未来が見える明かり

幸せや豊かさ、成功は苦しみからは生まれないというが、成功法則のための基本です。では努力はいらないのか、というと、そうではありません。楽しみながら努力しているだけで。努力をしないのではなく、楽しんでやっているか、苦労してやっているかの違いです。苦労したからこそ成功があると考えている人に対して、私は「でも、本当に苦しいと思っていたら、長続きしていないじゃないですか」と聞いてみました。もし本当に苦しいことだったら、こんなに長続きしていないと私は思うのです。

昔「鳥のように空を飛んでみたい」と思った人がいたのです。この言葉を聞いた当時の人は出来ないとあっさり聞き流したことでしょう。おそらく今でも聞き流す人が多いと思います。でも「鳥のように空を飛んでみたい」と思った人は飛行機を発明して、空を実際に飛んだのです。

真っ暗な夜道では明かりをつけなければ、先に進むことが難しいですね。未来が暗いと思っているのであれば明かりをまず探してください。あなたがビジネスの成功法則を手にいれようと本気で思っているのであれば、未来が見える明かりを探すことです。

もし未来が見える明かりを見つけることができなければ、間違った方向に進んでみたり、転んだり、右往左往するだけです。

たった一つで結構です。「困ったことはひとつもない」という明かりさえしっかり持つことができれば、必ず成功します。お金も、難しい勉強も必要ありません。「困ったことはひとつもない」と思いだけで良いのですから。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。