ビジネスの「利害関係者」

ビジネスの「利害関係者」
小難しい言葉ですが、簡単に言ってしまうとあなたのビジネスの「利害関係者」。まずはあなたのこれから行うビジネスにより影響を受ける人やモノを特定してみましょう。

・客(近隣住民)・サプライヤー(契約農家)・雇用者(近隣住民)・あなたのビジネスの出資者・銀行(融資など)・店舗のオーナー・広告業者・競合(スーパーマーケット、コンビニエンスストア)などなど、あなたのビジネスに誰が関係するのかをしっかり洗い出し、関係を示すフロー図を描いてみることで、モノやお金の流れが明確になってきます。例えば、従業員、地域社会、飛躍したところでは、環境団体や将来世代、ボランティアにつながる要素があれば発展途上国で暮らす人まで含むケースもあります。

利害関係者と関係性を洗い出すよくステイクホルダーという言葉を耳にすると思います。つまりあなたのビジネスにより影響を受ける人、それに加えて最近は各種団体やモノも扱われるケースが多いです。

基本を膨らませていこうあなたの商品を購入するお客様をイメージしてみよう シンプルにまとめたビジネス構造をさらにシンプルかつ明瞭にするために、利害関係者を割り出しそれぞれの関係理由を定義することが有効です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。