「一時の安売り」型のスタイル

一時の安売り

「最初の取っ掛かり」を得ておくことは、非常に大切
「一時の安売り」型のスタイルですが、わかりやすい例で言えば、スーパーやドラッグストアのタイムセールのような、客寄せのための割引セールのイメージです。

このセールススタイルでは、一時的には顧客は集まってきて、売上げは立ちますが、薄利多売で利益率が低く、労力の割に報われないために、このスタイルを継続していくことは困難です。

では、このセールススタイルはまったくダメなのかというと、そうではありません。大事なのは、「最初にこのスタイルを取る」のか、「最後がこのスタイルになるのか」という点です。

「最初にこのスタイルを取る」のは、非常に有効的な方法です。なぜなら「一度利用したことがある」のと「初めて利用する」のでは、相手の心理的な抵抗が大きく違うので、一時の安売りであれ「最初の取っ掛かり」を得ておくことは、非常に大切なことだからです。

しかし「最後がこのスタイルになる」のはなるべく避けたい所です。「在庫一掃セール」を想像して頂ければすぐにわかりますね。下手をすれば、手間がかかって利益にならない上に、かえってブランドイメージを損なってしまい、全く良いことがなかったりします。

このセールススタイルを取る場合は、それが「最初なのか、最後なのか」に注意しましょう。



ご用聞き
次に「ご用聞きセールス」スタイルですが、これはその名のとおり顧客の要望を聞くスタイルなので、セールスの継続性は長くなります。

ただ、ここはあくまで「ご用聞き」、つまり「顧客の言う通りに買い物の手伝いをする」という価値しかありませんので、顧客が考える以上の何かを提供して、より高いお代を頂くということは困難です。

ある上場企業の経営者のかたから、昔、こんな話を聞いた記憶があります。「顧客視点に立つというのと、顧客に言われた通りのことをするというのは、違う。顧客に言われた通りのことをしていたら、最後はタダで商品を持って来いと言われるぞ」

これは「ご用聞き」の本質を上手く言い表している言葉だと思います。ご用聞きスタイルは、顧客の声を長期的に集められるというメリットはありますが、薄利である以上、継続していくのはなかなか厳しいスタイルなのです。

「ご用聞き」は、あくまでも「いつかプラスアルファの価値を提供するための、下積み期間」という位置付けで、通過点としてとらえるのが良いのではないかと考えています。


CSオートディーラー越谷店 CSオートディーラー越谷店で中古車を購入しました
テールランプ LEDを使ったテールランプ
グーバイク
自動車修理
オープンカー 素敵なオープンカー
イギリス車 本当のイギリス車らしさ
タイヤ交換
自動車解体
自動車ドレスアップ
ホンダクロスロード
日産 日産の中古車
ジョイフルホンダ 品揃えのジョイフル本田
スバルR2 スバルR2レポート
トヨタ株価 「トヨタ株価」人気の秘密
中古車販売
ドイツ車 頑丈なドイツ車
XJR1300 ヤマハXJR1300
ラジエーター ラジエーターの点検
ガソリン税の行方は
ランクルはトヨタランドクルーザーの愛称

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。