こんにゃく業者が生み出した 人気ダイエット食品の開発秘話

ビジネスの成功法則です。今回もビジネスで成功した法則をお知らせします。ダイエットや健康をテーマにした報道が非常に多くなっていますね。バナナダイエットが報道されるとスーパーの店頭からバナナが消えたというニュースもありましたね。

しかし、現実には食品業界はジリ貧傾向で、食品本来の安全・安心の品質にプラスアルファの付加価値を付け加えないと生き残ることが難しくなっています。

そこで、ダイエットや健康をキーワードにして商品開発に力を入れて、魅力的な商品を販売しようとしています。

そんな中で、大阪市守口市の有限会社ウエダ食品では、こんにゃくを主原料にしたラーメンを作って販売したところ、麺のカロリーが15.4kcalというヘルシーさが人気となってテレビでも紹介されて、こんにゃくラーメンの評判は急上昇しているのです。

ダイエット食品としてこんにゃくラーメンを仕掛けた「有限会社ウエダ食品」はこんにゃくの卸業を行う従業員5名の家族経営の会社です。そんな有限会社ウエダ食品が生き残りをかけて作ったこんにゃくラーメンには次のような考え方があったのです。

 こんにゃく卸業の道をゼロから開拓
 スーパーマーケットの衰退で着目したダイエット市場
 製造業者との連携で生み出された痩身麺の開発秘話
 小規模だから実現できるオリジナル商品への着目
 分散化により生産能力を広げる製造拠点作り
 オリジナル商品の販路開拓と商品寿命の関係
 高級健康食品の流通構造と優劣の見極め方
 健康・ダイエットブームに相乗りした食材の差別化と販売戦略

口で言うのは易しいですが、消費者に喜ばれるこんにゃくラーメンを仕上げるには試行錯誤があったのです。でも、ビジネスの考え方としては素晴らしいものだと思います。ぜひあなたも付加価値をつけた商品を開拓してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。