説得しない営業

説得しない営業
ネットビジネスでよく言われていることに、「売り込まない、なんだろうとついクリックしてみたくなる仕掛けつくり」があります。ビジネスでも同様ですね。営業とは売ることが仕事ですが。売るために「説得する」ことではありません。人は他人から押し付けられることを嫌がります。言葉で言えば「説得する必要のない客」を見極めることですね。

売るのではなく、買いたい人の前にそっと商品を差し出すだけで終了です。「買いたい人を探すのが大変なんだ」という声が聞こえてきそうですが、本当は決して難しくありません。業種や業態や価格帯によって全く同じとは言いませんが、一般的には資料請求後に「いますぐ買う人」は2〜5%程度。「そのうち買う」という見込み客は10〜20%いるのです。

ビジネスで良い結果を出している営業マンになるためには「いますぐ買う客」を見極めることですね。そして「いますぐ買う客」に時間を優先的に使うようにすることです。単に話だけを聞いておくという人に時間をさいているとあなたの営業時間が犠牲になるのです。

営業とは売ることではなく「いますぐ欲しい人」を探すことなのですね。アンケートや資料請求などのツールを上手く使って「いますぐ欲しい人」を探す練習を「いますぐ」やってください。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。