お金を商品にしない

お金を商品にしない
ビジネスで成功しようと思っているのであれば、お金を商品にしないでください。
財テクでお金持ちになろうとする人は、お金を商品にする人です。お金は差別化できません。

お金は一見蓄積がきくようですが、蓄積はきかないのです。お金で差別化しようとする人は、商売をする時に価格破壊に巻き込まれます。どこまで値段を下げても、お金で差別化することはできません。

お金が商品にならないのは、差別化できないからです。AさんとBさんが持っている100円に差をつけることはできません。ところが、AさんとBさんのサービスや技術は差別化できます。世界中に自分しかできない専門的なサービスは存在します。

でも、世界中で自分しか持っていない100万円は存在しません。100万円持っていても、200万円持っている人が出てきたら、その時点で負けです。人間の魅力に関しても、お金では差別化できないと同じです。

お金持ちになったからといって、その人の人間的な魅力が出るわけではありません。魅力は差別化から生まれるものです。ビジネスの基本的な成功法則ですからぜひ覚えておいてください。

それが商品価値を持てるかどうかです。
「あの店は流行って儲かっているから、きっといいに違いない。それでお客様を呼べるだろう」と考えても、そうとは言い切れません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。