古いビジネスを新しいシステムで

古いビジネスを新しいシステムで
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

今でも質屋に対して根強い需要があるのも事実だ。しかし高金利で融資をする消費者金融と、顧客が持ち込んだ品物を質草(担保)に低い金利でお金を貸す質屋では、本来の用途や客層は異なるものである。質屋であれば、借りたお金を返済しなくても質草があるために、取り立てにあうことはない。ならば質屋が全国的に減少している理由は何かといえば、この業界が近代化への努力を怠ってきたことによるものが大きい。

最近では質草を入れて「お金を借りる」のではなく、不要な品物を質屋に買い取ってもらう形で現金を調達する人が増えている。一方、新しい経営センスで若者層の利用を促している近代的な質屋であれば、今は順調に業績を伸ばすことができる時代である。昭和30年代には全国で2万店以上の質屋が存在していたが、現在では約4700店舗へと減少している。

ネットオークションは質屋にとって競合的な存在ともいえるが、中古品の価値を見極めることができるプロの鑑定眼を武器にすれば、ネット上における中古品取引の増加は、むしろ追い風になる。高額ブランド品の主な購入層となる若い女性達が“利用しにくい”という印象を抱くような昔ながらの質屋は、時代の流れに乗ることができずに閉店へと追いやられてしまう。減少の理由としては後継者不足もあるが、消費者金融業者の台頭が大きいと言われている。

質屋は庶民相手の金融業者として日本では700年以上の歴史がある。その先行事例として、今回は東京立川に店舗を構えるオンライン質店の革新的な販売戦略に迫ってみたい。たしかに無人契約機に行けばコンビニ感覚で現金を借りられる現代に、質屋には“時代遅れ”の印象がある。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。