キャビンアテンダントの本

キャビンアテンダントに興味がある私、今は名もない中小企業の事務員ですが、出来れば転職したいと思っています。
もし本気でキャビンアテンダントを目指すのであれば、一度は読んでおいた方がいいような一冊ですね。
でも、周囲にはキャビンアテンダントなんて素敵なお仕事をしている友達なんかいません。
どんな本を選んで読めばいいのか、今イチよく分からなくって、すごく困っています。
キャビンアテンダントについて、いい事も悪い事も、知る事の出来る、お勧めの書籍があれば、是非教えて下さい。
先日、ネットのある掲示板にこんな投稿をしたところ、10人以上の方から回答をいただきました。
中でも一番多かったのは小林正彦さんが書いているキャビンアテンダントになろうというタイトルの本でした。
しかも、その多くの本にキャビンアテンダントという仕事が登場します。
正直、見るからにカントリーな母が、キャビンアテンダントに関する本を執筆している人の事を知っているなんてびっくり。
でももっと驚いたのは、母が全く違うある芸能プロダクションの専務さんと思い切り勘違いしていたという事です。
キャビンアテンダントになろうを書いた人と母が勘違いしていたのは、俳優のたち弘さんが所属する芸能事務所、石原プロモーションというところの専務さんです。
取り敢えず、本でも読んで、勉強してみようかと思って、ネットで調べたところ、航空関係の書籍って、ホント、沢山あるんですよね。
INPエアライン学院は大阪にある専門学校で、キャビンアテンダント学課科の他に、ホステス課もあるんですよね。
このキャビンアテンダントになろうという本は、ネットのブログやサイトでもかなり支持されていて、私も前から気になっていた一冊ではありました。
例えば、ハワイに住む現役客室乗務員が書かれた踊るキャビンアテンダントという本なんかもすごく面白そうですね。
取り敢えずまずキャビンアテンダントになろうを読んで、夢の実現を目指そうかと思っています

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。