お金に余裕のある人とは

お金に余裕のある人とは
お金に余裕のある人とは、お金をたくさん持っているということではありません。お金をたくさん持っていても余裕のない人はいます。

お金をたくさん持っていなくても、お金に対して全然クヨクヨせず、お金が商品券に見える人は、さわやかに現金をプレゼントできるのです。

そういう人は、引越し祝いや入学祝いや結婚祝いとかで、「いろいろ要るでしょう?」と言って、お金をあげられるのです。

お中元やお歳暮を贈るときも、だれが贈ったのかわからない商品券や現金をプレゼントできるようになれば、その人は大金持ちの発想に変わります。

小金持ちは絶対に商品券や現金をプレゼントしません。商品券や現金を贈ると、逆に相手に覚えてもらえません。本当はそこで覚えてもらわなくてもよいのです。

商品券はともかく、現金をさわやかに渡すには大変な力量が必要です。もらう側にも遠慮があります。相手に遠慮させずに渡すことは難しいです。渡す側にクヨクヨ感があると、それが現金に乗り移ってしまいます。

そうすると、もらう側が受け取りにくくなるのです。「この人ならご馳走になってもいいな」と思ってもらえるようなキャラクターになるようにします。

それは、お金のやりとりをしながら自分で身につけていくものなのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。