独立起業を実現させる

独立起業を実現させる
ビジネスの成功法則は、自分の頭で考えて儲かることを考えるのではなく、腹の底からたってみようと考えたことをやりぬくことでしょうね。ビジネスの成功法則の一例を紹介します。

100万円程度の資金があれば、光ファイバーを引き込んだ部屋の中で、複数のパソコンをネットワークで接続し、必要なビジネスソフトを一式買い揃え、デジカメやスキャナーやフルカラーのレーザープリンタを導入したとしてもまだ十分にお釣りか戻ってくる。ただし「どんなビジネスをするのか」よって起業後の収入は大きく左右される。

独立起業を実現させるには、以前なら最低でも1千万円程度の資金が必要と言われていたが、現在ではやる気とアイディアさえあれば、そんな大きなリスクを抱えることなく、年商数千万円規模のビジネスを展開することは十分に可能な時代だ。もちろん基本性能も飛躍的に向上していることは言うまでもない。

パソコンや関連周辺機器の価格は Windows95が発売された1995年当時と比較すると大幅に下落している。その恩恵を受けて、今ではほとんどのオフィスに大量の情報機器が導入されているが、SOHOオフィスとてその例外ではない。

ノートパソコンならば当時は 40万円近くしたものが現在では10万円前後で購入することが可能になった。これで起業するための環境は整う。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。