プレゼンの成功ノウハウを公開

プレゼンの成功ノウハウを公開
本書では、下手なプレゼンの特徴と原因を分析し、ソリューションの提案やプロジェクトキックオフ、製品セミナーなど、IT業界でありがちなプレゼンのシーンを対象に、基本的な原則を解説します。

たとえば、3章では、次の4つの面から成功原則を紹介しています。

・メッセージ:プレゼンの目的と聞き手のニーズを明確にする
・ロジック:プレゼンの目的を達成するために、説得力のある論理展開法をとる
・デザイン:わかりやすく見やすいスライドの要件(文章、図、表、写真、動画、音声、色の7つの要素)をおさえる
・プレゼンター:あがらないために自己心理をコントロールする

この中でも大切なのは、プレゼンターです。プレゼンの主役はプレゼンターです。プレゼンター自身の心理状態や振る舞いの良し悪しがプレゼンに大きな影響を与えます。

また、4章では、プレゼンの段取りを、次の7つのステップに分けて解説しています。

・プレゼンの設計:着手の前に、前提条件を確認し5W1Hの視点で作成計画を練る
・情報収集:聞き手を納得させるために、裏付ける事実や根拠を効率的に情報収集する
・情報の構造化:収集した情報をもとに、ロジックツリーに展開しプレゼン構成を設計する
・骨子の検討:スライドの作成前に、メッセージの構成に着目して全体のシナリオをたてる
・スライドの作成:情報過多になりすぎずわかりやすいスライドを作成する
・質問への対応:あらかじめ時間を設定し、聞き手が持つ疑問を十分に解消していく
・リハーサル:説明方法や時間調整などを意識したハーサルを繰り返し、プレゼンの質を向上させる



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。