リサイクルトナーが有望と

リサイクルトナーが有望と
パソコン本体の普及は一段落したことから、オフィス向けハードウエアの売れ行きには陰りが見えはじめているが、その一方で、地味ながら手堅い成長を続けているのが、OA機器のサプライ用品分野である。そのため、メーカー純正の新品トナーではなく、割安なリサイクルトナーを利用する事業者も増えている。営業資料の作成から売上げ管理や請求書発行等の会計処理まで、パソコンの普及によって効率化されたオフィス内の実務は数え切れない。

いまではパソコンのないオフィス(事業所)というのはあまり見かけなくなった。その中でも、ほとんどのオフィスで導入されているレーザープリンターの交換用トナーカートリッジの分野では「リサイクルトナー」への需要が拡大している。最近では少数の資料作成なら、印刷業者に頼まず、自社内でプリンターから出力(印刷)するケースが増えてきているため、プリンター用トナーの消費量が各企業ともに高まっている。

サプライ用品は使い続けることで消耗していくために定期的に補充していく必要があり、継続的な注文が期待できるのが特徴。ところが、この交換用トナーは機種によっても異なるが1本あたり1〜4万円程度と高額だ。

「リサイクルトナー」が有望と注目されたのは、今から5、6年前と古いが、当時はリサイクル後の不良率が高いなど、品質への信頼性が低かったために、利用者は一部の層に限られていた。しかし現在ではリサイクル技術が向上して不良率が低下したために、一般の事業者ユーザーの中でも利用率が高まっている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。