お金持ちには三つのタイプが!

お金持ちには三つのタイプが!
事業で一発あてて、巨万の富を築いたら一等地の大邸宅に住み、自家用ジェットで世界中飛び回る。物質が何の意味も持たないのだから当然です。バカンスはモナコでギャンブル遊び!週末は毎晩セレブを招いてのパーティー三昧!だれでもそんな人生に一度はあこがれたりするわけです。こういう人は、実はお金儲けにはあまり興味がなく、世の中の役に立つ事だけを考えて生きた結果、いつの間にか財産が築かれていたという人です。想念とは、「強く念じる力」のことです。

第一番目のタイプの人のような特別な場合を除いては、「こころが進化すればするほど、お金への執着は自然となくなってゆくものなのです!」これは、仏陀やイエスを見れば明らかです。いずれも、いつも「お金儲けを目的として生きている」ということです。おそらく、こういう人達は「お金では決して真実の愛を買うことが出来ない!」というようなことを身をもって学ぶ必要がある人達なのではないでしょうか?かなりやばいお金持ちのタイプ?実は一番たくさんいます!

第二番目のタイプのお金持ちになることにより学ばなくてはいけなかった人。このエネルギーは本来わたしたちがあるべき姿をゆがめる不自然なエネルギーなので、必ず最後には悲劇を招きます。お金持ちには大きく分けて三つのタイプがあります!確かにお金持ちは、ゴージャスな生活が出来るしうらやましくも思います。二つ目は、「お金を通して学ぶ」ために「お金持ちになる」ことを経験する必要があった人。こういう人たちは、すべての事柄をお金に換算して、お金が万能だと信じている人たちです。

第三のタイプのお金持ち。これは、まずいケースです。もう一つは、想念の力で本来の道筋からはずれてしまったがために大金持ちになってしまった人です。

お金持ちになる必要がなかったにもかかわらず、因縁や自らのこころの持ち方が原因で、本来の宿命から外れてお金持ちになる人達です。なぜならば、前世で学ばなくてはならなかったことを学び損ねたからです。こういう人は、大抵前世でもお金持ちな人です。これはどっちもどっち、決して楽でも幸せなことでもありません。では、なぜこういう人達がお金持ちになれたのでしょう?それは、人間には「想念」という力があるからです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。