損得にこだわる人

損得にこだわる人
損得にこだわる人は、損が自分の中でショックとなって、大きなダメージを受けます。仲間と比べて、「あいつよりオレはなぜ給料が5000円少ないだろう」と考えはじめます。

5000円の差を大きく感じてしまうのです。本当は小さな差です。でも「なぜ少ないのだろう」ということが精神的なショックになります。それだけで人生が終わったような気になります。全人格を否定された気がするのです。

損には、こうした特徴があります。損は、自分が考えているほど大きくはないのです。記憶には、よかったことが残ります。10万円勝ったら、100万円勝ったような気持ちになれるのが一番いいです。

でも、事お金に関しては、損をしたことに対してだけショックが大きくなります。逃がした魚を大きく感じるのと同じです。

「あれはこのくらいあったかな。いや、もっとこのくらいはあったぞ」と、自慢話で楽しむならいいです。本気で思い込んでしまうと、悔しい気持ちばかりがふくらみます。

その人の中に、損をしたという貧乏根性が芽生えるのです。一番大切なのは、心安らかにいられることです。これが大金持ちの豊かさです。

「チキショウー、あそこで損した」と思ったら、心安らかにいられません。どんなにお金がたくさんあっても、心安らかでなければ、豊かではありません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。