活動と、1998年より母親へのメディア利用を提案する活動を行ってきた「マウスハウス」(有限会社メディアデザインがサポート)とが接点を見いだし、NPO法人として発足したという経緯を持つ。

特に、IT企業との連携によって、子供や幼稚園向けにデジタルメディアを活用した様々な活動を展開している点に注目しておきたい。。NPOは非営利、企業は営利追求ということで、非営利の行政とのパートナーシップでは双方にメリットが期待できるが、企業とは対立するだけでメリットはないという先入観が根強い。

きちんと計画を立てる

きちんと計画を立てる
ただやみくもに行動するだけでは、疲れるだけで成果もあがらないものだ。きちんと計画を立てなくてはならない。ノートを開き、この1年の大きな目標を、1ページにひとつずつ書く。そして余白に、自分の行動プランを書く。誰に相談しよう?まず何をしよう?ゴールに到達するまでの小さな目標は何しよう?どうやって成果を判断しよう?

たとえば、ビジネスを成長させるというゴールを掲げた場合、一緒に働く人のリストを作ることができるだろう。電話をかける相手を思いつく限りあげてみるのもいい。または、最終的な目標を達成するまでに、小さなゴールを設定してもいい。たとえば、ある金額を貯めるというのはどうだろうか。そのお金を使って、インターネットのホームページをつくるなど、マーケティング活動を増やすことができる。週ごとの「小さなゴール」を決めるのもいい。長い目で見てあなたを長期のゴールに導いてくれるような行動だ。私個人は、1年かそれ以上の長期のゴールにつながるような行動を、週に少なくともふたつは実行するようにしている。

行動を決めるとき、自分に尋ねてみよう。「今からしようと計画していることは、究極の目標に自分を連れていってくれるだろうか、それともそこから遠ざけてしまうだろうか?」自分の時間をどこに投資するかを決める際、この質問は大いに役に立つ。テレビを見るか、それともビジネスのミーティングに出かけるか迷ったら、この質問をすれば、自分の将来にとって本当に大切なものを思い出すことができるだろう。

適切な行動を増やす

適切な行動を増やす
大きな夢がなければ、大きな人生を生きることはできない。それと同様に、大きな人生を生きたいなら、大きな行動をとらなければならない。かつて、体重を減らそうとしてなかなか成果が出なかったとき、私は大幅な減量に成功した友人を訪ねた。週に3回、20分のウォーキングをしているのに体重が減らないと私が言うと、彼は「1週間に何日ある?」と私にきいた。私は当然「7日だ」と答えた。

すると、彼は、「じゃあ、週に7日歩けば体重は減るよ」と言った。私は彼に言われたとおりにした。そして体重は減った。行動を起こしても成果が現れない場合は、間違った行動をとっているか、行動が足りないかのどちらかだ。

大きな行動をとれば、大きな変化が現れる。自分が適切な行動をとっていることを確認し、それなりの成果を得ていたら、その行動をさらに増やしてみよう。もっと大きな効果があがる。簡単なことではないか。

たとえば、営業の電話を1日に10件かけてそのうちの1件か2件契約することができているなら、電話の数を50〜100にすれば、契約は5倍から10倍になるはずだ。そしてあなたのビジネスの成長率は500から1000パーセントにもなる。実際、行動を増やせば、単純な掛け算以上の成果をあげることができる。行動を増やせばそれだけ熟達し、成功する確率を上げることができるからだ。

最初の一歩を踏み出す

最初の一歩を踏み出す
自分の人生で変えたいものを明確にし、できるという信念を身につけ、真剣に取り組み、自分の夢を思い描き、この先にある可能性に興奮し、恐怖を乗り越え、自分を信じて目標を定めれば、次にやることは、実際に行動を起こすことだ。行動においてもっとも大切なのは、すぐに最初の一歩を踏み出すことだ。つまり、ゴールを決め、それぞれのゴールについて、今、この瞬間に何ができるかを自分に問いかけ、すぐに行動を起こすことだ。ゴールに到達するために、今すぐできる簡単な行動は何だろう?

