挫折は誰にでもめぐってくる

挫折は誰にでもめぐってくる
大なり小なり、人生には必ず挫折がめぐってくるものです。たとえば、裏切られたときや恋人を横取りされたとき。挫折はいわば、あなたの本当の強さが試される機会でもあります。しかし、恨みや悲しみの気持ちをその後もずっと引きずっていると、長い目で見て本当の幸せをつかむことができなくなります。

挫折は誰にでもめぐってくる「挫折」からどう人生を展開するのか・・・あなたの強さが試される あなたは今まで「挫折」を経験したことがありますか?たとえば、失恋、受験や就職の失敗、離婚、仕事での失敗。しかし、ひとつの挫折を避けられたとしても、別の機会に思いがけず遭遇してしまうのが世の常なのではないでしょうか。これを「逆縁の仏」に会うといいます。大切なのは挫折にまったくあわないように予防線を張るのではなく、挫折にあったときにどう対処し、その後の人生に生かしていくのかです。

挫折を受けないよう未然に対処することも、大切かもしれません。しかし、時がたつとともに恨みや憎しみを解消して進んでいかないと、人生がなかなかプラスに展開していかないのです。本物の優しさや苦難を乗り越える大切さがわかるようになった、と実感したことはありませんか?このように、人に貶められても、結果的にはその人のおかげで人生が好転した、という人は多いと思います。「逆縁の仏」という言葉を知っていますか?憎しみを引きずっていると、人生はプラスに展開しない 誰かのせいで挫折に遭わなければならなくなったとき、あなたはその人を恨むでしょう。

誰かに挫折に落とし入れられても、それをバネにして以前よりもっと成長できた。すぐには、このような心境になれないかもしれません。こんなときにはその相手を恨み、ののしりたくなるのが、当然の感情かもしれません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。