刺繍工場のオンライン戦略

刺繍工場のオンライン戦略
長い歴史のなかで、それが各地の“地場産業”として定着してきたのだ。一つの産業が発展していく過程では、少数の親メーカーに対して、多数の中小零細業者が下請けとして協力関係を結んでいるために、同一エリア内に同業者が集まりやすい。これらの中小製造業者には地域的な共通点を持つことが多い。

国内で活動する製造業者数は個人事業、法人を含めて約85万社あるが、その中の65%以上は従業員20名未満の零細業者である。市内には多くの刺繍業者があり、アパレルメーカーからの大口受注を得てきた土地である。その中、下請け構造からの脱却をはかり、オンライン上での顧客獲得に活路を開いた業者がある。

群馬県桐生市も古くからの地場産業として繊維分野、その中でも特に“刺繍”が産業として栄えた地域である。ところが他の製造業と同様に、国内市場の不況や、中国を中心とする海外業者の台頭により、刺繍業界全体が大きな打撃を受けている。

従業員の高齢化、後継者難という問題もあり、廃業を考える業者も増えている状況だ。これら業者のほとんどは大手メーカーの下請け、孫請けとしての仕事を収益の柱にしている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。