たとえば、あなたのゴールが、体重を落としてもっと健康になることだとする。その場合、まずできることは、スニーカーを履いてウォーキングに出かけることだろう。他には、スポーツジムの会員になるという方法もある。結婚生活をよりよくすることがゴールなら、相手を愛することはもちろん、特別な記念日でなくても花を贈るという方法もある。ちょっと旅行代理店に立ち寄って、ロマンチックな旅行パンフレットをもらってくるのもいいだろう。自分のビジネスを始めることがゴールなら、まずできることは、ビジネスチャンスのある会社に出かけることだろう。起業のノウハウが書かれた本を買うのもいい。起業家になるための本なら、素晴らしいものがたくさん出ている。

ノートを開き、1年または短期のゴールをリストにする。それぞれのゴールの下に、今すぐできる簡単なことを書く。そして、実際に行動してみよう。行動を起こすことが大切なのに、いくつか理由がある。まず、行動を起こせば、潜在意識に「自分は真剣だ」というメッセージを伝えることができる。

次に、行動を起こせば慣性の法則が働く。物体は一度動きはじめると、次に何か大きな力が加わるまでは運動を続けるという法則だ。満足感が得られるというおまけもある。自分がやっていることに確信が持てるようになり、さらにやる気が増すだろう。

結果に意識を向ける

結果に意識を向ける
健康についてもっと真剣に取り組みたいと思っているなら、自分にこうたずねてみよう。「今、これをしなければ、10年後、20年後、30年後には、自分の体調と体型はどうなっているだろうか?」私が自分にこの質問をしたとき、運動を始めなかった場合の30年後の自分の姿がありありと見えた。

その姿にぎょっとした私は、とるものもとりあえずスニーカーを履いて外に飛び出した。これは数年前の出来事だ。そして私はそれ以来、定期的な運動を続けている。たまにはもとの怠け者に戻ってしまうこともあるが(誰でも経験することだろう)、そんなときは30年後の姿を再び思い浮かべると、またやる気がわいてくる。すべての場合において(健康と運動に関する場合は特に)、結果を常に心にとどめておけば、困難に直面しても切り抜けることができる。なぜこれをしているのか、常に確認するようにしよう。

オリンピックの金メダリストは練習が大好きなのだろうか?もちろん、そんなことはない。彼らだって、オリンピックまで何百日も練習する代わりに、何か別のことをしたいはずだ。だが、彼らは練習を続ける。メダルというゴールがあるからだ。彼らは、勝者になった自分の姿と観客の大歓声を思い浮かべる。世界レベルの選手になるための苦しい練習も、メダルととるという決意があるからこそ乗り越えられるのである。

目標に気持ちを集中させよう。テコの力を使って自分のやる気を維持しよう。そうすれば、想像もしなかったほど素晴らしい人生を送れるはずだ。

得るもの・失うものを書く

得るもの・失うものを書く
ビジネスで成功するには、闇雲に努力しても成功するとは限りません。ビジネスで成功するにはひとつのパターンがあるのです。このグログであなたがビジネスの成功法則のヒントを掴んでもらえることを期待しています。

取り組む姿勢を強化するために、テコの原則をどのように利用すればいいだろうか?とても簡単なことだ。あきらめずに頑張ってゴールに到達できたらどんないいことが待っているかを考え、それをノートに思いつく限りかいてみる。

とにかく思いつく限り書く。やる気を維持するためには、楽しいことがなければならないのだから。ビジネスに関していえば、楽しいことは、余分なお金で自分や家族のほしいものをすべて買えることかもしれない。それをリストしてみよう。どこか遠くの国へ旅行することでもいいし、そこで経験できるすべての楽しいことでもいい。

愛する人と過ごす時間が増えることかもしれないし、あるいはただ単に自分の運命を自分で握っているという感覚かもしれない。あなたにとって楽しいことがなんであれ、それをすべて書いてみよう。

