移動方式で売る

移動方式で売る
自動車を使った独立開業テーマとして近年若い人を中心に人気を集めているのが、「ネオ屋台」とも呼ばれている移動販売車ビジネスだ。これは単にパン屋を経営するよりも高度な商売の技量がないと成功しないことを意味する。派手な飾り付けをした車両が目立っているため「一度は買ってみようか」という気にさせるが、実際にどれくらい儲かっているのかに関心を抱いている人は多いだろう。たとえば、焼きたてパンを移動販売車で売るビジネスを成功させるには、「美味しいパンを作ること」と「移動方式で売る」という2種類のノウハウが同時に必要になる。

本質的にはラーメンの屋台と同じなのだが、昔のリヤカー式屋台と違って、最近はかっこよくデザインされた販売車(フォルクスワーゲンなど外国車が使われることも多い)で、昼間のオフィス街やイベント広場などで、ランチからコーヒーまで都会的な食材を売るという、お洒落で華やかなイメージが被せられている。1台あたりの開業コストは約5百万円前後と脱サラ組でも手が届くレベルの起業テーマであることから人気は高い。移動販売なら人が集まるところに出店することができ、普通の店舗よりも初期投資が少なくて済むということをセールスポイントとして、移動販売車による独立開業を促すフランチャイズチェーンも増えている。しかし多くの開業者は「移動販売なら自分でもできそうだ」と安易に考えてしまう傾向がある。

ショッピングセンターの駐車場や行楽のイベント会場では、焼きたてパンやソフトクリームなどを売る移動販売車をよく見かけるようになった。その理由はこのように考えるとわかりやすい。ところが移動販売車による商売は、通常の店舗経営と比較して成功率が低いことはあまり知られていない。

実際に商売をしてみると、両方のノウハウが中途半端なままで、半年もすれば客に飽きられてしまうというケースが多い。確かに移動販売のノウハウを十分に会得していれば、普通の店舗よりも経費をかけずに稼ぐことはできるのだが、それと素人開業者とは何が違うのだろうか?それを掘り下げていくと「クルマを使って稼ぐ商売」の本質が見えてくるようになる。その一方で、移動販売車で着実な黒字を出して個人事業から企業へと発展させる経営者もいる。

NLPを活用した目標達成講座

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。