SOHO起業に適したビジネステーマを

SOHO起業に適したビジネステーマを
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

どんな仕事でも経費や材料がかかるため、最終的に手元に残る実収入はそれよりも少ない。脱サラをしてSOHOとして個人事業をはじめた場合には、月間 100万円の売上達成が最初の目標とよく言われる。そこで多くのSOHOはホームページ制作やデータ入力などの仕事を請け負うことを考えるが、業者相手の下請け仕事は受注単価が安く、忙しく働く満足感は得られても一ヶ月間に稼げる金額の上限はあまり高くない。

(時間単価×労働時間数)で算出されるその上限が15万円の人もいれば30万円の人もいるが、いずれにしても下請け作業だけでは“儲かる”ところまで到達することはなかなかできない。。大切なことは「利益率の高い商売をする」という発想で、同じ売上高でも実収入の厚い商売を考えることがSOHOとして成功するための秘訣といえるだろう。

SOHO起業に適したビジネステーマの見つけ方個人事業者として起業する場合には、オンラインショップを立ち上げて商品を販売するという選択肢もあるが、これには商品仕入に関するノウハウや在庫資金が必要になる。その一例として今回は結婚するカップル向けの「ブライダル新聞」の制作事業を取り上げてみたい。

実家がもともと商店を経営していているよう場合を除いて、個人がゼロからメーカーや問屋と交渉して商品を仕入れることは意外と難しい。商品を仕入れたり、大きな設備投資をすることなく、手元にあるパソコン機器だけでもオリジナリティのある商品を生み出すことは可能だ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。