成功できなかったことに味わうであろう苦痛をすべて書く。あなたは何を失うだろうか?まだゴールに到達していないために、すでに失っているものは何だろう?取り組む姿勢を失った場合、結果はどうなるか?それは、嫌いな仕事をいつまでも続けていることかもしれない。尊敬できない上司のもとで働き続けることかもしれない。今と同じようなせ威喝が、この先20年かそれ以上続くことかもしれない。

自分にテコ入れする

自分にテコ入れする
ビジネスで成功するには、闇雲に努力しても成功するとは限りません。ビジネスで成功するにはひとつのパターンがあるのです。このグログであなたがビジネスの成功法則のヒントを掴んでもらえることを期待しています。

どうすれば取り組む姿勢を強くすることができるだろうか?困難に直面してもやる気を鼓舞するにはどうすればいいのだろうか?凍てつくような冬の朝に、毛布にくるまって寝ている代わりに、運動するためにベッドから飛び起きるためには、何が必要なのだろうか?3回続けてセールスが失敗しても、さらにもう1回電話をかける気にさせるものは、いったい何なのだろう?友達がみんなゴルフに行くのに、家族と一緒に過ごすほうが大切なんだと自分を納得させるものは何だろう?

自分のやる気を維持し、支えるためには、自分にテコ入れすることが必要だ。テコの力の大きさによって、取り組む姿勢の強弱も決まる。私たちのすることは、すべて、楽しさを増すためか、苦痛を取り除くための、どちらかに当てはまる。

力強く、確固とした意思を持つためには、自分を押し上げる強いテコが必要だ。他人からテコ入れされることは、日常的によくあることだろう。たとえば上司は「1月までにノルマを達成したらボーナスを出そう」などと言ってあなたのやる気を鼓舞するだろう。あなたは喜びと苦痛を天秤にかけて、自分の行動を決める。

喜びが苦痛を上回れば、頑張ってノルマを達成しようとする。見返りが大きければ、どんなゴールも達成できる。土砂降りの夜に40km歩けば1000円あげるといわれても、すぐさま断るだろう。だがその見返りが100万円になれば、相手の言葉が終わらないうちに歩き出しているはずだ。

逃げ道を残さない

逃げ道を残さない
ビジネスで成功するには、闇雲に努力しても成功するとは限りません。ビジネスで成功するにはひとつのパターンがあるのです。このグログであなたがビジネスの成功法則のヒントを掴んでもらえることを期待しています。

あなたの夢やゴールが何であれ、それが実現するかどうかは、あなたがどれだけ真剣に取り組むかにかかっています。あきらめずに努力を続ける意思があるかどうか?自分のビジネスを持っているなら、またはこれからビジネスを始めようとするなら、拒否されたり、後退したり、失敗さえしたりしても、それでもあきらめずに夢を追い求める覚悟はあるだろうか?たとえどんなに不利な条件であっても、自分の存在を賭けて取り組み、あきらめることを拒否するだろうか?これらの質問に「イエス」と答えることができたら、成功する可能性はかなり大きい。

何かが思ったとおりに運ばなくなったとき、あなたは取り組む姿勢が試される。真剣に取り組んでいれば、何が起こっても乗り越えることができる。新しい人間関係を築く場合でも、ビジネスを始める場合でも、ダイエットをしたい場合でも、同じ原則があてはまる。成功したかったら、全身全霊で取り組まなくてはならない。

あなたが独立してビジネスを始めるとしよう。現在そういう人はたくさんいるし、実際に独立した人の多くが、困難に直面したり、独立することの喜びを味わったりしている。このとき逃げ道を一切残さないことだ。なぜそうしなければならないのか。

それは、逃げ道がまったくなくなれば、自分の持てる力をすべて使って成功に向かって前進ぜきるからだ。一歩下がって状況を眺めるような、日和見主義に陥らないように気をつけよう。日和見主義は失敗の原因になる。とにかく、わき目もふらず真剣に取り組まなくてはならない。

