チャンスにつながるスタートライン

チャンスにつながるスタートラインとは
転職するなら、自分のやりたいことにかかわりのあるもの、自分の夢にかかわりのあるものに1%でもチャンスにつながるような仕事を選びます。

必ずしもうまくいくとは限りません。でも、一発当てることのできるチャンスです。「今、やっている仕事より給料が安いから」という考えは、チャンスをお金にかえています。

チャンスはないけど、お金が手に入る仕事はたくさんあります。そういう仕事を選んでいると、時間がなくなります。チャンスや時間を使って、お金を手に入れるのです。

現金をたくさん持っているのが、大金持ちではありません。現金をたくさん持っているのは、むしろ小金持ちです。大金持ちは、お金をどんどん手放してチャンスをつかんでいます。

この差は大きいです。お金持ちになったら、チャンスを手に入れようと思っている人は、永遠に切り替えられません。

お金が貯まれば貯まるほど、もっと増やそうという気持ちになります。これは怖いです。

チャンスが貯まると、チャンスをどんどん生かしていきたくまります。ところが、お金は貯まれば貯まるほど、このお金を減らさないようにしようと、もっと増やそうという気持ちになります。

スタートラインでは、お金もチャンスもありません。お金がない時は、チャンスで生きていくしかないのです。無名の若造に高い給料を出すところなどありません。安いところでも「どんな仕事でもいいからやらせてください」とチャンスをとることです。

ちょっと社会経験をして、そこそこの給料をもらい始めたころが一番危険です。そこそこの給料をもらい始めたころが、大きな境目になります。

もっと条件のいい仕事で、そこで給料を手に入れてもいいのです。高い給料の仕事をしてはいけないというのではありません。入ったお金を、次のチャンスの交換していくことです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。