キャビンアテンダントへの転職

キャビンアテンダントの募集記事というのをたまたま見たのですが、最近は、別に新卒でなくても応募出来るんですね。
それも、JALやANAといったトップクラスの航空会社のキャビンアテンダントにですよ。
個人的には松嶋菜々子さん演じるヒロインの性格が苦手だったんだけど、ストーリーそのものはすごく面白くて、夢中で見ていたのを覚えています。
最近は特に、キャビンアテンダントとかキャビンアテンダントとかって呼ばれるようになり、より一層出来る大人の女性の雰囲気が漂います。
因みに、キャビンアテンダントというのは日本で生まれた呼称で、世界的にはキャビンアテンダントというのが正しいようですね。
多くの航空会社のキャビンアテンダント募集の年齢制限は30歳位です。
大学を卒業したばかりの女の子も元気で可愛くていいけど、ある程度の社会人経験を持つ20代後半の女性にも適役なのではないでしょうか。
でも、女の子ならきっとみんな一度は憧れた事があるであろう職業、本当に素敵なお仕事ですよね。
この転職には、そんな素晴らしい光景が待ち構えているかも知れないんです。
あのドラマの中で、キャビンアテンダントのピークは27歳だなんて言われていたけど、今は全然そんな事ないんですよね。
だから、27歳からでも十分航空業界への転職を考えられるんです、それもキャビンアテンダントとしてね。
スッチーなんて呼ぶおじ様も多いけど、今は短縮するなら短縮するで、CAとかFAって呼ばなきゃ行けないんですよ。
私ももう10年若かったら、是非ともトライしてみたいですね、キャビンアテンダントへの転職。
昔合ったテレビドラマ、ほら、松嶋菜々子さんがスッチーを演じていた大和撫子だったけかなぁ。

キャビンアテンダント、なんて素敵な響きなんでしょう。
そう言えば、これまた松嶋菜々子さんのドラマなんだけど、高校教師から最後にキャビンアテンダントに転職するっていうのがありましたよね。
私は流石にもう無理だけど、20代後半の女性で、もし、チャンスがあって、少しでも興味を持たれたら、是非一度チャレンジしてみて欲しいですね。
これまで地上で学んだ事を今度は大空の上で、キャビンアテンダントとして活かす。
キャビンアテンダントの制服に身を包み、ジャンボに乗り込む自分の姿、想像しただけでもちょっぴりほれぼれしちゃいますね

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。