安全地帯から外に出る

安全地帯から外に出る
傷つく恐怖、無視され、恥をかき、笑われ、エゴがぺしゃんこにされる恐怖も、人生をフルに生きたいなら克服しなければならないものだ。

小さな傷−それが想像上のものでも現実のものでも−は辞さないという態度でなければ、自分の本当の可能性を知ることも、人生を最大限に生きることもできない。これはなにも、実際に怪我をするようにしろとか、持っている物すべてを賭けてギャンブルに出て経済的に破滅しろとか言っているわけではない。

私が言っているのは、安全地帯から外に出て、リスクを冒すときに受ける傷、つまりエゴが潰されたときに受ける傷のことだ。

たとえ恐怖を感じても、前に進んでいこう。その過程を簡単にするために、以下の方法を提案する。

自分の恐怖ときちんと向き合う
自分の恐怖を否定することはできない。もし知らない人に電話をするのが怖いのなら、これはビジネスを行ううえでマイナスになるだろう。その恐怖を自覚しなければならない。

自分の恐怖を分析する
どんな恐怖が、ほしいものを手に入れるのを妨げているだろう?行動を起こした場合、最悪の結果はどんなものだろう?その最悪の結果は、どれくらいの可能性で起こるものだろうか?もし最悪の結果になった場合、自分はそれでも生きていけるだろうか?

成功を思い描く
自分の行動が成功に終わるところを想像しよう。

悪循環を断ち切る
とにかく、何かをする。立ち上がって、部屋の中を歩きまわり、おしゃべり、飛び跳ねるなど、何でもいいからとにかく体を動かして、勢いをつけよう。

実行する
始めてみよう。そうすれば恐怖は消える。

やりくり家計簿 メニュー
やりくり家計簿 電話代の節約
やりくり家計簿 ガス代の節約
やりくり家計簿 育児の節約
やりくり家計簿 買い物の節約
やりくり家計簿 クルマの節約
やりくり家計簿 レジャー費の節約
やりくり家計簿 身支度の節約
やりくり家計簿 水道代の節約
やりくり家計簿 住宅費の節約
やりくり家計簿 旅行費の節約
やりくり家計簿 雑費の節約
やりくり家計簿 税金の節約

発明王エジソンとクリストファー・コロンブス

発明王エジソンとクリストファー・コロンブス
トマス・エジソンは電球を完成させるまでに1万回の失敗をしている。そんなに失敗するのはどんな気分かとたずねられると、彼はこう答えた。「失敗はしていない。電球をつくることができない方法を1万通り発見しただけだ」。また別のときに、自分が成功したのはうまくいかない方法を使いきったからだとも語っている。

恐怖に打ち勝って成し遂げたものは、最初に期待していたものよりすばらしいものになることがある。クリストファー・コロンブスはインドへの近道を発見しようとして新大陸に行き着いた。クリストファー・コロンブスは失敗したんのだろうか?

失敗する恐怖を乗り越えるためには、行動を起こし、その結果を吟味し、望んだ結果が得られるまで行動を改善していけばいい。

自分の行動の結果をよく吟味し、うまくいかない方法を排除してうまくいく方法にさらに力を注ぐようにすれば、望んだ結果を得ることができる。これは、健康やダイエット、人間関係の問題から、自分のビジネスを始める場合まですべてにあてはまる。

とにかく行動して、うまくいかない方法を捨て、うまくいく方法を見つけていこう。

失敗など存在しないと考える

失敗など存在しないと考える
失敗などというものはない。どんな行動にも必ず成果がある。何かをやろうとするとき、行動さえ起こせば、必ず何らかの成果を生むのである。期待していた成果とは違うかもしれないが、成果であることには変わりない。そう、あなたは決して失敗などしないのだ。

失敗する恐怖のせいで、行動すら起こさない人があまりにもたくさんいる。独立して自分でビジネスを始める場合は、特にそうだ。「失敗したらどうしよう」という疑問が、真っ先に頭に浮かんでくる。どういうわけか、始めてもいないうちに、自分は成功できないと決め付けてしまっているのである。

だが、これは理解できる。私たちのほとんどは、このような思考パターンを植えつけられているからだ。たとえ全員でないとしても、ほとんどの成功した起業家は途中でさまざまな困難に直面している。だが彼らは、それらの困難を単なる一時的な後退だと考える。

一方、成功とは無縁の人々は、同じような困難を失敗だと考える。そして成功のチャンスをつかむ前にあきらめてしまうのだ。

いわゆる「失敗」と呼ばれるものについて考え直し、それ本来の姿「一時的な後退、または貴重な経験」ととらえるようにすれば成功する可能性は大きくなるだろう!

