キャビンアテンダントの専門学校


ただ、流石に一流の航空会社のキャビンアテンダント体験が出来る訳ではなさそうなので、その辺りも、正直、逆にちょっと怖いかも知れませんね。
それに、実際に体験実収の出来るキャビンアテンダント養成学校もありますが、当然その費用は実費です。
中には、1年で100万円位かかるところも少なくないみたいなんですよね。
でも、キャビンアテンダントの専門学校に通ったからと言って、必ずしもどこかの航空会社に就職出来るとは限っていないんでしょう。
一応斡旋とか推薦とかしてくれて、ちょっと位は有利になるかも知れないけど・・・。

キャビンアテンダントを育てるための専門学校は、勿論世界各国に多数存在します。
因みに、今、私は現役の大学生で、つい最近までイギリスに1年間留学していました。
だから、語学にはかなり自信があるのですが、それでもやっぱりキャビンアテンダントになるためには、正式な専門学校に通った方がいいのでしょうか。
ただし、航空専門学校のキャビンアテンダント課は、より専門的な学習が出来るだけに、費用もかかるんですよね。
語学にそこそこ自信のある私の場合だと、そうした航空専門学校の養成科に入る方がいいのかなぁっとも考えています。
でも、キャビンアテンダントの専門学校って、すごくお金がかかるんですね。
うちは実際に国際線に客室乗務員として乗り込み、実習する事が出来ます、なんて書いてある学校もあります。
いずれもトップクラスのキャビンアテンダントとしては大切な事柄ばかりです。
語学力や国際感覚を磨くという面では、そうした海外のキャビンアテンダントの専門学校に留学するのも一つの手かも知れません。
でも、結局は自分の努力と運に頼ってどこかの航空会社にうまく潜り込めないと、夢のキャビンアテンダントにはなれないんですよね。
どこの学校がどうとかこうとか、あれこれ比較するのは、少し早いかも知れません。
ただ、いいキャビンアテンダントの専門学校が見つかれば、これは進学する方向で考えてみる価値十分だと思うんですよね。
そういう事で、最近はキャビンアテンダントに関する情報が載っているブログやサイトをこまめにチェックしています。
親に我がまま言うには、それなりの立派な理由を提示する必要もあるしね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。