好機を逃さない「運」に必要なもの

好機を逃さない「運」に必要なもの
誤った判断もした。確かにプランニングの詰めが甘かった。もちろん成功する方が望ましいですが、それに代えられない経験ができました。私はまた一つ、成長することができました。最初から想定外の出来事の連続で、思惑とは全く違った結果ばかりになってしまったのです。

コミュニケーションギャップも埋められなかった。最近私は、ある事業で大きな赤字を出してしまいました。「運がいい」というととっさに「宝くじに当たる」ということを思い浮かべるかもしれませんが、それを期待していては、きっとほとんどの人は人生を終えてしまいます。同じ光景を見ていても、行動する人としない人がいます。もちろん、多くの人に迷惑をかけましたし、周囲への説明では「運が悪かったね」と言われることもありましたが、私自身はむしろ「運が良かった」と思っています。

チャンスを見つける「問題意識」と、即断即決して飛び込む「心の準備」が必要だということですね。しかし、今までにない新たな人たちとの出会い、自分自身や社員の成長という意味では、大変意義のある出来事でした。例えばアメリカに行ったことのある人なら、もう10年も前からクリスピークリームドーナツを見ているでしょう。「チャンスとは、不可能という面をかぶっているものだ」と言われるように、パッと見ではチャンスとわからないのです。「運」は勝手にやってくるものではなく、自分で掴みにいくものです。

チャンスはリスクという面をかぶってやってくる私たちの目の前には、たくさんのチャンスが近づいては通り過ぎています。事業の損失を通じて得られたもの「運」とは、他人から見てどうこうではなく、自分で「運がいい」と思えるかどうかですから、「ものの見方」にも左右されます。個別の問題解決では稚拙なところが多々ありました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。