企業の冒険心

日本人は、よく「大手には勝てない。デカイ所には勝てない」といいます。本当にそうなのでしょうか。よく考えてみると、この考え方にはおかしなところがあるのです。

日本で一番大きな会社といえば、三井や三菱です。でも、三菱自動車を例にとってみても、トヨタや日産、ホンダをやっつけたという話を聞いたことがありません。三井も三井ホームという会社で家を造っていますが、ミサワホームなどのその他の会社をやっつけたという話もありません。

要するに、大手というのは今からやりたくなるような魅力ある業界で一番というわけではないのです。新しい分野になると、必ず新しい企業が出て一番をとってしまうのはなぜでしょう。

その理由は簡単です。今大企業と言われている会社は、以前は小さな企業でした。その頃、その小さな会社に勤めていた人間は、ものすごいヤル気と、冒険心に満ち溢れていた人たちです。そんな人間が集まっていた会社だからこそ、会社がおおきくなり、現在、大企業と言われるようになったのです。

ところが、大企業になってから、その会社に集まってくる人間は、冒険心というよりも、安定を求めて入ってくる人が多いものです。だから、大企業は、まあま安定した業績は上げるものの、新しい分野に進出すると、冒険心がないだけに、意外と弱いものなのです。

宇宙の法則に従う

何気なく会社に入ったという人に会社が給料を出す時代ではありません。就業時間中は会社にいるから、という理由で、当然のごとく給料をもらう時代ではないのです。

今まで、日本の企業人、またその企業に勤める人々は、ある種、暖かいところを走っていました。でも今、だんだん寒い地域に向かっています。そんな時に、伊達男を気取ってアロハシャツなんて着ていたら風邪をひいてしまいます。

そろそろ寒くなってきたら、暖房器具を出すのは当たり前。寒くなってきたことに気がつかないでいると、トカッと雪が降ったときには大慌てで暖房器具や冬着を探さなくてはなりません。

中には間に合わなくて、凍死してしまうこともあるでしょう。時代の流れに反したことをしていたら、企業も働く人も豊かになることはありません。ですから、宇宙の法則に従うのです。宇宙の法則に目を向けると、時代の流れを読むことは、なんということありません。

この宇宙の法則は、すごくシンプルなんですから。人間は宇宙の法則に従って動いています。その宇宙の法則に逆らった人が、風邪をひいたり、怪我をして苦しみます。宇宙の法則の中で、あなたに知ってもらいたいものが一つあります。それは人間の速さを希望するということです。

妬みはあなたを滅ぼす

妬みは、決して人を豊かにはしてくれません。国を豊かにすることもありません。共産主義の国がいい例です。共産主義は、資本家を敵だと思っています。しかし1万人の人間を雇っている優秀な経営者を潰そうとすることは、雇われている1万人と、その家族をも潰すことになるのです。

1日に1個、金の卵を産むニワトリを飼っている人がいるとします。そのたった1個の金の卵のお陰で、その人はとても豊かでした。ところが、そのことを妬んだ人がいました。彼は、そのニワトリのお腹にはたくさんの金の卵が隠れていると考えて、そのニワトリを殺して、お腹を裂いてみました。でも、そのニワトリのお腹には、金の卵はありませんでした。

