高い・安いは誰が決める

高い・安いは誰が決める
自分のやっていることがいくらになるかという自信が定価にかかわってきます。「この金額でお客様が来なかったらどうしよう」という不安や恐怖と戦い続けなければなりません。

定価をつくった人から「この定価で高くないですか」とよく聞かれます。この判断はできません。そのサービスを受けてみなければわかりません。Aさんが「安い」と感じるものと、Bさんが「高い」と感じるものの平均値はとれないからです。

「安い」と思ったお客様は次にきますが、「高い」と思ったお客様は来ません。両者はまったく別の存在です。

「いくらでもいいですよ」と言われると、お客様のほうが困ってしまいます。これは一見お客様本位の仕事をしているようですが、責任転嫁にすぎません。

小劇場でも時々、入場料が決まっていなくて、カンパという形でやるところがあります。こういうところは逆にお客様が入りません。

いくらカンパしていいかわからないから怖くて行けないのです。それよりは、入場料がきちんと決まっているほうが安心です。ホテルで「代金はお客様が決めてください」とやったところがあります。みんな失敗しました。

結局お客様の負担になるのです。「これではケチだと思われるのではないか」と思って払いすぎてしまいます。払いすぎてしまったことに対しての心理的なストレスや「多目に払わなくてはいけない」という負担がかかるために続かないのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。