美しいもの、楽しいものに焦点を

難病といわれる病気がありますよね。なぜ難病といわれるかというと、それは医者にも治せない病気だからです。だったら、病院に行っても治らないじゃないですか。病気で家に閉じこもっているのではなく、被害者づらするのでなく、そんなことをするより、胸を張って歩くのです。私が何を言いたいかというと、病気ばかりに目を向けていても、人生はよくならないということです。

人生は旅です。旅の中で、山と出会い、海辺で寄せては返す波とたわむれ、川のせせらぎに心洗われ、その土地の人の優しさに触れたりします。そんな旅の途中にも、道端に犬のクソを見る事だってあるでしょう。でも、旅の間中、ほんの一瞬見た犬のクソのことばかりを考えていて、楽しい旅ができるでしょうか。犬のクソがどんな色をしていて、どんな形で、どれくらいの大きさだったかということをこと細かに人に話をしても、誰も喜びません。人は、旅で見た美しい風景やおいしい料理、土地の人の話を聞きたいのです。

きれいな公園だって、ゴミ箱はあります。でもきれいな公園に行ったら、その美しさを見ればいいのです。ゴミ箱を見る必要はありません。病気のこと、嫌なことばかりに焦点をあてていたら、その人生は嫌な人生になってしまいます。

いやなことに焦点をあてるのではなく、楽しいことに焦点を当てるのです。そうすれば、人生が楽しくなる、心が豊かになる。その豊かな心で、誰かを幸せにすることもできるのです。

ビジネスには成功法則の魔法の杖はありません。しかしビジネスの成功法則というものはあります。あなたがビジネスで成功法則を手に入れたいのであれば、ビジネスの成功法則を知って、覚えて、実践してください。ビジネスの成功法則は決して難しいものではありません、常識的な成功法則ですがビジネスの成功法則には継続的な努力が必要になります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。