そして、金の卵を産むニワトリは死んでしまいました。金の卵もなくなって、それを産むニワトリも死んでしまった。これが今の共産主義の国が陥っている状態です。

人を妬む。それが国全体の流れになると、国全体が苦しくなるのです。これだけ日本は豊かになったのに、貧しいといわれる理由は何か。それは日本人の考え方がみみっちからです。

お金持ちは持っているお金を使えばいいのです。家を建てたり、外車に乗ったりすればいいのです。そうやって使ったお金が回り回って日本を潤すのです。

夢を壊す人を避ける

夢を壊す人を避ける
自分でビジネスを始めたり運営したりしていると、家族や友人から「リスクを冒すな」という善意の助言をもらうことがよくある。「あなたにそれは無理だ!」という言葉を、私たちは何度となく聞かされる。

彼らは夢を壊す人だ。自分のできないという思い込みに縛られて、夢を実現させようというあなたの気持をくじこうとする。そういう人たちは無視しなければならない。どんなことをしても!これはなにも、その資格のある個人や師からの助言を求めるなと言っているわけではない。ただ、できないという思い込みを持っている人、特に自分でビジネスをやっていない人が撒き散らすネガティブな病原菌を避けなければならないということだ。

善意にしろ、悪意にしろ、あなたの夢を壊す人たちを避けよう。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

自分は状況を変えられると信じる

自分は状況を変えられると信じる
ノートに現在の状況とその問題点を書く。そして、それぞれの問題について、改善するために今すぐできることを書く。状況をありのままに理解し、態度を変え、行動すると決心する。そこまできたら、成功した人生を築くために次に必要な第一歩は、信じることだ。

自分はこの状況を変えることができると信じることだ。どんな問題や困難でも、大切なのはそれを変えることができると信じることだ。問題を周りのせいにして、自分にはどうすることもできないと感じているなら、自分には変化を起こす力があると信じるところから始めなければならない。

何を変えたいのかをはっきりさせ、状況を受け入れ、自分の人生をすべて自分のものにすれば、それらを変える力を手に入れることができる。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。

ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

「後で」と先送りしない

「後で」と先送りしない
この世に生まれた誰もが、人生の中で一度は優柔不断になることがある。物事を先送りにする習慣は、人々の目標達成を阻む最大要因の一つである。もちろん、後回しといってもさまざまな程度があるが、どの場合も、今できることを後でしようと決める行為であることにかわりない。

そしてそれらは、自分を欺くことに対する、聞こえのよい言い訳であり、詭弁でしかない。「後で」という言葉の興味深い点は、そのことで誰も私達を責めたり、間違いを証明したりできないということだ。

それに直面した場合、私達はこう言うことができる。「私は後でやると言ったんだ。まだ後じゃないんだ」。「遅れは、否定の最も致命的な形である」という言葉がある。あなたが、自分にとって重要なことに「後で」と言う時、あなたは自分自身から、生まれながらにもっている成功をだまし取っていることになるのだ。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

新しいお客の欲求

新しいお客の欲求
いまのお客様に限らず、お客様というのは「もっと自分を大切にして欲しい」と声なき声を出しているのです。少子高齢化の今、人口の多かったときと同じだけのサービスが出来るのであれば一人当たりのサービス量が必ず増えるはずです。

いまの時代は、お客様は商品自体に対する欲求を満たすために購入するのではなく「自分の重要性を認められたい」「大切にされたい」という欲求を満たすために消費をしている側面があります。ようするに同じような商品を同じような価格でどこでも購入できるからです。たとえば、行きつけの居酒屋で単に「いらっしゃいませ」と言うのと「あっ、いらっしゃいませ」と言うのでは、後者のほうがお客様に喜ばれ、定着すると言われているのです。全く知らないお客様であっても、顔だけは知っているという雰囲気で「あっ」という言葉を付け加えるのです。

なぜなら、自分がお得意さんであることを覚えていてくれたと思ってくれるからです。あなたあるいはあなたの会社では「あっ」の部分でお客様に感じてもらうために、なにか工夫をしていますか。単に価格だけで競争したりするより「あっ」の部分を考えた方がビジネスの成功法則に近づきますよ。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。