田舎暮らし専門不動産市場

田舎暮らし専門不動産市場
企業の早期退職制度も手伝い、第二の人生を新天地にて、費用がかからない方法でゆったりと暮らすというのも新しいライフスタイルの一つになりつつあるのだ。例えば、50代後半で仕事の第一線を離れると都会で暮らす必然性も薄れることから、それまでの住宅を売却し、地方に広い庭付きの物件を購入してのんびり暮らすことを考える人は少なくない。

ITの進歩により“距離の差”が縮小して、地方でも東京と同じ仕事ができるようになったことから、田舎暮らしに関する市場もできつつあるのだ。また30〜40代の現役世代でも、家族の健康問題による理由や、新しいライフスタイルを追求したくて、自然に囲まれた田舎暮らしを決意する人もいる。

オンライン上で田舎暮らし情報を探す人々も少なくない。また、SOHO形態でできる仕事に携わる人なら、必要な時だけ東京へ出張して、残りの時間は、自然豊かな環境の中で仕事をすることに多少なりとも憧れを抱いているようだ。

昨今の環境問題や終身雇用制の崩壊といった社会的背景もあり、都会から地方の田舎に移り住むことを希望する人々が増えている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。