エンジニアにプレゼン力が求められる理由

エンジニアにプレゼン力が求められる理由
IT業界では、製品を説明したり新しい仕事を受注したりするために、顧客への提案活動としてプレゼンが欠かせません。

上手にプレゼンできれば、聞き手を動かすだけではなく、主役であるプレゼンター自身の評価も高くなります。SEにとってプレゼン力は大切です。

しかし、頭ではプレゼン力が大切とわかっていても、どのように取り組めば良いのかがわからず、なかなか上達できない方が多いようです。みなさんは、次のような経験をしたことはありませんか。

・準備に時間を費やし、一夜漬けでプレゼンの本番に臨んだ。
・プレゼンの最中に緊張して、上手くしゃべれなかった。
・プレゼンが終わった後、話がよくわからなかったと言われた。

これらは、誰もが直面する「プレゼンの壁」です。この壁を乗り越えるためには、プレゼンのコツを身につける必要があります。

一般的に、プレゼンの本と言えば、プレゼンツールの利用方法やスライドのデザインにページを割いているものが多いのではないでしょうか。

本書は、それらとは一線を画し、「コミュニケーションの手段」としてプレゼンを成功させるための原則や段取り、スキルアップのノウハウを整理しています。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。