大金持ちの達人

大金持ちの達人
お中元やお歳暮でもらってうれしいもののアンケートをとると毎年欲しいもののトップは「商品券」でした。

ところが「商品券」は贈りたいものの1位には絶対きません。自分がもらってうれしいものをあげればいいのに、もらってうれしいものを贈りたいものとが食い違っているのです。

これは、プレゼントの原則として間違っています。商品券を贈れない人は、お金にクヨクヨしている人です。商品券を贈れる人は、お金に対して抵抗感のない人です。

商品券は、使ってしまったら誰からもらったものかわからなくなります。プレゼントを贈るときは、誰からもらったものかは関係なく贈ることが大事です。結婚式の引き出物にも商品券があればよいです。

引き出物にウエディングケーキ入刀の写真が入ったお皿をもらったら最悪です。プレゼントに名前や写真を入れるのは、自分が贈ったものだということを相手に覚えてほしいからです。

それは、お金の感覚がクヨクヨしている人です。お金にクヨクヨしていない人はお金をプレゼントします。商品券はお金のかわりになるものですから、それよりもっとうれしいのは現金です。現金を渡せるようになるためには、プレゼントをする側がお金に対して余裕がなければなりません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。