損得を考えると、必ず落ち込む

損得を考えると、必ず落ち込む
「損得」という発想は、小金持ちの発想です。小金持ちの人は、損を最も嫌います。しかも、「自分はいつも損ばかりしている」と言います。

損は、不思議な感覚です。損と得があって、バランス感覚を覚えるのです。10万円儲けたのと1万円損したのとでは、結果は全然違います。1万円損したのと、1万円得したのとでは、額は同じでも、気持ちの振れは全然違います。

損したときのほうが、10倍大きく感じます。

1万円損した、1万円落としたというのはショックです。1万円落とすと、実際の損害額が1万円でも、ショックは10万円落とした時と同じくらい大きなものになります。

だから損をしたくないと思うのです。2度とお金を使いたくないという気持ちになります。10万円取り返さなければという気持ちになるのです。でも、この時点で冷静さを失っています。

取り返そうとして、冷静さを失うと、詐欺にかかります。ギャンブルでも失敗します。負けたのは1万円でも、10万円負けたような気になって、10万円取り返すために無謀なことを始めるのです。

通常の冷静な判断では、まったくしないようなことをやっていきます。これでは実力を発揮できません。1万円の損は1万円の損です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。